« 「ホジュン」第34話 出世街道 | トップページ | 「ホジュン」36話 当帰紛失事件 »

2012年5月 6日 (日)

「ホジュン」35話 恵民署勤務

第35話 恵民署勤務…あらすじ

密通の罪で捕まった両班夫人に死刑が下されたが、彼女の世話を命じられたイェジンは夫人が妊娠している事実を捕盗庁の従事官イ・ジョンミョンに告げる。
驚いた従事官は事実を確認するため内医院の医官を呼ぶと、なんとホ・ジュンが派遣されてきた。病身のユ・ウィテを残し、一通の手紙を残して山陰を去ったイェジンとこんなかたちで再会できるとは思ってもおらず…懐かしさに胸がいっぱいになるが、医女のつらさを思うと、喜びよりも心配が先に立った。
やがて新人医生の配属が発表される日がやって来た…ホ・ジュンの配属をどうするかで上官たちの意見が衝突し、発表が延期されていたが、結局、ホ・ジュンを目の敵にするキム判官たちの意見が通り、ホ・ジュンは恵民署に配属される。

これも修行の一つと受け入れるホ・ジュンだったが、同じ新人医生のチャン・ハクトはどうしても我慢できない。ホ・ジュンを目の敵にするキム判官の謀略だと御医に直談判に行き、最初はあり得ないと一蹴する御医だったが、自分のクビをかけて訴えるチャンの気迫に動かされ、ついに調査に乗り出す。

感想

ポドチョンで密通の事件でぱったり出会えたイェジンとホジュンがその後、湯薬房でオグンの計らいで合えたシーンは、本当に良く会えたな~と、オグン、偶には良い事やってくれるるじゃないの~と思いました!

唯会えただけでも嬉しかったでしょうけど、ホジュンは先生の遺志で、先生が永遠に生きる道を選んだ事(割腹し、内臓を絵に描き医書として残す)など伝えますが、癌に侵された先生を必ずお助けすると約束したのに守れ無かった事をわびる姿は、申し訳なさを感じるとともに、どうしても伝えたかったホジュンの気持ちや、先生を失ったイェジンの辛さ悲しさが伝わって来て、胸に詰まるシーンでした。


そして今回は科挙で合格した医官の配属が決定する日でしたが、常にホジュンを良く思わないキム半官の意見が通り、結局最悪と言われている恵民署に配属が決まって…それでもキム奉事の下で足りない医術を学ばせて頂くと言い、正義感の強いマンギョンと一緒に働ける事に喜びを感じているようでした。

« 「ホジュン」第34話 出世街道 | トップページ | 「ホジュン」36話 当帰紛失事件 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ホジュン」35話 恵民署勤務:

« 「ホジュン」第34話 出世街道 | トップページ | 「ホジュン」36話 当帰紛失事件 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ