« 朝夏まなとさんと麻実れいさんのトークDX | トップページ | 越路吹雪さんの「ラストダンス」を観てきました。 »

2012年12月10日 (月)

夢乃聖夏さん主演の「ニューヨーク・ラプソディー」を観て

星組・バウホール公演「摩天楼狂詩曲(ニューヨークラプソディー)」夢乃聖夏さん主演の舞台を観て。

自分が作曲した曲で、ロックシンガーとして頂点に上り詰めたい~と夢見る青年が、まともな職にも着けず、恋人を失い、挫折しながらも自分を捨て彼女を助けつつ、ついにレコード会社から認められる日が来ると言う~正に青春の若さを爆発させての舞台が熱く、感動の舞台でした!

アルバイトでロックに夢中のアンソニーに、ついに愛想を尽かし~去っていくナンシー(華雅りりか)…気を落として唄うアンソニーの歌が切なくて~胸が詰まりました!

主演の夢乃さんの若さ爆発の舞台がいかにも夢乃さんらしくて~まるでアンソニーがともみんのようでした。

騙されているナンシーが大事な書類を渡さない様~自分の一大事を投げ出し、駆けつけるアンソニー…そんなアンソニーがテストを受けられるよう懇願するディスコオーナーのポール(美稀 千種)…まるで親の様な~暖かな気持ちにさせられます。

フィナーレのご挨拶で万里 柚美さんが、夢乃さんの事を、単独バウヒロインを勝ち取った夢乃聖夏が~と言う言葉が聞けましたが、その重責に充分に答えられた彼女の役に対する情熱を感じる舞台だったと、何度も何度も誠実にアンコールに答えられる、ともみんの姿を見て本当に感動しました!

いつもやる気満々のともみん!こう言う人に心から惹かれますね~!

割れんばかりの拍手を頂きながら、舞台と客席が一体となって、これ以上熱い舞台はないのでは~と思えた舞台でした。

« 朝夏まなとさんと麻実れいさんのトークDX | トップページ | 越路吹雪さんの「ラストダンス」を観てきました。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢乃聖夏さん主演の「ニューヨーク・ラプソディー」を観て:

« 朝夏まなとさんと麻実れいさんのトークDX | トップページ | 越路吹雪さんの「ラストダンス」を観てきました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ