« 小沢さんの今後 | トップページ | トークは蘭寿とむさんと高翔みずきさん »

2012年6月28日 (木)

NHKBSの「王女の男」で

先日の「王女の男」の直前スペシャルでは、ドラマの内容が何時の時代の事なのかを詳しく放送して居ましたので、興味深くて、年代別に歴史ドラマを並べて見ました。

「王女の男」は15世紀の朝鮮王朝時代のケユジョナンと言うクーデターが起きた頃のお話だそうで、そのクーデターをモチーフにしてフィクションを織り交ぜ書かれた話しと説明されて居ました。

        4代王 世宗(セジョン) 1418年~

        5代王 文宗(ムンジョン)1450年~

        6代王 端宗(タンジョン)1452年~

王女の男…7代王 世祖(首陽大君スヤアンテグン)1455年~

チャングムの誓い…11代王 中宗 1506年~

ホジュン…14代王 宣祖(ソンジョ) 1552年~1608年

ホジュン…15代王 光海君(クァンヘグン) 1575年~1641年

トンイ…19代王 粛宗(スクチョン) 1674年~

イサン…21代王 英祖(ヨンジョ)

イサン…22代王 正祖(チョンジュ) 1776年~   

韓国歴史ドラマも「トンイ」や「イサン」の様に繋がりがあると、さらに興味深く観れると思いました。

そう言う意味では「ホジュン」で聡明で勇敢な存在だった15代王・光海君を取りあ上げたドラマが観て見たいと思いました…だけどどうして王位継承の時、あれほど強く反対されたんだろうと思いましたが、光海君って庶子だったんですね~!

この庶子と言う身分で苦しめられた人、「チェオクの剣」のファンボユンにしても「イサン」のキジュンカクでも多くの庶子が居ましたが、そう言う意味からも「イサン」での正祖はこの制度を改革しようと頑張って居たんですね~!

昔の事で、他国の事でありますが、共通した事なのですごく興味深く感じました。   

« 小沢さんの今後 | トップページ | トークは蘭寿とむさんと高翔みずきさん »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKBSの「王女の男」で:

« 小沢さんの今後 | トップページ | トークは蘭寿とむさんと高翔みずきさん »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ