« 最高のウォーキング日和 | トップページ | 民主党・解散の条件の中で »

2012年11月11日 (日)

NHKのドラマ「薄桜記」第4話を観ました。

NHKのドラマ「薄桜記」第4話「高田馬場」を観ました。

主人公・典膳は、旗本の身分を剥奪され、住む家も追いやられ、安兵衛の親切から一緒に長屋で暮らす事になりましたが、浪人の身となった典膳の長屋暮らしは、段違いの生活で余りにも惨めで、…それでもおとよに身の回りの世話をして貰ったり~安兵衛の細かい配慮と暖かさが感じられてほっとしたり~、友情が深まっていく様子を感じました。

今回その安兵衛は連絡を受け、高田馬場で叔父と村上兄弟との決闘の助太刀に入りますが、一刀流の剣の達人と言われて居た安兵衛が2刀流で戦い、バッタバッタと相手を斬り倒して行く場面は、すごい迫力で~大切な叔父を亡くしてしまったけれど、この事が江戸の噂と成って、多くの人の賞賛をうけた様で、大きく世に名を挙げる安兵衛となったようですね。

一方、千春は離婚されたとはいえ、心は典膳でいっぱいで、父が謝ったからそれで良いと思って居る兄や、50両で事が済んだと思って居る母上の気持ちとはかけ離れていて、自分の名を辱めず、長尾家を護ってくれた典膳の優しい心を想うと、切なそうで胸が傷む様子を感じました。

典膳の着物を縫い、そっと届ける千春…典膳への愛を感じますね~!

しかし千春の典膳に対する熱い想いは感じるけれど、片腕を切り落とされた上、お家は断絶・住む家も追われて~と言う理不尽な状況の割には、長尾家の人達が分かって居ない様子で、典膳の人の良さを感じてこんなバカな話しがあるのか~と…怒りさえ感じてしまいますが…まぁ忠臣蔵の裏番組と言う事なので…

とは言っても、そんな悲しみを心に秘めた浪人役も又素的で、観れるだけで嬉しいヽ(^o^)丿

NHKの「薄桜記」掲示板に感想が寄せられています…こちら

次回予告とあらすじでは、表示したい放送回を選択すると、動画で山本こうじさんの説明が聞けますよヽ(^o^)丿…こちら

« 最高のウォーキング日和 | トップページ | 民主党・解散の条件の中で »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKのドラマ「薄桜記」第4話を観ました。:

« 最高のウォーキング日和 | トップページ | 民主党・解散の条件の中で »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ