« 帝国劇場の「エリザベート」を観て来ました | トップページ | 「ホジュン」39話 疑惑 »

2012年5月23日 (水)

花組「長い春の果てに」を観て

19日、神奈川県民ホールで花組「長い春の果てに」を観て来ました。 

この作品は昔、紫吹さんと映美くららちゃんで強い印象が残っているだけに、どうかな~と思っていましたが、主演の二人が役にぴったりで新しいステファンとエバァが強く印象に残る舞台となりました。

まゆさんは白衣もめがねも良く似合ってビジュアルはぴったり!

遊び人だったステファンがエバァの出現により、彼女の病気を治そうと立ち直って行く姿が真面目なまゆさんらしくて素的な舞台でした!

蘭ちゃんもまだ大人に届かないおませな女の子エバァがぴったりで、身勝手で、我がままエバァが可愛かった!

壮さんのクロードはお金に執着する人間の嫌な部分を見せながら暗い人生を歩んで居る姿を上手く演じて良かった!
最後の「お前を友達と思っても良いかい」のセリフはわたるさんとは違ったけれど、言いにくそうに軽く言う気持ちも納得できました。

昔、麻酔医・今は美容外科医院を営むアルノー役のまぁくんは、後半ではステファンを助け誠実味を感じた。

だいもんくんは…ステファンの親友役だったが、ちょっと軽い役が似合って良かった!

一花ちゃんが精神科医で、ステファンの元恋人役を、さらりとやられていてさすが好印象でした!

ショー「カノン」では、まゆさんが白や赤や黒のビジュアルで沢山のダンスが観れて最高でした!

壮さんや、まぁくん、だいもんくん等がそれぞれ中心になってのシーンもあり、活躍が観れました。



だいもんくんはさらにフィナーレでエトワールまでされて、ダンスシーンもまゆさん・壮さんと一緒に随分と活躍されているように感じました。

壮さんと踊られた仙奈彩世さん、品もあり憂いがあり美しい!将来に期待したい!

ご挨拶ではこの舞台を最後に組替えとなるまぁくんが紹介されたり、ご当地出身者が紹介されて居ましたが、だいもんくんはここでも横浜出身で名前が呼ばれて(*^_^*)だいもん売り出しの巻きの全ツだったようです。

ストーリーは、命の尊さや友情を感じる作品で、白衣のダンスや夢のシーン等もあり、面白かった!
そして何と言っても全ツは客席降りが沢山あり楽しかったです!



« 帝国劇場の「エリザベート」を観て来ました | トップページ | 「ホジュン」39話 疑惑 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花組「長い春の果てに」を観て:

« 帝国劇場の「エリザベート」を観て来ました | トップページ | 「ホジュン」39話 疑惑 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ