« 「シークレット・ガーデン」14回 | トップページ | ニュース増刊号を観て »

2012年7月 8日 (日)

「ホジュン」61話

第61話 大君の誕生

中殿さまに王子が生まれると、大君を世子に推せねばと言う王子派と、側室生まれの光海の地位を守ろうとする派とで、一気に政権争いが始まり、ホジュンはどちらに属すと言う気持ちなど全くなく、医術に専念するのみと断言し、医書の編集に明け暮れて居たのですが…

そんな時ホジュンは、薬草の研究の為に雇った薬草採りの報酬が滞って居た事を知り、内情を聞けば、戦乱で財政が厳しく何度も無駄遣いだと上訴されて居たと言う。

何とか報酬を払うよう要人に依頼しようとした事からホジュンは次第に政争へと巻き込まれてしまうのです。

自分達が推す集まりに来てくれたと勘違いして喜ぶ要人たち王位継承の醜い争いが嫌で嫌で溜まらず、ドジの家を訪れ、ドジに愚痴をこぼすホジュン…もし医書編集が無ければ今直ぐにでも消えてしまいたい気持ちだったんですね。

資金問題は解決し、中国の希少医書も手に入ったと明るいニュースにも心が晴れないホジュン…そんな時に生れて間もない王子様と光海様が同時の病…どちらの病を先に診るかで悩んだと思います…本当なら光海様に伺いたいと思いながらも、赤ちゃんの引きつけが危険と見て王子様を最初に看る事にしたようですが、光海様としてはこの事も辛い事だった様で、その上大君を利用し、権勢を狙う者達が光海様の廃位まで論じている事を知り、どんどん病が悪化してしまい危篤状態に陥ってしまいます。

ぎゃくしつと言う病気(多分今のうつ病)で悪寒と熱が交互に来る難しい治療だとか…ホジュンは治療法に悩むが、何かあった時は自分が責任を持つと言い、ヒ素を使う事を決意します…それを知ったドジや恵民署のマンギョンにまで止められるのでしたが…さ~どうするのホジュン?

« 「シークレット・ガーデン」14回 | トップページ | ニュース増刊号を観て »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ホジュン」61話:

« 「シークレット・ガーデン」14回 | トップページ | ニュース増刊号を観て »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ