« 月組「エドワード8世」初日を観て来ました。 | トップページ | 「トンイ」49話・王妃の願い »

2012年3月25日 (日)

「ホジュン」ユ医院を追われて

前回からの続きが早く観たいと思っていた「ホジュン」をやっと見る事が出来ました。

医院に成る事を諦め、酒におぼれるホジュンだったが、このままでは終われないと、鉄鋼山で石運びをして働いて居た時、落盤事故に遭い、いつの間にか傷ついた仲間の手当てをするホジュン…自分は病に苦しむ人に寄りそい治療するしかないと初めて気が付くホジュン。

恥を偲んで再びユウィテに許しを乞いに行くが、どんなに乞うても許されなかった…この時のホジュンは…自分は誠心誠意師の教えを守ろうと自分の全てを捧げてきたのに~、あの推薦状だって、何も不正に医員にして貰おうとした訳ではないのに~推薦状をもらっただけで追い出すとは~あんまりだと…次第に怒り心頭…ユウィテが自分を捨てるのなら自分もまたユウィテを捨てようと決心するのです…何時もは殆んど怒りを見せないホジュンが珍しく怒るシーン…気持が伝わって来るシーンでした。

その一部始終を観て居たイェジンは他に方法が無い事を告げ、三寂大師の元へ行くしかないと説得し、ホジュンもイェジンの優しい言葉に従う…イェジンはいつもどうにもならない時に助けてくれますね~!

ホジュンがサムジョク大師の元へ行ってしまった後の寂しさからイェジンは寝込んでしまって…寝ずに看病するドジ…しかし断わり切れない往診の使いが来て、仕方無く出かけるドジ…でも往診が済んで帰るとイェジンは居なく…イェジンは義母から嫌味たらだら言われてユ医院を出てホジュンの居る三寂寺へ行ってしまうのですヽ(^o^)丿

三寂寺ではんせん病患者と共に生活をする中で…宮廷の内医院だったサムジョク大師の壮絶な過去を知ることになるが…サムジョクは息子の代わりに育てた同じ年頃のサンファが、10年経った今も両親を奪われた恨みを抱いている事を知ったり、心骨を注いで育てた愛も偽りの愛と言われたり…しかしサムジョクははんせん病の確かな治療薬を見つけたくて、自ら身を投げ出して薬の効果を試したことで、一時は意識を失うが、ホジュンの熱い看病により、意識を取り戻し、反抗して居たサンファの心から恨みを消す事が出来た…横たわるサムジョクの胸に顔をうずめて哀しむサンファにも感動で涙を流してしまったが意識の戻ったサムジョクに許しを乞い、手を取り合い、心が通じ合う瞬間は心から泣けるシーンでした。

町で科拳が開かれると言う噂を聞いたサムジョクは3年もの長きに渡りはんせん病患者に手を貸してくれたホジュンを労いながらホジュンにもう充分に実力が備わったから、科拳を受けに行くよう告げ、ホジュンもこれに従います…家に帰ってこの事を話すホジュンに、この時の為にと溜めて置いた旅費を差し出すダヒ…(>_<)何と言う奥さんでしょう!

科拳に向かう事となったホジュンは、決して医員に成る事を諦めないとダヒと抱き合い誓うシーンは、家族の為に何もしてやれない申し訳なさや辛さが伝わってきて又又泣けてしまいます。

しかし科拳に向かうこれからはすご~くイライラさせられます!

ホジュンが旅先で見るに見かねて偶々治してやった噂が広がり押し寄せる患者を見捨てる事が出来ずに、あと半日とか後一時間とか、その上3日間も寝ていなくて、何と言う人の良さ!と驚きますが、最後には近道を教えてくれると言って付いて行った場所が何と自分の親を治して貰いたい為の嘘だったとは~!(゚ロ゚;)ガーン!

もう今出発しないと科拳は受けられないと言う所まで追い詰められて…ホジュンの心の葛藤が見えるシーンで終わりましたが、予告ではカッコ良く馬に乗るホジュン?さてさてまた大変な事が起るんですね~!

宝塚を観たり、ホジュンのDVDを観たり、写真を撮りに行ったり最近忙しすぎ!(>_<)

« 月組「エドワード8世」初日を観て来ました。 | トップページ | 「トンイ」49話・王妃の願い »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

何をおっしゃいますか~tomoさん!
東医宝鑑」についてはホジュンのテレビ放送で韓国の人はほとんどが知っているそうですが日本ではほとんど知られて居ないそうですから…tomoさんが知らなくても一向に恥ずかしくは無いと思いますよ!
こうしてお喋り出来、情報を見て少しは昔の朝鮮の医書の事が分かるだけでも面白いと思います。
では又ね(^.^)/~~~

tomoさんコメントo(*^▽^*)o~♪ありがとう!!
ケベクもDVD買われるの?すごいですね~正に韓国ドラマ三昧ってところですね!
ホジュン楽しまれたようで良かったわヽ(^o^)丿

>この時代そんなに王権が弱かったのかしらね。
この若い王様はすごくホジュンを高く買ってはいた様ですが、まだ王に就任したばかりで、内医官達の反対を押し切ってホジュンを庇う事が出来なかったようですね!

>ダヒさん、自分が捕らえられて辛い目にあっているにもかかわらず、

ダヒって本当に神様の様な方ですね!苦労する為にホジュンと一緒に成った様で…ホジュンはダヒやイェジンに守られて最高医官に登りつめられたと言っても過言ではないでしょうね!

東洋の3大医書と言うのは、中国・朝鮮・日本の医鑑と言う事ではないでしょうか?
日本では朝鮮より50年も遅れて「東医宝鑑」が入ってきたそうで8代将軍吉宗によって「訂正 東医宝鑑」は発刊されたそうです。
ホジュンが働いて居た無料の診療所「恵民署」を日本で真似したものが小石川養生所(良く時代劇に出てきます)ではないかと言われているそうです。

いのさん、ごめんなさい。
「解体新書」は新井白石ではなく、
杉田玄白でした。
これでますます私のアホさを露呈してしまいましたぁ。
いのさんのブログだけでなく、
kabukimonさんちその他でもバカはすでに有名になってるかもです。こんな調子ではすこし謹慎しなくてはいけないですね。

こんにちは。「ケベク」民放BSで始まっても私は観ることできないんで~す。でも、DVDを予約してるので、5月初め頃には「ケベク」三昧となっていることでしょう。あと、一ヶ月ちょっとの我慢です。
昨夜の「ホジュン」、またまた内容盛り沢山で覚えきれてないです。前回ドジのところへ告げ口にやって来た医師を追い返したのはドジの良心からではなく、自分の母親を見捨てた恨みだったようで。
今回また同じ男になにやら話しかけられて怒っていましたが、それは自分の本音を悟られまいとしていたからというわけですね。このドジに告げ口しにきた元手下みたいな医師、「イサン」でもこの後悪役で登場してきますのでお楽しみに~~~(笑)。
ホジュンの運命が二転三転する今回、王が釈放を命じ一安心かと思いきや、大臣たちの反対に王は屈して流罪に決定、またまた「ホジュンを呼べ」の王命でようやく・・・それにしてもこの時代そんなに王権が弱かったのかしらね。
へミンソの仲間医師たちはみなホジュンの理解者なので心強い味方もいて嬉しい場面もありでした。キム・ギジュ、ダヒさんに会わせてやるなんて心憎い温情演出。悪役イメージだけでみててゴメンネ。
ダヒさん、自分が捕らえられて辛い目にあっているにもかかわらず、夫への純粋な愛情と尊崇の念を涙ながらに語る場面、夫婦の理想像を描いているので私は反省しなければならない立場だわ。しかし、時既に遅し。夫はあの世の人となっております。
ところで、東洋の三大医書、「東医宝鑑」のほか、あとの二つはなんでしょう。新井白石の「解体新書」は入ってないですよね。でも新井白石が「東医宝鑑」で勉学した可能性ありかも。チャングムはトーゼン「東医宝鑑」丸暗記だったでしょうねぇ。

tomoさん色々ありがとう!
買って見るドラマですね!判ります…私も一度タモはShowTimeで購入して見ました。でもその後DVDを買ってしまいましたけど(*^_^*)
でもせっかく買ったのに余り観ないで(-.-)

tomoさんはGyaOで購入されるてるのですね。
GyaOって初めて知りましたので後で検索して見よっと。
私も昨日初めて知ったのですがBSフジで4月から「ケベク」が始るそうです。私は韓国ドラマは結構ビョンフン監督の作品が好きなので次々と観て居ますが、宝塚もあるのでどうしようか迷って居ます。
tomoさん色々ありがとうね(^.^)/~~~

ケベクは↓
http://www.bsfuji.tv/gyebaek/


「ソドンヨ」も「商道」もテレビ局で放映されているわけではありません。テレビドラマを有料で買って観ることができるサイトがいくつかありますよね。GyaOもその1つ。有料で観る前に、1話を無料試聴させてくれるサイトがほとんどです。
ですから「ソドンヨ」の1話を無料で観たわけです。続きが観たければ1話分につき200円から300円を払うことになります。
BSで放送されるとしても私には観ることができないのです。いつか「ホジュン」のように民放で放映されることになるでしようが、それはずーっと先のことになるでしょうね。

tomoさんコメント有難うねヽ(^o^)丿
仰る通り、ユ・ウィテはホジュンを破門にはして居たけれど陰であの様に弟子の許しを懇願して、やっぱり心の中ではホジュンを一番信じて居た事を感じさせてくれて嬉しい場面でしたね!

すごいな~!tomoさん観るのがないって、「ソドンヨ」を観られたとか、私もここへ来てBS8で色々放送して居た事を今になって初めて知りました…残念ながら遅かりし~でしたが、今度は「商道」?ってBS8ではもう終わってしまって居ますが、何処かで放送してるの?色々知って居られるようで、何か情報がありましたらよろしくねヽ(^o^)丿

では明日は「ホジュン」頑張って観てね(^.^)/~~~

おはようございます。「運命の人」が終わってしまい、テレビでの楽しみは「ホジュン」だけになってしまいましたぁ。
今回紹介していただいたストーリー、私は確かにテレビで観ていたことを思い出しました。民法BSアナログではありとあらゆる韓ドラを放映していましたので、偶然「ホジュン」のこのあたりから、ユーチューブではなく、テレビで観ていた可能性大です。でなくては、とぎれとぎれのユーチューブではこれほど鮮明に記憶が残らないですもんね。もちろん見逃した回も多かったはずですが。
鉱山に出向く前、生活のために、あやしい医師と組んでお金を得ようとして失敗し、捕まって役所に連れて行かれ・・・そこへたまたまなにかの用事で知り合いの役人を訪ねてユ・ウィテがやって来ます。ホジュンが捕まり罰を与えられるることをかげで知ったユ・ウィテは、その役人に頼みます。「あの男はいづれ役に立つものになるから、寛大に処してやってくれ」みたいなことを言いますね。さすがユ・ウィテ、破門にしてはいるもののホジュンの才能を高く買っているからこそ、厳しく接していたわけで、いつかは大成する人物と信じて見守って、という師弟愛を感じさせるシーンでした。
私がこんなにはっきりストーリーを覚えているのは、やっぱりテレビで観たからでしょう。ホジュン最終回もはっきり覚えているので、やっぱりすべてではありませんが、どっかのテレビ局で観ていたのだと思います。
そして、明日はその楽しみにしている「ホジュン」放映日。もう見張ってろとはお願いしませんのでご安心ください(笑)。
そうそう、昨夜テレビで観たい番組がないので「ソドンヨ」1話を無料で視聴してみました。2話以降は有料となるのでどうしようか迷っているところです。イ・ソジンさん以上にイイ男が出てな~~~い。思悼世子役の人がいましたが、イ・ソジン依存症の私には「トンイ」と同じで「ソドンヨ」も物足りない印象です。こんどは「商道」を試してみようかしら。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ホジュン」ユ医院を追われて:

« 月組「エドワード8世」初日を観て来ました。 | トップページ | 「トンイ」49話・王妃の願い »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ