« 星組・台湾公演の事 | トップページ | 星組の台湾公演初日の様子より »

2013年4月 8日 (月)

WOWOWの「レディ・ジョーカー」6話を観ました。

WOWOWの「レディ・ジョーカー」6話を観ました。

八代さん(山本耕史)回復して良かったですね~!…だけどいくらスクープにしたいからって命を狙われる様な事をするなんて!って秘書(矢田亜希子)の人にも言われて居ましたね~!

八代さんが調べている事を聞くと~岡田経友会の田丸さん(中村嘉津緒)とか、民自党の酒田代議士(大和田伸也)とも関わっているようで観る側としてはさらに複雑に感じますね~!

すごい資料らしいが、デスクの田辺さん(小市慢太郎)からは立件出来ないだろう見たいな口ぶりだったが、特捜検事の加納さん(石黒賢)は、「この資料は決して無駄にしない…佐野さん(松尾論)の為にも」と心強い言葉を貰って居たが…八代さんスクープ記事を書く事が出来るのか?

八代さんとしては、もしフリーライターの佐野さんの身に何かあったら自分の所為だと責任を感じていて、佐野さんの身も心配ですね!

それにしてもこのドラマ、余りにも多くの人が関わって居て驚きですが、自殺した杉原さんと城山社長(柴田恭平)の妹が親密に繋がって居たとか~いったいこのドラマは、何処まで複雑なんだろ~と思いながら観ましたが~

そんな中、警察は日之出と毎日の犯人の一部がダブって居ると睨んで居て、城山社長にその事を説明した上で、日之出とのやり取りの音声を提出するようお願いしていた…これでやっと手掛かりの第一歩に進むのかと思ったのですが…

半田(豊原功補)の直属の上司である三好課長が焼身自殺してしまって~犯人の半田はこれで警察が任意で調べようとして居た芽が断たれた~と喜んで居て、ひどい男だと!と思いましたね~!

城山社長が犯人とのやり取りの音声を提出した事で合田さん(上川隆也)は、半田を追う一歩になるか一途の望みを掛けたようだったが、お通夜の席で警部補(津田寛治)を問い詰めれば、事情聴取は無いとか~、怒り心頭の様子だった!

合田さん(上川隆也)は警察をやめても半田の後を追って居て、犯人逮捕に対する執念を感じました!

合田さんは三好さん(中村育二)がどれだけ上から陰湿の圧力が掛ったのか、組織の中で押しつぶされた~とつぶやいていたが、警察の組織にはほとほと嫌気を感じて居る様だった。

もう警察に任せてはおけないと意を決したのか…合田さんは今までレディジョーカーが脅して来た文章と同じ形式で定規でオマエが日之出を脅した。オマエが三好さんを殺したという文章を書いて居た…合田さんはあの定規で書いた文章を半田に送り付けるのだろうか?

誰もが思っても居なかった行動にびっくりですが、でももしそうなら、今まで胸の中に仕えて居た気持ちが一気に晴れるのでは?と思えました。

普通ハラハラドキドキしながらも少し筒解明されて行くなら面白いと思うが、今までを観ると、毎回解明されるどころか、どんどん事件は拡大し、複雑になって行くばかりで鬱憤が溜まった。

次回は意外な展開になりそうで、楽しみです!

おれがレディジョーカーだと名乗り出るのはきっと最後になるんでしょうね~!

どっちみち一人捕まれば芋づる式に捕まる事は間違いないだろうし、

しかしこのドラマ警察に対しての批判ドラマの様で驚きました…犯人が警察内部から出るなんて~誰もが望まないとは思うが、特に警察は自分達の事になるとそんなに隠すのかと…。ドラマとは言え警察内部ってこんななの?と嫌な部分を見た感じがしました。

« 星組・台湾公演の事 | トップページ | 星組の台湾公演初日の様子より »

WOWOW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WOWOWの「レディ・ジョーカー」6話を観ました。:

« 星組・台湾公演の事 | トップページ | 星組の台湾公演初日の様子より »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ