« 雪組「JIN-仁-」のトークは | トップページ | TBSの感謝祭は »

2012年9月28日 (金)

瀬奈じゅんさんの「ザ・ラストデイ」を観て。

2009年に宝塚を退団された瀬奈じゅんさんの「ザ・ラストデイ」を観ました。
黒塗りの高級車?で現れた瀬奈さんは、大勢のファンに声を掛けられ、組子に迎えられ、霧矢んほか3人で作る騎馬に乗せられて劇場に入る様子は、宝塚ならでわの華やかな退団風景でした。

舞台は「ラストプレイ」もショーの「ヒート・オン・ビート」も重要の部分だけに編集された舞台で短縮された舞台でしたが、とても観やすかったように思います。

最後の舞台となる「ラストプレイ」は、記憶を失った青年アリステアが孤児院を飛び出してから独り立ちするまでを描いた作品でしたが、偶然出会った人や、周囲の人達の優しさに支えられ、苦しみながら立ち直り、自分を取り戻して行く舞台に温かさを感じました。
途中、ムーアとは心の傷について激しく言い争うシーンがありましたが、それもムーアの愛あればこその言葉に思えました。

顧客のリストを巡っては黒い世界に脅かされながらも毅然と立ち向かったり、命に関わるシーンなのに笑いが起こったりで、正塚先生らしく、人情味あふれる舞台でしたし、あちこちに退団を思わせるセリフがちりばめられていて、最後の舞台らしく、素的な舞台でした。

突然ピアノを弾き出す場面では、如何にもその場で実際に弾いているかのようで、瀬奈さんの手の動きが最高でした!

ショー「ヒートオンビート」は…麻子さんは、どのシーンもダンスがノリノリで、唯ダンスが上手いと言うだけではなく、麻子さんの男役のダンスは独特な魅力で、さらにあの表情が溜まらない!そんな麻子さんの男役のダンスは、私にとっては最高の人なのです。

縞のスーツできりやんと踊る椅子のシーンや・素的なお衣装で踊る♪エルビェント・霧やんと息のあったパリのシーン・赤い上着のシーン・上着を脱いで黒いシャツスタイルで裸足で踊るシーン・どれも素晴らしいダンスでしたが、広い舞台狭しとばかりに裸足で踊るシーンは、キビキビと力強くパワーに溢れたソロダンスは素晴らしかった!

そしていきなり大階段でカラフルな女性達に囲まれて♪私の愛が届きませんでしたか~モナミーと唄われ。

さらに銀橋から踊り続けて、の黒燕尾のシーンは霧矢さん・あひちゃん・園加ちゃん・まさおくんやみりおちゃんと一人づつと絡んで踊るシーンは、時折顔を見合わせ笑顔を見せる麻子さんが幸せそうで、麻子さんの自信に満ちた男役黒燕尾のダンスに、今さらながらほれぼれ観入った舞台でした。

そしてパレードからさよならショーと続き、♪全ての愛を~から始まり♪黒い鷲まで、さらに大階段で♪朝日の昇までに~や♪ランベスウォークと客席周りをされ♪奇跡を唄われて豪華な千秋楽の様子からは18年間の集大成の舞台を感じました。

同期のかしちゃんからお花を受け取られて、最後のご挨拶も立派で、何度もアンコールに答えられてお客様の愛を沢山頂き幸せそうに舞台を去る瀬奈さん!

楽屋の細い通路に並んだ組子達の沢山の笑顔に見送られて、劇場を出ると大勢の白い会服のダウンコート(クリスマスの頃)を着たファンに見送られて、宝塚に別れを告げる瀬奈さんの笑顔が素的でした!

2009年の舞台なのにすごく懐かしい気持ちで観入りました。

瀬奈さんは、自分が宝塚ファンとなって以来、過去現在を通してずっと一番夢中になった人ですヽ(^o^)丿

« 雪組「JIN-仁-」のトークは | トップページ | TBSの感謝祭は »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瀬奈じゅんさんの「ザ・ラストデイ」を観て。:

« 雪組「JIN-仁-」のトークは | トップページ | TBSの感謝祭は »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ