« WOWOW「宝塚プルミェール」ルパンより | トップページ | 100周年記念行事より »

2013年7月31日 (水)

NHKの「激流」6話…真実の光明を観て。

NHKの「激流」6話、真実の光明を観ました。

サバはどうなる?の気持ちで観た今回…サンクマの早い機転と、搬送で、何とか一命を取り留めた様で良かった!

手術は上手く行ったようだが、酸素吸入をし、意識の無いサバを観てサンクマは、この人が自分にとって、もう掛け替えのない存在になっている事に気づく。

意識の無い山本さん…眠る様な美しいお顔だった…何でも幅広くやる人だが、病人までこうも似合うとは!

しかし病室に掛けつけた元妻からは「後はこちらでやりますからお帰り下さい」とか、悔しい思いをして居たサンクマ、ハギコーの誘いも断り、一人自宅への帰り道泣いていたようだ。

離婚した家族が突然しゃしゃり出て来るのも不自然だな~。

サンクマはサバと再会してから1ヶ月半、サバは優しかったのに、自分はサバに何があったのかなど全く気が付きもしなかった!と反省して居た。

意識を取り戻したと聞いて駆けつけるサンクマに元妻は「彼は唯の雑魚!」とかひどい言葉を浴びせて~挙句の果てに~貴方も余り関わりを持たない方が良い~とまで言われて~さすがのサンクマも怒り心頭で反論して居た。

みんなでサバのうわ言を話し合い、すこしづつ解明されて行く。サンクマは毛利先生に直接会って疑問を投げかけた…でも毛利先生は冬葉が生きている事を否定した。

そして先生は「どうして20年ぶりにこの学校に戻って来たのか?」と言うハギコーの質問にも答えなかった。

しかし冬葉の母親を訪ねて来た男の事を「あなた~」と呼んでいたが、あの男の人とはどう言う関係なのだろう?

病室でサバを見舞ったサンクマは、サバに命の恩人だと言われて「ひどい男だよサバは、私の初恋をめちゃめちゃにした」と初めて自分の気持ちを明かして居た。でも直ぐに「頑張ってよ~!サバは私達の誇りだったんだから~」と続ける…この言葉にはこれからも付き合っていきたい気持ちや期待が篭められていたと思う。でも「ごめんな!」以上嬉しい言葉は聞けない…そんな所が物足りないのだろう!もどかしそうだった!

みんなで蓼科へ向かい旭村先生に会う。そして毛利先生のもう話しても良い?あの事!って何?

誰もが怪訝な表情…でも毛利先生は「あなたに聞いてからじゃないと話せない」と言う。
そうしないと何も終わらないし、貴方の病気も治らない」って一体何があってどう言う意味なのか?

あの旭村先生の異常な行動にみんな戸惑いながら、先生の当時の様子から話す言葉に耳を傾けていたが、「旭村先生がこんな事になったのも冬葉の事も全部あの人の所為なのよ」って…あの人って誰?

それ以上は聞けずに療養所を後にするみんな…一言もしゃべらず、でもみんな冬葉は何処に居るんだろうと考えて居た様だ。
サバは病院でもう立ち上って居た…20年前立派な大人だと思っていた旭村先生や毛利先生・それから冬葉のお母さんの間に一体何があったのだろう?とサバは旭村先生に会わなくても、その事に気づいて居たようだ。

それにしてもあの花と言う女の子、大人以上に自分の置かれて居る立場を理解して居て驚きました!

予告では…実は僕は冬葉から打ち明けられていた事がある…それは旭村先生か?
そしてその冬葉の悩みをみんなに話す事無く、亡くなったのは旭村先生か?

次回の「悪女の告白」が早く見たい!

山本さんが出演してるから観始めたドラマだったが、見始めたら不可解な事を早く知りたいと言う心理状態に駆られてどんどん観たくなる。

音楽もこのサスペンスドラマを一層激流へと引き込むストーリーにすごく良く合っていた。

次回の「悪女の告白」…あの女とは?…ここまでくれば分かったが、あの不可解なメールはやっぱり…冬葉を誰よりも可愛がっていたあの女の仕業だったのだろう!

« WOWOW「宝塚プルミェール」ルパンより | トップページ | 100周年記念行事より »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

お~dkさんこんばんわ。dkさんも最近はすっかりのめり込んでいらっしゃるようですね(*^_^*)
私のブログ記事、ちょっと分かりにくい書き方になってしまってでごめんなさい。
私はあの女と言うのは、冬葉のお母さんだと思っているのですが、でもあのメールは毛利先生ではないかと…と言うのは、以前船で来るとき目の前に携帯が置いてあって、その後すぐに5人の一人にメールがありましたよね。
それに「冬葉の事忘れて居た罰」と言って居たり…そんな理由から不可解なメールは毛利先生かなと思ったのですが、でもどうして毛利先生が冬葉の携帯を持っているのかが分からなくて(>_<)

サバ君とサンクマは最後に結ばれるか?結ばれれば良いですよねヽ(^o^)丿
でもそこまで行かなくても未来を想像出来るようなシーンで終わったりもありかなと。
そうじゃなければ暗い所ばかり見て良い所全然見れないですものね。

今夜は「ぴんとこな」ですね。このドラマは若手3人が主演なので余り熱が入らないのですが、でも歌舞伎の世界の舞台裏が覗き見出来るのが楽しいし、山本さんが出演して居るので、絶対に見逃せません(*^_^*)
山本さんの浴衣姿が素的ですし、いつか歌舞伎役者として舞台に立つ所が見れればと~楽しみにして居ます。
いつもお喋りたのしいです。ありがとうね~(^.^)/~~~

物語も佳境に入ってきましたね。
あの女って いのさんは音楽教師とお思いですか?私はなんだか冬葉のお母さんが怪しくなってきました。
鯖くんとさんくまはむすばれるのだろうかとか それぞれの同級生の今後が気になります。来週が楽しみですね。
今夜は TBSだったか9時から ぴんとこな って番組がありますが 山本さんが歌舞伎役者役で出演 これがまたいいんですよ~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKの「激流」6話…真実の光明を観て。:

« WOWOW「宝塚プルミェール」ルパンより | トップページ | 100周年記念行事より »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ