« 宙組「銀河~」ナウオンを観て | トップページ | 花組の稽古場観ました。 »

2012年9月13日 (木)

NHK・BSの「薄桜記」は

韓国のイ大統領の発言で韓国ドラマを観なくなってから早くも一ヶ月が経ちました。

韓国ドラマを観なくなった事で、日本のドラマを観直す良い機会と成った様に思います。

さて何を観ようかと探すとNHKの「薄桜記」を見つけました…ドラマは既に何話も放送済みで途中からでしたが、このドラマが忠臣蔵を裏側から観た番組と言う事を知り観て観たいと思いました。

主人公の丹下典膳役を美男子・山本耕史さんが演じて居ましたが、妻の名誉を守るために片腕を失い、旗本から浪人へと身を落とす悲運の剣豪役…私が観た回は、白竿屋長兵衛(世で言われている番随院長兵衛)と出会い、「白竿屋」の用心棒を頼まれたり、紀伊国屋文左衛門に呼ばれ、行って見ると、そこに呼ばれた花魁が幼馴染だったり、時代背景も充分で、とても興味深く、腕が立ち、寡黙でモテモテの典膳がカッコ良くて…一気に興味を注がれました!

最近は吉良上野介の用心棒と成る所まででしたが、でもこれからは悲惨な最後へと向かって行くのかな~と(>_<)でも観て観たい気持ちが強いドラマです!

観れなかった回が再・再度放送される事を希望します。

配役はこちら

« 宙組「銀河~」ナウオンを観て | トップページ | 花組の稽古場観ました。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK・BSの「薄桜記」は:

« 宙組「銀河~」ナウオンを観て | トップページ | 花組の稽古場観ました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ