« 「トンイ」59回 | トップページ | 野田さんよくぞ言ってくれました! »

2012年6月12日 (火)

2008年の「舞姫」を観ました。

昨夜テレビを点けたら「舞姫」を放送中で、もう何度も観て居る作品でしたが、又々観入ってしまいました。

 

今さらですが、森鷗外の「舞姫」をミュージカル化したこの舞台は、愛する女性と祖国との板ばさみの中、悲劇へと向かっていく主人公の心の葛藤が細やかな演出で描かれ、出演者の誰もが役に成りきり切なく悲しい舞台で、私の中では今でも心に残る作品です。

 

愛音さん演じる大田豊太郎の真面目さ・責任感の強さが、エリスとの恋を断ち切れず自分を苦しめる姿が光っていましたね!

 

さすが原作がしっかりした作品で、植田景子先生の脚本・演出も素ばらしく~見応えがありますね!

 

以前観た時の感想も載せてありますので、よろしければご覧ください…こちら

« 「トンイ」59回 | トップページ | 野田さんよくぞ言ってくれました! »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008年の「舞姫」を観ました。:

« 「トンイ」59回 | トップページ | 野田さんよくぞ言ってくれました! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ