« 「トンイ」16回・父と子 | トップページ | 「Amourそれは…」は素的なショーでしたね! »

2012年3月 5日 (月)

「イ・サン」衝撃の処分は

今回の「イサン」衝撃の処分は…

事件から一夜明けた時のサンとグギョンの会話は、お互いを信ずる心と心の通じ合う姿が良いシーンでした!「私が今日まで堪えて来れたのは全てそなたが居てくれたから~」なんて何にも勝る嬉しいお言葉を頂いて、グギョンもさぞや嬉しかったであろう!このシーン…サンもグギョンも涙目で心にジーンと来ます!

グギョンの察した通りサンは処分に悩んで居て…でも「それがどんなに辛くても決して逃げない!」とか「罪を罪として罰っせねばこの国の朝廷と歴史は変えられぬ」と、世孫らしい強い言葉が聞けたのに…

王様は今回の事件の関係者を自ら厳重に処するとしていたが、サンに言われて罪人たちの処遇を任された…結果としてサンは、フギョムの手紙を観たチェ・ソクチュからの言葉を重大に受け止めたのかキム・ギジュ他一部を流刑にしただけで後は後日で処分せず…

それにしても牢に入れられてまでもフギョムやりおるな~!

確かにチェ・ソクチュの言うとおり英祖の名誉と宮中の安定の為にはそれも仕方がないのかと思いましたが、グギョンはまさかの処分結果に悔しくて居た溜まらず、サンの話しの途中で出て行ってしまった!

そりゃ~グギョンが怒るは当然ですよね!その気持をサンは良く判って居て、怒ろうとはせず辛そう!…あの場面はサンの苦悩が感じられますね!

チェ・ジェゴンだけは世孫の優しいお心持ちを尊敬されて居た様ですが…

さすがにヘビン様は違いましたね!今厳重に処分しなければ延々とサンの命は狙われる訳で、いくら王様想いのサンでも、孝や名誉等とは言っては居られないのでは?と思いましたわ!

そしてテスが怒ってやけ酒飲んで、カン・ソッキや、ソ・ジャンボの2人を手こずらせる場面も観ていて可笑しかった!

ソンヨンに対しては何時もうっとうしいヘビン様ではあるが、今回のヘビン様は直接王様に会って貞純王妃や重臣たちの厳しい処分を願い出るなど、やはり母親だな~と思いましたわ!

王様はヘビンに聞いて初めて知った様で、王様はサンに対して何故~と問いただしても世孫は、唯認知症の事は公開しないで欲しいと願うだけでしたが…

サンが自分の為に謀反に蓋をしようとして居たサンの気持ちを想い、王様は自分が事件の後始末をすると宣言し、貞純王妃を呼び出し…

王妃は「きっと王様は私を呼んでくれる~」とか言って、ウキウキと嬉しそうに出かけていきましたが、今回ばかりはそうは問屋が下ろしませんでしたね~!貞純王妃を観て居て可笑しかった!

最後に英祖がトスンジを呼び宣旨を書かせるシーン…貞純王妃を廃位にし、平民とする~の言葉にはサンや王妃をびっくりさせて居ましたが…

貞純王妃に対してサンは、今までとは違って結構きつい目で睨んでいたが、今後は王妃の事もサンに任されたので、分かりませんね~(-.-)

サンって何処まで人が良いのか?気持が優しすぎるのか?グギョンじゃないけど何を恐れて居るのか?ヘビン様じゃないけど今までの事を忘れたのか?と観て居てやきもきします。

« 「トンイ」16回・父と子 | トップページ | 「Amourそれは…」は素的なショーでしたね! »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

お~!kabukimonさんお忙しいのに深いコメントありがとうヽ(^o^)丿
チャングム観て居ないのでtomoさんに驚かれちゃったんですが女官から女医へ、そして恋あり、文化や風習を色々知れて面白いでしょうね!いつか観たいと思っています。

私もkabukimonさんと同じでチ・ジニさんには何も感じないのですが、唯NHKで放送して居るからビョンフン監督の韓国ドラマと言う事で観て居ます。

イサンは最初の頃は世孫様を教育するシーンが沢山あって面白かったのに、さすがに教育の場面は少なくなり、恋も進まずで…(-.-)
kabukimonさんはイ・ソジン氏にどっぷりで、青森まで行かれるなんて驚きでした!
でもイ・ソジン氏の東北を助けたいお気持を汲んで偉いな~と思いました!
これからも東北の応援をしながらサイトを盛り上げられるとブログもやってる意味がありますよね!私はもう高齢でそれが出来なく残念ですが(-.-)
頑張って下さいね(^.^)/~~~

いやいや~こんにちは~いのさん~お二人の凄いコメントの盛り上がりに、私はなかなか※が入れられませんでしたよ~(爆)
でも、私も面白いと思いますよ「チャングム」なかなかロマンスは進展しませんが、(イサンより遅い…)視聴者がチャングムの人生を一緒にたどる…感じになって、見始めると止まらなくなります。また、今でこそは韓流ドラマは当たり前ですが、放送当時は韓国の文化や風習を紹介する意味でも、ドラマの功績は大きかったと思います…、でも、なぜだかこの時、チジニssiには、何も感じなかったんですよねぇ~それが、「イサン」でイソジンssiにドップリっ…ですから、ねぇ~43話はドラマ的には大きな変化は無く、サンがまたしても我慢をする…という“モヤモヤ・イライラ”とする展開…今後の流れや、次のステップ(サンの即位)に向けての布石のような回でもありますから、正直“物足りない”感は否めません…でも、ホンちゃんの拗ね方や、サンと英祖の関係の愛情の深まりを感じさせてくれる、味のある展開で和みます…。
息も切らせぬようなジェットコースタードラマも良いですが、こんなまったりとして心にじんわりと来る回を作るのも、イビョンフン監督のスゴ技でしょうね~次回の、イサンは、久々にソンヨンとのツーショットもあるし、サンの睨み(イソジンssiの目線が萌え~)も素敵なので、お楽しみに~

tomoさんおはようございますヽ(^o^)丿
「チャングム」は有名ですが観て居ないんですよ!(-.-)

私は韓国ドラマを観始めたのがNHK放送の「イ・サン」の途中からでしたので、自分が観て居ない部分だけDVDを買って観たのですが、それから「茶母」を知り、WEBのショータイムからダウンロードして観たりしました。
と言う事で、ホジュンを知ってからまだ浅いのです。

でも観るのが無くなったら「チャングムの誓い」は是非観たいと思っています。
観るのが目の前にいっぱいですが、余り急がずに目に気を使いながら観たいと思っています。
私もビョンフン監督の人間形成に魅力を感じてすっかり嵌って居ます(*^_^*)
では又(^.^)/~~~

おはようございます。またまたしつこくお邪魔してすみません。いのさんが「チャングム」を観ておられないとは、tomoには驚きで~す。「チャングム」は「ホジュン」「イサン」と甲乙つけがたいおもしろいストーリーです。「トンイ」でスクチョン王を演っておられるチ・ジニさんがチャングムの恋のお相手としてでておられます。ビョンフン監督の作品は、人の一生を描いているのでトーゼン「恋」のお話もありですが、ただのメロ路線ではなく、テーマはあくまで「人間の生き様・在り方」。それはイサンのような権力者(政治家)であれ、ホジュンのような医師であれ、チャングムのような女官であれ、一貫してますよね。そこが素晴らしいと思います。ネタバレになってしまいますが、チャングムは女官から女医となるので、ホジュンとも重なるイメージがあります。いつかごらんになってみてくださいましね~~~。

tomoさん、前に書いたコメントはちょっと早すぎたようですね(*^_^*)
へぇ~!tomoさんBSはどこもアナログで全部観れたってすごいね!
その頃はイサンの方が面白かったのでトンイはどうでも良くなったのですね。
tomoさんも結構イ・ソジン氏に夢中なのね(*^_^*)

私はサンもホジュンももちろん好きですが、俳優さん個人に夢中と言うよりも、どちらかと言うとストーリーが面白いかどうかです。
その内イサンが終わったらトンイも総合で~と言う声が大きくなれば放送されるんじゃないかな~。
私は「ホジュン」を観て居ますが、是非NHK総合で放送して貰って、もっと多くの方に観て頂きたいです。
あれはNHKで放送されるだけの価値があると思います。
(^.^)/~~~

tomoさんこんにちわヽ(^o^)丿
私残念ながら「チャングムの~」は観て居ないのですが、ホジュンをもう一度観直したら「商道」を観たいと思っています。
ほんとにビョンフン監督も素晴らしいですが脚本も素晴らしいですね!
特にホジュンの脚本は、色々な病気に対しての薬剤が専門的だったり、ドジとホジュンを常に対比させてる所がストーリー的に面白くて、宮廷の医官になれてからも苛めに遭ったり…家族は可哀そうで、感動が沢山あって最後の最後まで面白かったです!
tomoさんはトンイは途中で観れなくなったそうで、残念ですね~!
それではイサンはどうして観れたか?ですって?だって「イサン」はNHKの総合で放送して居るからでしょう!(*^_^*)
良かったですね!イソジンさんは世孫の役が似合いますよね!でもいつも英祖やヘビン様を大事にし過ぎる余り、
自分はひどい目に遭う様な気がしてなりません(*^_^*)

つづき 私はBSで「イ・サン」その他をタダ観してたんで~す。それには訳がありまして、マンションがケーブルテレビと契約した時から(この地区は特別な事情があって)NHKBS、民放のBSもアナログで観ることができたのです。デジタルになって終了となりました。「トンイ」が「イ・サン」より面白かったらBS契約してたかも。その時はイ・ソジンさんに魅了されてしまっていたので。「トンイ」は総合でいつか観れるしー。NHKさん、イ・ソジン作品放映して~~~ぇ。BS契約するからぁ。

こんにちは。いのさんはイ・ビョンフン監督専門で観てらっしゃるのね。たしかに名作ばかり。私は最初「チャングム」を観てはじめて韓ドラの面白さを知り、「イサン」ではイ・ソジンさんに嵌るというアクシデントがあり、現在は「ホジュン」も観ているし、ビョンフン監督は素晴らしい方ですね。「商道」「ソドンヨ」もいつかどこかで放映してくれるのを待ってるんです。残念ながら「トンイ」は途中でBSアナログ放送が終わってしまい、観ることができません。新しいイ・ソジン出演作品が放映されれば、こんどは正式にBS契約しようと思っています。と、ここまで読まれたいのさんは「じゃぁ、tomoさんはなんでBSで「イサン」を観ることができたの?と不思議に思われるでしょ?つづく

tomoさんおはようございます。
私は横浜ですが、千葉テレビですか~?
「ホジュン」は最近知ったばかりなので全然知らなかったです~。
韓ドラと言っても私はイ・ビョンフン監督のしか観て居なく、今の所タモ・イサン・トンイ・ホジュンを観ました。
あっごめん!タモは違いましたね~。
どれも感動が沢山ありストーリーに
のめり込んで行きましたが、特に「ホジュン」は昔の医療や身分を乗り越え宮廷医官にまで上り詰めて行く過程が面白く現実味を感じて興味津々で観れました。
一気に観たので余計面白かったのかしら…
余り急いで観てしまったので、今又初めからゆっくりと
観直して居ます(*^_^*)

こんばんは。いのさんはkabukimonさんと同じで、
宝塚本場関西地方に住んでらっしゃるのかしら。
こちら関東圏の地方局では(もちろん中央の民放でも)韓ドラ花盛りでして。
「ホジュン」の放映をしている千葉テレビが、
たぶんイ・ビョンフン監督はじめ出演者ファミリーを呼んでファンミを企画したのだと思います。
ファンミがあるくらいだから日本でも「ホジュン」ファン多いと思いますよ。
去年の秋頃だったか、「ホジュン」を視聴する度にファンミの広報が流れていました。
でも韓ドラがすべて面白いわけではありませんよね。
つまんないのも多いし。それは日本と変わりませんね。

tomoさんkabukimonさんの所のコメント読ませて頂きました。
あちらに返信しないでごめんなさいねo(_ _)oペコッ

現在は地方局の週一放映で観て居られるとか…そんなのがあるんですか?

ポドチョンの従事指揮官のペ・チョンスはキムギジュ様とは随分姿が違いましたね!(*^_^*)
優しそうに見えたのですか?キムギジュよりは良いですね(*^_^*)

ペ・チョンス従事指揮官は過去の密輸事件については、疫病の発生で身を粉にして働くホジュンを見て罪を見逃しても良いと考え始めていたようですが、
朝廷の医官たちにまでホジュンが密輸をしていたと言う噂が広まってしまい、もう自分の力でもみ消す事が出来なく~結局ホジュンは牢へ入れられてしまうんですね!

でも結局コンビンママの病が治らずホジュンは王様に呼ばれ赦免されます。
いくらドジが居てもやっぱりホジュンが居なければだめだったのでしょう。
すごいですね~ホジュン!やっと家族も報われますね(*^_^*)

BS朝日の「ホジュン」サイトのストーリー52話に掲載されて居ます。

http://www.bs-asahi.co.jp/hojun/

tomoさんようこそいらっしゃいました o(_ _)oペコッ
tomoさんのお名前はkabukimonさんの所で
良くお見かけして居ます。
こちらにまで来て頂けて嬉しいですヽ(^o^)丿

カテゴリは沢山ありますが、
一番下にある韓国ドラマをクリックして頂ければ
「トンイ」や「イ・サン」「ホジュン」等が
続けて読めると思いますのでどうぞよろしくね!
又お喋り出来ると嬉しいな~!
コメントありがとね(^.^)/~~~

おはようございます。「イサンタモ」で「ホジュン」のお話しをしていたtomoでございます。kabukimonさんに、いのさんが自分のブログを持ってらっしゃることを教えていただきまして、とりあえずご挨拶にうかがいました。カテゴリいっぱいで私には手に負えな~~~いという状態ですが、今からゆっくり読ませていただきますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「イ・サン」衝撃の処分は:

« 「トンイ」16回・父と子 | トップページ | 「Amourそれは…」は素的なショーでしたね! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ