« 「ホジュン」35話 恵民署勤務 | トップページ | 「ホジュン」37話 扁額暗唱の罰 »

2012年5月 6日 (日)

「ホジュン」36話 当帰紛失事件

第36話 当帰紛失事件 あらすじ

恵民署の薬材倉から当帰が5斤紛失し、薬材倉の管理を任されていたイェジンとチェソンに嫌疑がかけられた。
新しく恵民署の責任者として赴任したキム判官は、恵民署の綱紀を正すため見せしめとしてイェジンたちを捕盗庁に引き渡す。たかが当帰のために捕盗庁に引き渡すとはあまりに行き過ぎた処置だが、どうすることもできない。できるのは、真犯人を見つけてイェジンたちの嫌疑を晴らすことだけだ。薬材倉から薬材を持ち出して金に換えるのは以前から医官たちがやっていたこと。しかし、今回の事件で気になるのは、当帰という安い薬材が狙われたこと。金目当てなら、当然高い薬材を狙うはずだからだ。そんな時、当帰には肌をすべすべにする効果があり、漢陽のキーセンたちはみんな当帰を使っているという話を耳にする――。

感想

成績が一番だったホジュンが恵民署の勤務になった事に納得がいかない新人医官は、キム半官が宮廷の薬剤を使って上納している事・それに従わなかったホジュンに恨みを抱いている事などを御医に命を掛けて告発する…友達を思う仲間に恵まれて良かった!

その結果キム半官達は怒られ、恵民署に左遷されて来ると言う、ホジュン達にとっては嫌な結果に…
ホジュンは薬剤庫から当帰が5斤紛失し、イェジン達医女が犯人にされ牢に入れられた事を知り、陰でこっそり犯人捜しをし彼女達を救うのです…オグンと妓楼にまで行き、直接キーセンから聞き取り犯人が恵民署の医官と付きとめ白状させて…これもイェジンを心から愛して居たからでしょうけど、さすがです!

又、順番を待つ番号札を渡すのに礼金を取ったりしている者が居ると言う…この事を知ったホジュンは、貧乏人の為の恵民署なのに~と激怒し、あの正義感の強いマンギョンでさえ出来なかった悪しき慣例をも改革していくのです…

出来るわけがないとへヘラ笑う門番の下吏達でしたが、ホジュンは自ら番号札を渡し、それをやり遂げます…さすが正義感の強いホジュンと思いました。

恵民署で医女として働くイェジンを見つけたドジが、何としてもイェジンを辛い恵民署務めから辞めさせたくて、産室庁で働けるよう話を付けたり、嫁が居るのにイェジンを家へ連れて来るからと母親の承諾を取ったり、あらゆる手を尽くしますが、イェジンからは良い返事が得られなく…ドジ哀れ!

恵民署で働いて居ればイェジンは、ホジュンの姿が見れるだけで幸せだったのだろうと思いました。

しかし恵民署で中々順番が回って来ない患者達はホジュンが恵民署を出る後を付け、家まで押し掛け、病を治してくれと頼み込み、ホジュンを説得する行動に出てびっくりです!

ホジュンは医官の個人診療は出来ないと断るが、ダヒ(奥さん)に報酬を受け取らなければ~と言われ治療を初めてしまいます…この事がいつの間にか御医に知れて、次回は大変な事に成るのです。

« 「ホジュン」35話 恵民署勤務 | トップページ | 「ホジュン」37話 扁額暗唱の罰 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ホジュン」36話 当帰紛失事件:

« 「ホジュン」35話 恵民署勤務 | トップページ | 「ホジュン」37話 扁額暗唱の罰 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ