« 「サン=テグジュベリ」のナウオン | トップページ | 「春の雪」のみりおちゃん »

2012年8月 8日 (水)

雪組「双曲線上~」観てきました

今日、青年館で雪組「双曲線上のカルテ」の初日を観てきました。



今回の舞台は渡辺淳一先生の「無影燈」を舞台化した作品で…早霧せいなさんと夢乃聖夏さんの同期ががっぷりと絡み、真の医療とは、愛とは、そして命とは…という深いテーマを軸に、涙あり、笑いあり、男同士の友情もありの素晴らしい舞台をたっぷりと堪能して参りました!


末期ガン患者への接し方から始まり、真の医療とはを追求し、亡くなるまでを愛に溢れた優しさで対応したり、急性アルコール中毒で親友を亡くした二人が、命の尊さを教えられた後、介護士を目指して居たり、まだ見ぬ兄弟の為に臓器提供する弟が居たり、医寮の世界をテーマに真正面から問う作品でしたが、医者自身がひた隠しにした病がついにばれて~でも迷惑をかけまいと痛みに耐え医者として生き、悲しい最後でしたが、子供と3人のラストが未来を感じさせてくれる暖かいシーンで良かったですね~!


フィナーレはちぎちゃん(早霧せいな)とともみん(夢乃聖夏)のダンスが素的でした!
そして初めて女役でちぎちゃんと組んで踊られた大湖せしるさんも女性らしく美しく、二人のデュェットが素的でした!


早霧せいなさん(フェルナンド役)…スタイル満点で、白衣姿もグレーのコート姿もカッコ良くて、髪型もぴったりで、役としてはどこか影のある役でしたが、冷たさを感じる一面、憂いも感じ素的でした!


病人に対しては優しく、痛みに耐え医者として責任を全うしようとする姿勢が男らしく、モニカには心を許しながらも、最後は迷惑をかけずに~悲しくもカッコいい先生を演じて涙を誘ってくれました。


星乃あんりさん(モニカ役)…ずっと騙されながらフェルナンドの暖かさに幸せを感じて行くんですね~!素直で明るいモニタ役は可愛くて良かったです!とても歌が上手くてびっくりしました!


夢乃聖夏さん(ランベルト役)…正義感に溢れる真面目な先生っぷりが、ともみんにぴったりで、最後は強い友情も感じて感動のシーンもあり、 五峰さんとのやり取りでは可笑しくて、沢山笑わせてもらいました。ダンスも歌も上手くて良かったです!


大湖せしるさん(クラリーチェ役)…院長の娘・クラリーチェはフェルナンドの良き理解者で、時に周囲からフェルナンドを守りながらも、愛は受け入れて貰えず、常に冷たくされて悔しさに溢れて居ましたが、初の女役ながら強気な女性がぴったりで上手かったですよ!


フィナーレでは♪チャオチャオバンビーナや、ちぎちゃんは♪アルデベルチ・ローマ~
ともみんは♪アルディラなどを唄い踊り素的でした!


最後お一人お一人の挨拶は客席はもう割れんばかりの拍手でお客様の愛を感じました!


ちぎちゃんは初日のご挨拶なのに「バウからずっとやって来て、あと10日しか無くて~には笑いが起こって居ましたが、それほどあっという間と言う事なんでしょう!


お客様の暖かい拍手で沢山の愛を感じられたようで「1公演毎に入魂していきます!」と嬉しそうに答えられていました。


この舞台は少ない人数でのお芝居でしたが、専科の夏美ようさん・五峰亜希さん・雪の麻樹ゆめみさん奏乃はるとさんらのお力で充実したお芝居が観れたと思いますが、下級生も一人一人が頑張って予想以上の舞台を見せてくれて居ました。

すぐ後ろに座って居られた渡部淳一先生を紹介されていましたが、すごい拍手で迎えられて居ました。

今日の舞台行こうかどうしようか悩みながらチケット購入した舞台でしたが、素晴らしい舞台で、いや~行って良かったです~!

« 「サン=テグジュベリ」のナウオン | トップページ | 「春の雪」のみりおちゃん »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪組「双曲線上~」観てきました:

« 「サン=テグジュベリ」のナウオン | トップページ | 「春の雪」のみりおちゃん »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

  • Cimg0556
無料ブログはココログ