« 「トンイ」特別番組は | トップページ | 「イサン」56回 »

2012年6月18日 (月)

「トンイ」最終回

「トンイ」最終回 民の為に…周囲の人達に惜しまれつつも、民の為に尽くしたい~と言う願いを聞き入れてもらい王宮の外に出たトンイ…なるほどこう言う事がやりたかったのかと~民の為にイヒョン宮を解放し、人々の悩みを聞き、放置せず、すぐに解決へと努力する。

夜になって皆がトンイの所に集まって来ると言うのがすごいですね~!

手に負え無ければ王宮を辞されたソヨンギの助けを借りる~かと思ったら、何と王命で兵が動かされて解決すると言う、スクチョン王は自分がやるべき事をトンイがやってくれていると言い、兵を差し向けて居たのですね。

スクチョンは重臣たちを集めて、両班達から公然と犯してきた不正を許さない~と言い、ヌヒから不当に税を取りたて着服、上の者は見ぬふり、民の血税で私腹を肥やした者に朝廷を任せられない様に民の税を半分にへらすと…これもトンイの民を守ろうとする気持ちから判明したことですから、トンイってまるでポドチョンの女従事管みたいですね。

常に遠くから見守るスクチョンが居て、多くの周囲に尊敬されるトンイだからこそ成せた事だと思いました。

トンイの誕生日に民たちが送ってくれたと言う東屋が作られる様子を、ウナクは生きた教育としてヨニングンに見せ、心に刻ませていたようだ。

トンイは誕生日に王様がプレゼントしてくれると言うのに、一番安い飾り物で満足とは、余りにもでき過ぎて居て驚きでしたが、世の為人の為、そしてヨニングンが自分の願いを引き継いでくれる世の中を夢見て唯それだけが夢だったのですね!

最後に盗賊を追って塀を乗り越え見えた場所が、何と将来のヨニングンの結婚式とは驚きましたね~!

ビョンフン監督、最後だからって、なんて素的な演出なんでしょう!これで最後と思うと寂しい気持ちはありますが、最後のトンイとスクチョンが揃って歩くシーンもすごく暖かく、大きく成長したヨニングンと年老いたチョンスの二人が並んで墓参りするシーンもすごく素的で、こう言う最後って良いな~と思いました。

« 「トンイ」特別番組は | トップページ | 「イサン」56回 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

ナムナム内官さんコメント有難うございます。

あの脚本だからこその面白さででしたよね!
脚本家のキムイヨンさんてあの素晴らしいセリフの数々は、ほんとにお若いのに素晴らしい文才で驚きでした!(@_@)
さらにイビョンフン監督についても良くご存じで、するどい観察をされていて貴方にも驚きです!
私などはそう言う意味ではまだ韓国ドラマファンとしては一年生です(-.-)
貴方の仰る通り、敵味方がはっきりしていて黒幕はすぐ推測できる所も、ミステリーな盛り上がりも楽しかったです!

スリルやロマンスを交互に持ってきたり、最後は必ず次はどうなる?と気になってたまらなくなる。
韓国の珍しい文化も興味深々で観れましたし、バックの景色も美しく、良い所で美しいBGMが入り、至れり尽くせりのドラマで楽しかったです!
私も今やビョンフン監督の大ファンです。
今は「ホジュン」に嵌って居ますが、いつか監督の作品を制覇したいと(*^_^*)
するどい観察のコメントを沢山書いて下さり、有難うございました(^.^)/~~~

ブログを読ませていただきました。ありがとうございます。

トンイ、終わっちゃいましたね。脚本が若い女性の方で驚きました。
若い方が、素直に理想を書けるのかな。大昔の橋田すがこセンセがそうだったように。

イ・ビョンフン監督は、ミステリー仕立てにして盛り上がりを作るのが上手いですね。
敵味方がはっきりしていて黒幕はすぐ推測できるかわりに、謎解きが楽しかった。

また、各部署の日常の仕事を、下から目線で描いて生き生きと伝えてくれる。

そして画面が綺麗。街中には色彩々りの提灯や、洗濯して干された布も七色。
宮廷や郊外には必ず背景に季節の花々。セットが華やかだと見ていて楽しい。

ただパターンがチャングムと一緒で目新しくはありませんでしたが、それでも十分に楽しめましたし面白かったです!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「トンイ」最終回:

« 「トンイ」特別番組は | トップページ | 「イサン」56回 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ