« 「ホジュン」63話 | トップページ | スカイステージ10年の軌跡~その2 »

2012年7月17日 (火)

「イサン」59話

「イサン」59話 悲しみの行方を観ました。

今回ウォンビン様が急に意識不明で、しかもサンもホングギョンも掛けつけられず、ホングギョンが駈けつけた時は、既に息絶える寸前で…守ってやれなくて、不出来の兄を許してくれと~嗚咽して居ましたね~いや~ホングギョンの悲しみ・辛さが痛いほど伝わって来ましたわ~!(ノ_-。)

ホングギョンは周囲が暖かい目を向けてくれなかったと言うけれど、それらはウォンビンの行動が引き起こしたものであって全ては身から出た錆…

それなのに、ウォンビンの部屋を直ぐに片付ける様命じたのがヒョイ王妃だと勘違いした様で、ウォンビンが亡くなったのはまるでヒョイ王妃の所為であるかのようでしたが…(-.-)ちょっと違うんじゃないかな~?と思いましたね~!

ホングギョンが妓楼に籠って酒を浴び王妃に恨みを抱くシーン…何かを起こしそうで怖い!

それにしてもヒョイ王妃は何処までも人が良いですね~!

サンは文官達に弓を教えて居ましたが、以前ソジャンボやカンソッキに600本とか射させていた事を思い出しますね~!こう言う事も怠らないサンで、いつかこの文官達も弓で戦えるようになるのかな~と思いましたが…。

それにしても連日夜明けまで仕事でナムサチョを困らせているとか…サンは政務に掛りっきりで暖かく観てやれなかった事を申し訳なく思った様で、ホングギョンの酒びたりの日々を心配し、休暇を出したりして居ましたが、それでも突然狙撃事件の検挙に乗り出すホングギョンは、まるで人が変わった様でしたね~!

ホングギョンは、ノロン派の仕業とばかり思って居たようだったが、テビ様から、王朝に反対し王を否定するヤカラが今夜集会をすると言う情報をもらって…あ~ついにテビ様に借りが出来てしまいましたね(>_<)

ホングギョンが兵士を従えて行きついた場所に何とその青年が居て、みんな捕まってしまったが、その青年は弓が当たっては居たが、ソンヨンに助けられる様で、

前回から登場したあの謎の青年が、ソンヨンの弟だったなんて!ソンヨンの家族はみんな死んだとばかり思っていたが、家族が生きていたとは~ちょっと嬉しい気持ちだったが、反政府ゲリラだったとは(>_<)

この先どうなるのでしょう(-.-)

« 「ホジュン」63話 | トップページ | スカイステージ10年の軌跡~その2 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

目をお気遣い頂き、ご心配をお掛けして居ますm(__)m
確かに記事をアップしたりよそを周ったり、これでもツイやってないだけ良いのかも(*^_^*)

私すっかりイ・ビョンフン監督のファンに成ってしまいまして(>_<)
あれもこれも観て見たいと欲張ってDVDを購入してしまって居ます。
まだチュモン等は観て居ませんが、本来は宝塚中心のサイトですので、
記事もアップしないと~と思ったり、時々追い詰められて居ます(>_<)
だからkabukimonさんの気持ちがよく解りますヽ(^o^)丿
お互いにガンバー!ですね!(*^_^*)

kabukimonさんお忙しいのにありがとうヽ(^o^)丿
本当に今回のホングギョンの描かれ方にはがっかりしましたわ~(-.-)
それにサンがここまで王様らしく居られるのはホングギョンが居てくれたからこそ~なのに
そのホングギョンとサンの歯車が狂いだした所が先が見えるだけに悲しいですね!(>_<)

ウクの登場でソンヨンに兄弟が居たなんて、え~?今さら~?の気がしないでもないし、
話しがややこしくなるのかな~と思いながら観て居ましたが、
ソンヨンに関わりを持つ話を出してサンが改めてソンヨンへの気持ちを強くしていくのかな~と思ったりしています。
すみませんコメントの続きがあります。


おはようございます、いのさん~(*^-^)コメント、久しく入れられ無くってごめんなさ~い( ̄Д ̄;;…
本当に~「元嬪」の死…、辺りから、「洪国栄」の描かれ方はファンにとって辛い演出になります~、ドラマでは20代の女優演じる「元嬪」も史実では13か14才だった訳ですし、《最強の外戚》になれるはずだったのがアテが外れた事も手伝って、“誰か”の所為にしたくなったのでしょうが…「サン」が信じきって、いや、信じようとして2人の間の歯車は、益々かみ合わなくなってしまうし…視聴しながら哀しくなります~でも、「ウク」の登場=「ソンヨン」&「サン」のモードも上がる…という事なので、嬉しさも~…ところで、いのさん!“お目々”大丈夫ですか?!労るどころか視聴している“韓流ドラマ”増えてますけれどぉ~爆

わぁ~tomoさんこちらにもありがとう!

チュモンはホジュンのチョン・グァンリョルさんが出て居られるので、どんな役をされるのかな~と思って買ったのですが、忙しくて観れないで居ます。

tomoさんはチュモンもケベクも既に観て居られて完璧な韓ドラファンなんですね!

私は戦いのシーンは余り好きではないのですが…
ホジュンが面白いと思うのは、昔の韓国の医療の世界が分かってすごくおもしろかったですヽ(^o^)丿

私はまだチャングムも観て居ない一年生なので、観るのが沢山あり過ぎて大変です!

最初はイビョンフン監督のだけを観ようと思って居たのですが、チュモンは違った様です(>_<)
勝手な事ばかり書いてしまってごめんなさいo(_ _)o
では又ね(^.^)/~~~

こちらにもこんにちは。さきほど「ホジュン」のコメ欄で書き忘れてしまいましたが、「チュモン」のDVDを買われたのですね。私は主人公のソン・イルグクさんには何の思い入れもないですが、「チュモン」はまずまずの面白さでした。とくに戦闘シーンはなかなか。その他の韓国時代劇での戦闘シーン、迫力あります。だから「ケベク」の戦闘シーンにもあまり驚かなくなっていました。「ケベク」が韓国であまりヒットしなかったのも、戦闘シーンに慣れた韓国の方には物足りなかったかもしれません。でもソジンさんの演技はピカイチ。「ケベク」で一番好きなシーンはケベク様「戦死」の5分間。私もkabukimonさんと同じ鬼畜のようなファンなのであります
時間切れで「イサン」ネタではなくなってしまいすみません。私はやはりサンのことはどうでもよくなってるのか・・・いちおうテレビで王様にお会いしましたが、すぐに眠くなってしまいました・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「イサン」59話:

« 「ホジュン」63話 | トップページ | スカイステージ10年の軌跡~その2 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ