« 「ダンサ・セレナータ」の稽古場風景 | トップページ | 和音美桜さんがマリー・ヴェッツェラ役 »

2012年7月 5日 (木)

いや~懐かしいな~!ぶんちゃん!

録画しておいた2002年の雪組「Rose Garden」を観たのですが、何とま~懐かしい舞台だ事!

中盤の盛り上がりが終わって、ぶんちゃん(絵麻緒ゆう)が銀橋で唄い踊る間奏曲のシーン…胸の傷が痛い~♪と、本舞台まで踊りながら行くと、本舞台で待ってるトドさんに照明が当り、次々と証明が当り、男役の総踊りとなるシーン…私はこのシーンが大好きで、何て男っぽいダンスだろう!と、スカイステージで何度観た事やら~でした。

ぶんちゃん(絵麻緒ゆう)は、歌は上手いとは言えなかったが、男っぽいダンスを楽しそうに踊って居て惹きつけられました。

でも真中を見れば、当時雪組トップ、そして今は宝塚の男役の帝王として君臨するトドさん(轟悠)が居て、隣にはコムチャン(朝海ひかる)が踊って居て、惹きつけられっぱなしのシーン!…さすが羽山先生痺れさせてくれるわ~!…久しぶりに昔の雪のショーで堪能させて貰いました!

ぶんちゃん(絵麻緒ゆう)は前のシーンから時間を計って見ると、何と30秒しかかかって居ない(@_@)すごい早変わりだったような!

驚いたのはプロローグでかしちゃん(貴城けい)コムチャン(朝海ひかる)キムさん(音月桂)の3人が出て居ましたが、この時音月さんはまだ研究科5年?ですごい抜擢だったのでは?と思いました。

ぶんちゃんは最近外部での活躍は余り観れませんが、どうして居られるのかな~?とか、キムさんはトップに就任してびっくりするほど早くに退団発表してしまわれて残念で…そんな事を感じながら観た舞台で懐かしかったです!

« 「ダンサ・セレナータ」の稽古場風景 | トップページ | 和音美桜さんがマリー・ヴェッツェラ役 »

宝塚舞台・その2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いや~懐かしいな~!ぶんちゃん!:

« 「ダンサ・セレナータ」の稽古場風景 | トップページ | 和音美桜さんがマリー・ヴェッツェラ役 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

  • Cimg0556
無料ブログはココログ