« 月組「ルパン」ナウオンを観ました | トップページ | '91年花組「ヴェネチアの紋章」を観ました。 »

2013年7月24日 (水)

NHKの「激流」を観て

貴子が捕まって、案の定警察ではどうにもならないほど犯人に仕立て上げられてしまって居て、ハギコウは美弥に強く頼まれて居た事もあったのだろう…貴子を侮辱する上司の言葉が許せなくて~取っ組み合いの喧嘩をしてしまって~挙句の果てに謹慎処分にされて…あの警察内部の様子を見て居ると、警察の内部ってあんなもんかな~と思える。

自分なりに頑張っているハギコウの状況など知る由もない美弥は、あれほど頼んだのに~と一方的に責め立てて居て、でもサバは貴子を犯人と思いたくは無いが、正当防衛と言う事もありうるから、個人を責めるよりも、優秀な弁護士を頼んだ方が良いのでは~とさすが男らしい冷静沈着な言葉だった!

そんな時にサンクマは貴子の奥さんに呼び出されて、行って見ればそこには旦那の姿は無く、何と貴子の旦那が出頭?ってびっくりしましたね~!あのIT企業の社長を殺した犯人が貴子の旦那さんだったとは~何もかも知ってた?そうだったのか~!って感じでした。

サンクマも美弥も貴子が釈放された時、暖かく接してくれて、親として花ちゃんを護る様元気づけてくれたり、思いやりが暖かくて~さすが同級生を感じた。

車いすに乗せられてる旭村と言う人は、半身不随で言葉も話せない様ですが、その車いすを押す毛利先生とあの旭村と言う人の間には何があったのだろう?

美弥はNKミュージックの人から行方不明の“なおみ”の事で情報を貰いネットで調べて居たが、冬葉の消息と関係があるのだろうか?

サンクマは、サバと二人になった時、さすがに美弥に気を使ったり、これからあの家族がどうやって生きて行くのか等‥まだ始まったばかりだと~気が重いらしく、サバに本音を漏らして居たが、強がりを言いながらも、本心はサバに甘えたい気持ちがあったのだろう…サバに抱き寄せられて安堵感の表情…それでも甘えず帰ろうとするサンクマ…強引に引き止めない所がサバらしくて素的な役どころ!

しかしサバが家へもどり冬葉の事で再びサンクマに電話をして居る時…事件は起こった!ドラマの最後にサバがあのストーカーの瑠美に刺されるとは!(゚ロ゚;)ガーン

もう2度と貴方の前には現れないから~と言ったのに~ストーカーって怖い!サバは人の事など心配して居るどころでは無かったのに~

しかしあの瑠美と言う女性は、20年前の同級生の一人なのだろうか?

サバがサンクマに言おうとして居た冬葉の事って何なのだろう?

でもサンクマに電話中だったから、直ぐに入院できたのだろう。これから先多分サンクマは毎日サバの看病に通い誠心誠意尽くすのだろうな~そして愛が芽生えるヽ(^o^)丿こうならなくてはね~

今回は本当に5人の間に激震が走った回だったけど、これだけ悪い事が起こった後は、良い方向に向かうしかないだろう。

きっと貴子の旦那様も正当防衛とか何とかで執行猶予つきで釈放されるのではないだろうか?そして家族3人で又一緒に生活出来、サンクマとサバは結婚し、美弥は音楽関係の会社を辞め、ハギコウと一緒にパンやさんを開くとか、そして冬葉も母親の元に帰って来て~こんな風に先を予想・妄想しています(*^_^*)

配役はこちら

« 月組「ルパン」ナウオンを観ました | トップページ | '91年花組「ヴェネチアの紋章」を観ました。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKの「激流」を観て:

« 月組「ルパン」ナウオンを観ました | トップページ | '91年花組「ヴェネチアの紋章」を観ました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ