« 復興予算の使われ方に驚き! | トップページ | 「だましえ歌麿」を観て »

2012年9月15日 (土)

花組「サン=テグジュペリ」初日を観てきました。

花組「サン=テグジュベリ」ー星の王子様になった操縦士ーを観て来ました。

お芝居については…強引な結婚だったのに妻との安らぎの時間よりも、飛行機と小説を書く事に夢中で、コンスエロも又何故素直に成れなかったのか~と、疑問がいっぱいで自分には良く分からないお芝居だったと言うのが正直な気持でした。

とは言え、このお芝居は大人の心で観てはいけないと言う気持で観るならば…星の王子様に憧れて、宙の彼方に消え、星に成りたいと言う純な心の持ち主で、遭難した時星の王子様に出遭うのも、心のどこかに憧れがあったからと思えるし、きつねやヘビが出てきても不思議では無いな~と思いました。

しかし仲間の絆を大切に思う態度や、郵便飛行士としての責任感ある態度は、立派な大人で、大人でありながらも、子供の様な純な心の持ち主で、だからこそ星の王子様と言う小説が子供たちの心を捉えて人気だったのかな~と思いました。

ナウオンで蘭寿さんが役作りが難しいと仰って居た気持ちが良く解りました。

蘭寿さんが星の王子様の姿で現れるオープニングは本当にキラキラと何と笑顔の素敵な王子様なのかと~やはり生で見るとCSで観て居た時とはまるで違う輝きで、これはもう蘭寿さんにしか出来ない!お役だと、谷先生の気持ちが理解できた瞬間でした!

最後は純なサン=テックスに成り切って演じられていましたが、蘭寿さんに良く似合って良かったですよ!歌も生の声は良く通って、どのビジュアルも良く似合って名門貴族の出らしく品があり、素的でした!

蘭乃はなちゃんは…今回のコンスェロは今までの様な、子供らしさを感じる役とは間逆で、ちょっと大人びた、気の強い役を背伸びをしながらも頑張って演じて居られたように思いました。
でも蘭ちゃんはやっぱり可愛い役の方が似合うし、マヤ族の血を引く黒塗りもちょっと似合ない様に感じました。

サン=テックスは一目惚れの様でしたが、何処が気に入ったのかも描かれて居ないので良く解りませんでした。

壮一帆さんのアンリ・ギョメは仲間への優しさ・明るさがまるで壮さんの様で、ぴったりの役に思いました。キツネは成り切りで可愛かったですね~!
もう直ぐトップと成られる壮さんの演技は、やはり実力を備えて安心して観れました。

愛音羽麗さん…ジャンメルモーズは、やはり仲間意識や絆を大切される操縦士仲間でしたが、所々で唄う歌が、退団とリンクする歌詞で、寂しい気持ちを感じました。

汝鳥伶さんのレオン・ベルトは…風貌からもユダヤ人らしさを感じましたし、お芝居が兎に角貫禄です!

望海風斗さんのホルスト・リッパートは…お芝居ではダンス場面には出て居られないし、出番が少なかったように思いますが、異様なへびのダンスが印象に残りました。

ショー「CONGA!!」は…常にラテンやサンバの強烈なリズムに乗って激しく踊るパワーに圧倒されましたが、激しく踊る黒チームと優雅に踊る白チームのダンス対決や、白い花弁の中で悩ましくポーズするまゆさんと蘭ちゃんのダンス等、どれも目を凝らして観ましたが、
自分的には頭を布で縛った海賊のダンスシーンが、きざでセクシーなザ・男役のダンスでカッコ良かった!

真ん中で踊るまゆさんのダンスがお手本の様で本当に魅力的で、お衣装も何度も着替えられて居ましたが、真っ白なお袖が提灯の様に太いギザギザに成って居るお衣装や、
ラテンっぽいブルーのお衣装などどれも素的でした!
蘭寿さん痩せられたけど、この状況では無理もないな~と思いました。

普段は男役の華形さんやだいもんくんが女役で蘭寿さんに絡んで踊られて観る方に取っては魅力的でしたが、華形さんはちょっと怖い!だいもんくんは絡む時、色っぽく踊られて居て、違和感は無かったような~(*^_^*)

大勢で踊るシーンは、観たい人が大勢居てオペラで確かめるのが忙しかったですが、何処を見ても誰を見ても、身体がちぎれんばかりに全力で踊って居て、甲乙つけがたく、さすがダンスの花組を感じました!

そんな忙しくオペラで追いながらもいつの間にかだいもんくんを探して居たり、鳳さんは何処に居るのか探したりしている自分が居ましたが…

それにしても、今までだいもんくん・まぁくん・鳳真由さんと3人口だった鳳さんがパレードでは、幕の外にはみ出して居たのが信じられない光景で、どうして?と思いました!ダンスは上手い人だけど…

初日のご挨拶で蘭寿さんは「目には見えない大切なモノを心で描きだして行きたい。そして「CONGA!!」では、とどまる事を知らない花組のパワーで、今このメンバーで、このメンバーだからこそ出来る最高のステージを創りだして行きたい。花組の夏はまだまだ終わりません!千秋楽まで一緒に盛り上がって行きましょうと、ご挨拶され、何度もアンコールに答えていらっしゃいました。

舞台に居られる生徒さんは勿論、観る側のお客さんも熱く、初日ならではの盛り上がりですごかったです!

2列センター辺りにナウオン等司会をされる竹下典子さんがご観劇されて居ました。

私が感じた初日の様子でした。

« 復興予算の使われ方に驚き! | トップページ | 「だましえ歌麿」を観て »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

dkさんこんにちわ~(*^_^*)
やっぱり同じでしたか~良かったヽ(^o^)丿
コンスェロにいきなりプロポーズは納得行きませんよね!
何に惹きつけられたのでしょうね?
あのタンゴの足さばきはさすがダンスの人!で素的でしたね!
お稽古場でも観れましたね!
まゆさんほんとにこき使われて居ますね!
我々は出番が沢山あると嬉しいけど、舞台だけじゃないから大変だと思いますわ!
舞台一列に並んで~あの真っ赤な衣装の海賊シーンですね…ヤンさん振付とか~あのシーンは花組のパワーを感じますね!
クンバンチェロも良かったし、さすがラテン好きなまゆさん!
銀橋で滑り込むようなシーンはご自分の振付?
茶目っけたっぷりなまゆさんが良かったですね!
私もラテン大好きなので、もう一度見に行きます…。
いつも沢山のコメントありがとうね~(^.^)/~~~

やっといのさんのご感想が聞けてとても嬉しいです。
私の感想とほぼ同じで、特に蘭はなちゃんのコンスェロにいきなり強烈にプロポーズをするところは 何度観ても納得できず、それが後々のストーリーにも影響したように思いました。
でも プロポーズのあとのデュエットダンス タンゴだったかしらあの場面の蘭とむちゃんのステップの足裁きが素敵で素敵で。それと亡くなった仲間が集まって歌うところ あの場面もまゆさんはしんぱくの演技でほんとうに泣いておられ感動しました。コンガ!!!素敵でしたね。あんなにこき使われるトップさんはいないよーと思いましたが、あれではまゆさんも太れませんよねぇ。舞台一列に並んで走ってくるという場面は圧巻。クンバンチェロのところもよかったし その前銀橋でガタッと座られ、すべられたのかと観客がヒヤッとした声を上げたらまゆさんはにやっと悪戯っぽく笑われ・・・は~もうたまりません。
もう一度観たいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花組「サン=テグジュペリ」初日を観てきました。:

« 復興予算の使われ方に驚き! | トップページ | 「だましえ歌麿」を観て »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ