« ’75年のベルバラを観ました。 | トップページ | 「土方歳三 最期の一日」を観ました »

2013年4月20日 (土)

NHK・BSの月組「PUCK」を観て。

NHK・BSプレミアムで放送された1992年の月組公演「PUCK」と「メモリーズ オブ ユー~懐かしき時代~美しき人々~」を観ました。

 

シェイクスピアの「真夏の世の夢」を舞台に取り入れた作品の様ですが、妖精と人間が恋をする物語で夢のあるお話でした。

 

ミッドサマー・イブに生まれた妖精の一人・パックが人間界に視察に出掛け、ハーミヤと言う美しく心の綺麗な娘に恋をして~一度は離れ離れになりますが、又出会って、しかし人間界の娘に恋をした事がばれて、掟を破った事になり、パックは厳しい罰を科せられ一番大切な声を捨て人間界に落ちるのだと言われてしまいます。



声を使うと過去の全てが消されてしまうとか、ハーミヤとの思い出を消したくないパックは、屑だとか言われながらもハーミヤの傍で声を出さずにハーミヤを見守りながら一生懸命働きますが、パックの大好きなハーミヤは家を護る犠牲になってダニエルと婚約をしてしまって~

 

ダニエルが家の庭にプールを創らないと約束してくれたから婚約したのに~

 

しかしダニエルが地下にプールの円錐を埋めようとして居る事実を知り、パックは黙って居られなくてついに声をあげて知らせてしまいます。

 

人間界に放り出されたパックは記憶を失ってしまいますが、ハーミヤや、周りの人たちが覚えて居てくれて又ハーミヤに出会えると言う…妖精と人間社会とが一体となった舞台で楽しかったです!

 

パックのいたずらで、夢の中で持てなかったヘレン(彩輝直)が持てるようになり、人気者だったハーミヤが持てなくなったり~、又ロックに夢中の青年の天海裕希さんがロックシンガーのオーデションを目指す姿や若者たちのダンス風景が観れたりで、楽しい舞台でしたが、涼風さんがパックにピッタリで可愛くて夢があり、心温まる舞台でした。

 

主演をされたパック役の涼風真世さんは妖精姿が可愛くて優しい妖精を演じて、正に涼風さんならでわの作品だったのではと思いました。



その上パックの涼風さんも、ハーミヤの麻乃佳世さんもすごく歌が上手い人で、所々で聞かせて頂く歌に感動しました!

 

1993年に退団されてからもうかなり経って居る涼風さんですが、あれだけ歌が上手くて美しい方で、今でも様々な主演級で活躍されて居て宝塚ファンとしては嬉しく思います。

 

又天海さんも歌うまで容姿も言う事無しの人で、未だにドラマや舞台に活躍の人で、先日も「おのれナポレオン」に出演されて居ましたが、さすが~と思いました!

 

今の小池先生の作品を観ると、「PUCK」が小池先生の作品とはとても思えなく、こんな夢の作品も作って居られたのかとびっくりでしたが、今後は過去に名を残した日本の有名な人を取り上げ、舞台を作って頂けたらと希望して居ます。

 

« ’75年のベルバラを観ました。 | トップページ | 「土方歳三 最期の一日」を観ました »

宝塚舞台・その2」カテゴリの記事

コメント

さんま食べ  秋の訪れ  感じたり

リンリンと  泣き声競う  籠の中

十五夜が 観れると良いな~ 秋の空

名月は 雲に覆われ 薄化粧

錦織さん 全国の子らに  夢与え

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK・BSの月組「PUCK」を観て。:

« ’75年のベルバラを観ました。 | トップページ | 「土方歳三 最期の一日」を観ました »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

  • Cimg0556
無料ブログはココログ