« 宝塚プルミェールに凰稀さんと朝夏さん | トップページ | 霧矢大夢さんのディナー・ショーを観て。 »

2013年5月 2日 (木)

「新選組!」スペシャルDVDより

「新選組!」スペシャルDVDに何回かに分けて座談会の様子が入って居ました。

座談会では三谷さんがそれぞれの役者さんの特徴を知って居て脚本を書いてる事や、芹澤鴨の話しや、鈴木京香さんの事など色々聞けて面白かったです!

あの撮影がオールアップした頃の話しですが、山本さんは佐藤浩市さんと連絡を取り合って居ると話して居ましたが、現場は上手く行ってる?とかすごく心配して下さっていたようです。

山南さんは、切腹した後、お電話をもらったそうで、「お疲れさまでした。ごめんね行けなくて…」とするとどういう訳かこうじくんが「男の話しは良い!」と話しを遮ったのです。
香取君などは「良いじゃないか~!」と言ってましたが、

藤原君は「役なんですよね、もう」と、確かにこうじくんはまだ山南さんに対して役をひきずって居たのかもしれないと思いましたね。

女優さんがいらっしゃると結構みな華やぎますよね~と言う話から、「山本さんて一番絡んでる人多いじゃないですか。役とくですよね。」と言われ

山本さんは「多い様で多くないけどと…やっぱ一番盛り上がったのは、京香さんだったね!」
そしてあの時の映像が流れて「女なら誰でも自分を好きになると思うて居らっしゃるやろ!頭冷やしといで~!」と、うちわで肩を叩かれていた。何だか持てる山本さんを知ってての三谷さんの脚本か!と思いましたね(*^_^*)

山本さんは「全員のストライクゾーンに嵌ったって感じやね~!」とか、京香さんがスタジオに入って瞬間の全員のあの盛り上がり方が、ザ・スタッフも含め、すごかったらしく…

この時、藤原さんが「はいボクチョコレートもらってますから~」の言葉に、「まさか個人で貰った訳じゃないでしょう?」とか、「何で~?」とか「可笑しくない?」とか(*^_^*)
ぐっさんは、「それあれでしょう。メイクの所に置いてあった皆さんにとか言う奴でしょう。」とか~

すると藤原さんは、今日バレンタインだから~と言って貰ったそうでした。
「偶々たつや君しか絡みが無かったとか~」他には誰も貰って居ないそうで、ぐっさん「ほんまに悔しそうでした!」(*^_^*)

みなさん個人で貰った事を認めたくなかったようです(*^_^*) 
耕史君はどう思ったのだろう? 今さらですが気になりました。

この時耳元で「上げる!」とか映像が流れて居ましたが…意味深な言葉でした。

DVDの特典メニューに、一時間近くも座談会の様子が入って居るので、今さらですが、この続きをまだまだ載せたいと思います。

ずっと先になりそうですが「おのれナポレオン」のDVDも発売されるとか、WOWOWでも放送があるとか、やっぱり色々話題の舞台だから違いますね!…嬉しいですヽ(^o^)丿

« 宝塚プルミェールに凰稀さんと朝夏さん | トップページ | 霧矢大夢さんのディナー・ショーを観て。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

香里さんコメント有難うございます。昔からの事良くご存じで居らっしゃるのですね。
当時は人気の無い大河だったのかは良く判りませんが、三谷さんは10年後にここに出演された人達がTVや舞台で第一人者と成られる事を見据えて書かれて居ますね。だからこそ今もこうして人気があるのだと思います。
山本さんは多分近藤勇に恋をして~それがオフにもリンクしたのではないでしょうか?良くあることだと思います。役はどうでも良かったの発言には驚きましたが、そう言いながらもちゃんとやってのけて居ますよね。ま~こんな事は余り大ぴらにする事ではないと思いますが、何かに夢中に成る事は良い事ではないかと思いますよ!
色々な過去があるでしょうけどそう言う事には目をつぶって、現在の山本さんを応援して行きたいと思います。いろいろ有難うございましたm(__)m

失礼しました。
記事のタイトルは「土方歳三、かく語りき」でした。
「土方歳三とおれ」はNHKで放送された番組名でした。
お詫びして訂正させて戴きます。

はじめまして。ツイッターから伺いました。
余計なお世話ですが、山本さんと香取さんのこと、山本耕史と云う人の人間性がよく現われている「土方歳三とおれ」と云う記事があります。
「組!」がそれまでの大河ドラマとは異色過ぎるということ、若手の一般的には無名(当時は)の舞台俳優を多くキャスティングしていること、
何よりもジャニーズの香取慎吾が主役と云う事で昨年の「平清盛」以上のバッシングを受けていた事(その分、熱烈なファンが着き、低視聴率ながら大河ドラマ史上初の完全版DVDが発売されました♪)を念頭にいれて読んで戴くと新たな想いもあると思います。そして山本さんと香取さんの仲が単なる共演者でないことも分かって戴けると思います。
ちなみに、藤原クンのチョコ騒動(?)について、山本さんは京香さんにアタックしろよ、と藤原さんをそそのかしています。年末の放送ではその部分も放送されたのですが、DVD化にあたってはカットされてました(笑)
以下が前述の記事です。最初の「香取慎吾とぼく」から読んで下さいね。
掲載されているのは糸井重里さんの「ほぼ日」です。
http://www.1101.com/2004_TV_taiga_extra/index.html


長々と失礼しました。
でも、山本さんと香取くんの稀有な仲を知ってほしくて・・・

maruさんご指摘有難うございました。ほんとだ気が付きませんで、ほんとに失礼いたしました。今後は気を付けますね。ほんとに新選組!を愛して居られるお気持ちを感じました感謝ですm(__)m
又違って居たら教えて下さいね。これからもよろしくお願い致します(^.^)/~~~

初めまして

モーツアルトのころより訪問させていただいている山本さんファンです。
山本さんについて書いてくださってとてもうれしいのですが、一つだけとても違和感があることがあります。
いのさんは『新撰組!』を使ってらっしゃいますが、
山本さんが出演されていたドラマは『新選組!』です。
どちらを使ってもよいようですが、三谷さんへの敬意をこめて『新選組!』を使っていただきたいとお願いに来ました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「新選組!」スペシャルDVDより:

« 宝塚プルミェールに凰稀さんと朝夏さん | トップページ | 霧矢大夢さんのディナー・ショーを観て。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ