« 野中さん、小沢氏を痛烈批判 | トップページ | 「トンイ」最終回 »

2012年6月18日 (月)

「トンイ」特別番組は

「トンイ」特別番組を観ました。

ハンヒョジュさん・イソヨンさん・パクハソンさん等3人が生出演…いや~皆さん綺麗でしたね~!

最後の撮影から1年半ぶりの再会を喜び合って居ましたが、今だから話せる事等、当時の撮影現場を振り返り、辛く苦しかった話や、お互いの第一印象・視聴者からの質問に答えてなど沢山のお話を聞く事が出来楽しい番組でした。

ハンヒョジュサンは繊細で情にもろくて弱そうに見えたけど、意外と強くて、徹夜が続いてもずっと笑顔で居て、一日位倒れてくれないかと思ったとか言われて居ましたが…
ハンヒョジュサンはイソヨンさんの事を、最初の撮影の時は近寄りがたいくらい美しい人で~でも最後にはトンイに跪き許しを乞う様になって切なかった!と。
パクハソンさんも繊細で~とお互いの印象を語られていました。

ヒビンさんは、あの大きな目の演技について、瞬きをすると相手に負けるので、瞬きをせず睨んでいると目がひりひりしたとか、パクハソンさんは死の間際では最後の撮影だったそうですが、名残惜しかったらしく、戦場に二人を残して行くような気持だったとか…

ハンヒョジュサンは、スクチョンについて、愛する人に尽くそうとする気持がすごい~それをチジニさんが演じられた事で一層優しさ溢れる魅力を感じたと高く評価されて居ました。

3人はこのドラマに出演した事がすごく良い勉強になったと話されて居ましたが、特にハンヒョジュさんはビョフン監督の元でセリフや発声法等沢山教えて頂いたそうで、イソヨンさんもパクハソンさんもその後の女優業に大きく影響したとか、出演したドラマでも代表的な作品に成ったと話されて、皆さん心に残る作品だったようです。

又ヒビンやトンイ・イニョン王妃・王様等の生涯をそれぞれに纏めた映像や、王様とトンイの愛の軌跡のシーン等を観て~懐かしさく、物語を振り返る事が出来ました。

その他チョンスのペスピンさんや、ハン内官のチョンソニルさん等、他の出演者のコメント等も聞けて楽しかったです。
ドラマでは硬物で笑顔のないソヨンギさんのオフが余りにも違った印象でびっくりしました!

ハンヒョジュさんはトンイと言う人物について、台本を頂いた時、、どうしてここまで馬鹿正直に生きるんだろうと腹が立った時があったそうですが、前向きに明るく生きる姿をお見せしようとおもったそうです。

未来の王ヨニングンに託した思いや、自分の生き方を伝えられた事などが観れました。

政治だけでなく人間関係では奪う力では無く分けあう力を教えられたようで、イサンでの立派な英祖はこの賢い母の教育法で育てられたのかと感心した気持ちで観入りました。

イ・ビョンフン監督や脚本のキム・イヨンさんの言葉や、あの素的な挿入歌♪チョネジアも聞けました。

ドラマの中では対立した3人でしたが、こうして過去を振り返り暖かい雰囲気でそれぞれの思いが聞けるトークで良かったです!

« 野中さん、小沢氏を痛烈批判 | トップページ | 「トンイ」最終回 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「トンイ」特別番組は:

« 野中さん、小沢氏を痛烈批判 | トップページ | 「トンイ」最終回 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ