« NHKを観て居たら | トップページ | 「ホジュン」58話 »

2012年6月23日 (土)

「ホジュン」57話

57話 都を捨てる

家族に連絡を取りに行ったホジュンが定刻までに戻って来ない事で随行を放棄下と思われるホジュン。

ついに倭軍が漢陽まで到達…この回のホジュンは、命を掛けて一部の医書は守れたが、家族との連絡が出来なかったり、王様の随行に遅れ参加出来なかったり、ホジュンやマンギョン達にとっては大変な回だったようです。

ホジュンは家族を避難させようと自宅へ向かう途中、民衆に襲われたり、恵民署が火事だったり大変な目に遭い、結局家族と会えなく王様の一行を追う事になるのですが…

恵民署が火事で、ホジュンは一冊でも多く医書を運び出そうと死に物狂いで運び出しますが…このシーンは何度も医書を運び出す内に火が回って来て、火の中に入って行こうとするホジュンを抑えて、胸が詰まるシーンでした!

ホジュンはマンギョンやサンファ・オグン・イェジン等に助けられ最低限の医書を運び出しはしたが、家に就いた時には家族の姿は無く……家族は今か今かと待ち続けていたのに~。ここでもホジュンは家族は二の次になってしまって、後で息子に責められる事に成るのです。

民衆からは「我々を置いて逃げないでください」と言う怒号の中、王様は船で逃げるのですが、ホジュンは完全においてきぼりとなり、王様を守る随行の一員で居ながら王様を守る事が出来なかったのです。

医書の荷造りで殿下一行の出発に間に合わなかったホジュンたちは、重い医書を担いで一行に追いつこうと開城を飛ばし、直接、平壌を目指して歩きつづける。途中、村に立ち寄ってしばしの休憩を取っていると、いきなり倭軍が現れて――。

ドジは王様にホジュンは随行を放棄して逃げたと報告してしまって…なんとひどいドジでした!

 

 

« NHKを観て居たら | トップページ | 「ホジュン」58話 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ホジュン」57話:

« NHKを観て居たら | トップページ | 「ホジュン」58話 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ