« 第4回「激流」は推理が面白くなってきました。 | トップページ | 宝塚パリ祭色々 »

2013年7月19日 (金)

TBS「ぴんとこな」観ました。

歌舞伎の名門・木嶋屋の御曹司の恭之助役も、歌舞伎とは無縁の養成所育ちの澤山一弥役も、もちろん千葉あやめ役も3人とも全く知らない人達だし、余りこう言う若手には興味を感じない人達ばかりでどうしようと思ったが、今回も山本耕史さんが出演すると言うので観て見ました。

木嶋屋の御曹司・恭之助は御曹司と言うだけで全くやる気なしの人…澤山一弥はその逆で~、家柄も何もないが人一倍努力家で、意欲に燃えて居て、その二人のライバルが中山あやめの取り合いで、さらにやる気満々になったり~華やかな歌舞伎の裏で繰り広げられる若手ライバル意識むき出しの世界が面白かったですわ~!

それでも世間では恭之助の姿を見るや、女の子たちは誰もが舞い上がる中で、一人だけその恭之助が演じた鏡獅子に文句を付けた人が中山あやめと言う女の子…所が恭之助はその女の子をどんどん好きになって行ったようです。

そのあやめには幼い頃から心密かに想う人が居て、それが澤山一弥(ひろき)だったんですね~!と言う事はまさに3角関係です。

舞台で『仮名手本忠臣蔵・道行旅路の花聟』で「おかるとかんぺい」を演じる事になった時、恭之助の相手役の完二郎がぎっくり腰になってしまって、その代役を澤山一弥が自ら名乗り出て、前例が無い事だけど~とさせるのですが、二人とも拍手喝さいをあびてましたね~!

しかし舞台を一歩引っ込めば、今度は一弥が「今まで舞台の真中に立つまでは~と我慢してきたけれど~」と打ち明ける中山との付き合い、さ~これから3角関係はどうなって行くのでしょう!

歌舞伎役者の御曹司と言われる方と言うのは、どんなに役者などやりたくないと思っても生まれながらにして人生の道が決められていて可哀そうに思う。

河村 世左衛門(岸谷五郎)…名門の家柄らしい厳格な父親像…良く表現できていましたね。今回も父親が厳しく意見していたが、代々同じ道を辿る様な事を仰って居た。

大岩 松吉(高嶋政宏)…怖い存在の鬼師匠さんでした。

佐賀田 完二郎(山本耕史)…口は悪いが結構後輩想いのお兄さん弟子で、若手で随一の安定感を持ち、上層部の信頼も厚い。チャランポランで派手な遊び人という表の顔の裏にある、大きな人間愛が彼の持ち味…山本さんにぴったりです!

もう少し山本さんの出があると良いんだけど…まぁまぁ面白かったです。

相関図はこちら

« 第4回「激流」は推理が面白くなってきました。 | トップページ | 宝塚パリ祭色々 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TBS「ぴんとこな」観ました。:

« 第4回「激流」は推理が面白くなってきました。 | トップページ | 宝塚パリ祭色々 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ