« 「トンイ」53回憎しみの炎 | トップページ | 「ホジュン」第34話 出世街道 »

2012年4月30日 (月)

「イサン」49回 新たなる敵

今回の「イサン」は…結束してサンの策に従わないノロン派…それに対しても恐れず次々と強気で対抗策で立ち向かうサンにやる気や男らしさを感じましたね!

逆にチェソクチュは過ってノロン派の長として権勢をふるって居たチャン・テウを迎い居れ、儒学生に科挙を受けさせないようにしたりして~何と卑怯な手を使うな~と思いました。

しかしサンの強硬姿勢も現実はそう簡単では無く、現に恵民署では疫病患者が増えて来ていて、サンは愕然とした様で、簡単には収まりそうもなくて視聴者としては悔しい気持ちにさせられました!

一方今回のソジンさんファンには見どころだったであろうソンヨンとのシーンは…ソンヨンは政務室にまで入れてもらって…

その上、ヒョイ王妃からは「王様の孤独を支えてやって欲しい」とまで言われて、夢の夢と思って居たソンヨンだって、そりゃ「許されるならば~」と言う気持ちにも成りますわね~!

そんなソンヨンを待ち続けるテスは、可愛そうだがドラマの運命だからな~(>_<)でも、余りにも設定が可愛そすぎる(>_<)

今回のヒョイ王妃やヘギョングンの出方を見ていると今後は側室問題もかなり進むのかな?と思いましたが、ホングギョンの妹を押すヘギョングンとヒョイ王妃…どうなるのか次回が楽しみです!

« 「トンイ」53回憎しみの炎 | トップページ | 「ホジュン」第34話 出世街道 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

kabukimonさんこちらにまでありがとうヽ(^o^)丿
実は今日サイトに伺ったのですがコメントが出来なくて…(-.-)

今日は実は「イサン」の記事が長すぎるので後で編集しようと思って居た所なんですが…。

ミンジュシクと言う人は殆どのドラマ(時代劇でも現代劇でも)で、主人公を困らせる役なのですか?
今の所「イサン」ではミンジュシク?はどっちなんだろうと思って居ましたが、ホジュンではドジの手下で嫌な男ですよ~!
それにしてもチャンテウなんて登場させて卑怯じゃないの~とサンの肩を持って見たり(*^_^*)

サンとチャンテウの火花散るシーンね~…でもサンは偉いですね!自分の思った政治に果敢に取り組んで、そっちの方には積極的なのに、女性に関しては億手で困ったもんです(*^_^*)

でも今後は少しは進展して行くだろうと楽しみにして居ます!
コメントありがとうね~(^.^)/~~~

こんにちは、いのさん!tomoさん!まずは“絵文字”の件ですが、ネットの環境も左右します…PCの機能(容量)よりも、「ADSL」か「光」か?で大きく変わってきます…色つきの方が色無しよりも動作に時間がかかるので「光」でないネット環境だと、旨く記事に反映をしないようです~
今回の49話は、後半の宿敵「チャンテウ」が登場をしてきますが、お二人の※で、「チャンテウ」の配下、「ミンジュシク」の話題が出て来たので…この方は殆どのドラマ(時代劇でも現代劇でも)で、主人公を困らせる役が多い方です~御存知の「茶母」では、最後に「チェオク」を拉致して、「ユン」が丸腰で浜辺にやって来るように仕向けたり…「ダルピョン」という役名でしたが…『ホジュン』にも出演をされているのですか~、最後には彼も「チャンテウ」と…おっとと、これ以上はお楽しみが減りますね…次回の50話では、「チャンテウ」と「サン」の“物静かだが火花散る”対峙場面がお勧めですっ

tomoさんこんにちわヽ(^o^)丿
顔文字使えて良かったですね!
実は変な教え方をしてしまったのであとで書こうと思って居た所です。

サンとソンヨンのロマンスは、相手が王様だから今のところは話す事も余り無いだろうし、ニコニコしているだけでお見合いの様でしたね!
私もイ・ソジン氏の現代劇ドラマには余り興味は無く「火の鳥」も最初1~2回観ただけで止めてしまいました。

私的にイ・ソジン氏が素的なのは王様役が似合ってぴったりだからかな~と思います。
被り物をしているユンとかサンが良いです(*^_^*)…要するに時代劇のスタイルの方が素敵です!

確かにテスは可愛そうだけれど…少しテスの描き方が弱虫に描かれ過ぎては居ませんか?
テスは最後に見せ場があるとか~楽しみにして居ますわヽ(^o^)丿

ドジの手下の人ね~「イサン」では今のところはまだ解りませんが悪役とか…腹立つほど?
いやですね~!じゃどちらも余り良い役じゃ無いわね。(*^_^*)

しかし「ホジュン」に出ている人たちがあちこちのドラマで活躍されて居てびっくりします…お蔭で大変興味深く観れますけど…(^-^)

カラーの絵文字は文字で表示されて良いのですよ!それを送信すれば絵文字に成りますので、やってみてね。
私は絵文字は顔の表情が少ないので今のところは顔文字を使っています。

あらあらレスが長くなってしまいましたわ。それでは又ね(^.^)/~~~

こんにちは~~~(o^-^o)
はじめて絵文字使ってみました。教えてくださってありがとう。
今回の「イサン」前半見逃して後半だけ観ることができました。サンとソンヨンのロマンス苦手な私、テスとかヒョイ王妃様の悲哀のほうを強く感じてしまうのよ~~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
もともと恋愛ドラマに関心なくて・・・。イ・ソジン作品の「火の鳥」は恋愛ドラマの見本みたいな内容で一回観たきり。でもイ・ソジンさんは超カッコイイエリート役で、演技もまずまず。その点では満足してますよ。
それにしてもテスはかわいそ過ぎるわ\(*`∧´)/そのかわり、最終回ではイ・ビョンフン監督のメッセージを熱く語る台詞場面(ネタバレごめんなさい)があり、テスの最高の見せ場だから、まぁ、テスにとってはいまのところひどい展開になってるけど、いい役どころだからビョンフン監督を許してあげますわよ。
そして、「ホジュン」に出演してドジの手下医師役の人、チャン・テウの手下役で初お目見え。この後の悪役ぶりにも腹たちますよー。
カラーの絵文字も使いたかったのですが、どういうわけか、文字の表示になってしまいます(;д;)私のパソコンの設定が原因でしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「イサン」49回 新たなる敵:

« 「トンイ」53回憎しみの炎 | トップページ | 「ホジュン」第34話 出世街道 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ