« 雪組「ブラックジャック」ナウオン | トップページ | 「とんび」っていいドラマですね~! »

2013年2月26日 (火)

宝塚の新選組「誠の群像」を観て~

1997年の星組「誠の群像」を観て…正直一層強く山本耕史さんの土方歳三が観たくなってしまいました。

 

幕末に散った新選組、その中で最後の侍と言われた土方歳三の活躍を描いた舞台でしたが、プロローグから新選組の揃いの半被を着て、鉢巻を巻いたビジュアルで、勇壮な曲と男役陣の踊りがカッコ良く惹きつけられました。

 

麻路さきさん演じる土方歳三は、新選組副長として鬼と言われても、一切の悪は許さないと言う一本気で、日本男子の心意気や、男気が感じられて良かった!

 

芹沢(立ともみ)の横暴な振る舞いを許せず、局長・近藤勇と申し合わせ、芹沢を切腹に追い込んだ土方に正義感を感じる。

 

その人柄からか多くの同士から信頼が厚く、沖田総司(絵麻緒ゆう)との暖かい交流も見えたり、しかし近藤勇や沖田総司達、同士から信頼されながらも「局中法度」と言う強引なやり方に賛同できず、山南を失ってしまったり…

 

池田屋に切り込みを掛けた新選組が見せた殺陣シーン…土方の活躍ぶりや黒田了介の死に様が凄まじかった!(このシーンは激しく山本さんで観て見たいな~!)

 

激しい戦いで血を吐く沖田総司…家族に止められながらも許されなかったようで…(>_<)

 

お小夜の月影さん、健気で、男らしい土方さんに惚れる女心を繊細に表現して居ましたが、美しきて素的でした!

 

近藤勇の千秋慎さん…何事も一本気に信じる姿に、真面目さがにじみ出て居た!

 

山南さんとあの女っぽい加納惣三郎との銀橋シーンは、暗い新選組の舞台に一息付かせる可笑しいシーンで、客席から笑いが起って居ました。

 

女たらしの芹沢を追いやるシーンは、芸者さんの踊りで日本情緒たっぷりだった!

 

新選組の同士以外で、美味しい役は勝海舟役の 紫吹淳さん。

 

宝塚で、新選組をやるとこうなるのかと言う舞台で~男役の魅力がいっぱい!土方さんとお小夜との儚い愛も描かれ宝塚らしさを感じますね~!

 

しかし日本の歴史だから仕方がないが、江戸末期、京都の町を守る為~と言う役目だった新選組が、いつの間にか人斬り集団と呼ばれ、最後は時代の波に飲み込まれて哀れな最期を遂げる新選組と言うストーリー自体が、個人的には余り好きでは無い。

 

しかしながらこの土方と言う男を山本耕史が演じているとなれば又違う!


DVDを購入してまでもやっぱり激しく観て見たいと言う気持ちでいっぱいです!

 

« 雪組「ブラックジャック」ナウオン | トップページ | 「とんび」っていいドラマですね~! »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚の新選組「誠の群像」を観て~:

« 雪組「ブラックジャック」ナウオン | トップページ | 「とんび」っていいドラマですね~! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ