« 「結婚しない」10話を観て。 | トップページ | 友の会・月組べるばらチケット »

2012年12月15日 (土)

NHKのドラマ「薄桜記」9回 文鳥を観て…

NHKのドラマ「薄桜記」9回文鳥を観て…

前回、安兵衛は浅野家側へ~丹下典膳は吉良家からの誘いがあり、それぞれが違う方向へと進んで行きますが、

上杉家江戸家老の千坂兵部(草刈正雄)が亡くなる間際に、典膳に吉良上野介の身辺を護るよう遺言されたとか~典膳は断るつもりだったが…千春の兄・長尾龍之進は典膳を訪ね、千坂兵部の遺言を渡したり、自分が乱心し、腕を斬り落とした事を深く詫びたりしていました。

赤穂浅野家はお取り潰しとなり、吉良家は喧嘩両成敗と言う事から屋敷替えとなる…ここまでは前回の内容でしたが、

結局、丹下典膳は千坂兵部の遺言を受け入れることになり…

白竿屋を去ることになった典膳はおさんに身支度をして貰って居ましたが、まるで女房の様に典膳の世話を焼いてすっかり典膳に惚れてしまっていて~別れが辛そうで、涙を流すおさん…罪な人ですね~典膳!

吉良上野介に面会し、早速吉良家の警護を引き受ける事になり、客分の扱いとなった典膳は、身の回りの世話をしてくれる使用人が、何と以前使用人だった勘蔵で驚く!

吉良上野介は、自分の方が傷付けられたのだから、なぜ大石が討ち入りをするのかと憤慨して居て、討ち入りなんてあるはずがないと思っているようで、噂だけで浅野家の討ち入りに脅えて過ごすのは愚の骨頂だとか~

周りを高い塀で囲み、美が損ねるとか~言って居たが…町で討ち入りの噂が広がってくると、家来たちが討ち入りを迎え撃つ案を練って居て、上野介は反論もせず寝た振りをしながら聞いていたようです。

今も勇敢な赤穂の四十七士達を褒め讃える風潮が強く、現在に置いても、その名を残す出来事となって居ますが、そんな大変な事件が起こりそうな時でも、上野介と正室の富子は、何とか典膳と千春を復縁させてやりたいと~思って居たようで、

ほとぼりが冷めてから典膳を家臣に召し抱える事にして、暫くは家来たちに剣術を教えてくれとか、千春をお付の侍女にしたりしてくれて…今ではすっかり悪者のように言われている上野介ではあるが、裏ではそんな良い所もあったんですね~!

吉良家で自由に顔を合わせられるようになった典膳と千春が供に勘蔵を連れて七面社へお参りに出かけた時、勘蔵が文鳥のひなを拾って来て、文鳥の様に仲良くなれれば~と二人に取っても明るい兆しが感じられて嬉しそうだった。

今までの典膳は千春に早く嫁に行って欲しいと思う心から、突き放しているように感じたが上野介に許しを貰った二人は「もう放さぬぞ!」と典膳の愛を感じる言葉に千春も嬉しそうで~観て居てほのぼのとした気持ちでしたが…

浅野家では、お家断絶以来、家臣たちが60名も行方が分からないとか、吉良家では城内の侍長屋の建築の仕事に来ていた白竿屋が、青物売りの格好をした堀部安兵衛を見かけた~と典膳に知らせて居て、典膳は討ち入りは近いと感じたようでした…あ~ぁ~!(-.-)

« 「結婚しない」10話を観て。 | トップページ | 友の会・月組べるばらチケット »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKのドラマ「薄桜記」9回 文鳥を観て…:

« 「結婚しない」10話を観て。 | トップページ | 友の会・月組べるばらチケット »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ