« 「激流」7話を観て | トップページ | 「ぴんとこな」4話に出演の山本耕史さん »

2013年8月 8日 (木)

雪組「ベルサイユのばら-フェルゼン編」一幕のみ、DVDより

今日雪組「ベルサイユのばら-フェルゼン編」の一幕だけ観ました。

先ず99期初舞台生の口上から始まりましたが、初々しい舞台でいつもながらの緊張感を感じますね!



べるばらのプロローグはいつもながら♪ごらんなさい ごらんなさいの豪華絢爛な舞台で始まりますが、フランスのブルボン王朝全盛期の王宮貴族達のお衣装はさすがに豪華で目を見張りますし、男役さんの軍服姿が素的でしたね~!




プロローグで♪愛の面影の曲を踊る男役メンバーが超豪華で、お芝居もフェルゼン(壮一帆)を初め、アントワネットの愛加さん・オスカルのちぎちゃん(早霧せいな)・アンドレのまっつさん(未涼亜希)ジュローデルのともみん(夢乃聖夏)と、皆さんほんとに上手い方ばかりで文句の付けようが無かったですが、重要な場面では専科さん達の演技が光って居ますし、素晴らしい舞台でした!




胸キュンの場面は何度かありましたが、オスカルとフェルゼンのやり取りのちぎちゃん、上手かったですね~!…ともすると上ずってしまいそうなセリフを実感が籠って居て良かったし、まっつさんの♪心の人オスカルも良かった!



心に残る重要なシーンは、メルシー伯爵がフェルゼン伯爵を説得するシーン…ここはやっぱり汝鳥伶さんの演技が光ってましたね!



この後の♪アンドトロアも良かった!



大湖せしるさんがすっかり女役で綺麗ですね~!



王妃とフェルゼンの初めての出会いのシーンが別れのシーンとは驚きでしたが、



フェルゼンとオスカルの別れのシーン…君はもしかして~の場面もオスカルの辛さを感じたり、



ジュローデルにそんな目でオスカルが守れるのかと言われた時のアンドレ…オスカルにだけは知られたくない気持ちが伝わってきて、哀れなアンドレでしたね~!


一幕の最後に王様がお出ましの王宮でのシーンで、フェルゼンが様々な愛の形がある事を教えられたと言う全てのセリフがどれも素的でしたね~!



「私を慕ってくれたその人は白薔薇の様な女性でした!私が命を掛けて愛した人は紅薔薇の様なお方でした!」で唄いはじめる壮さんの♪愛の面影は、上手さだけでなく感情が籠って素的でした!



この他DVDには、役替わりのダイジェストが入っていて、柚希礼音さんのアンドレと凰稀かなめさんのオスカル、



そして龍真咲さんのアンドレと早霧せいなさんのオスカル・さらに早霧さんのベルナール等が観れましたが、長身だから余りに合わないかと思っていた凰稀さんのオスカルが意外と素的でしたね~!



サイトに良く来て下さる管理人さんのサイトに、凰稀さんが素的だったと書いてあったので、じっくり拝見させて貰いましたが、ブロンドの髪が良く似合って、ほんとに品もあり、凛々しくて~可愛くて~素的なオスカルさまでした




礼音君も男っぽくて中々良かったし、フィナーレのデュェットも素的でした!

「ベルサイユのばらーフェルゼン編ー」2幕からの感想は…こちら

« 「激流」7話を観て | トップページ | 「ぴんとこな」4話に出演の山本耕史さん »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

瑞垣さんおはようございます。

サイトにお邪魔させて頂いた時にテルさんの事書いてあったので、今回よ~く観て見ました。長身だからどうかなと思っていましたが、凛々しくて女らしい一面を感じたりで、すごく素的でしたわ!
来年もチケット争奪戦なの?100周年だし劇団にとってはホクホクでしょうね!
まさおくんは同じで良かったわ!(*^_^*)
いつもお気遣いありがとうね!
では又ね(^.^)/~~~

いのさま、おはようございます!
てるさんのオスカル、良いですよね~
このお方のオスカルを大劇だけの特出にするのは、勿体ないと思っていました。
ベルばらのチケット、来年もまた争奪戦になりそうですよね(*^_^*)
まさおくんは、どちらかというと私もオスカルの方が合っていると思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪組「ベルサイユのばら-フェルゼン編」一幕のみ、DVDより:

« 「激流」7話を観て | トップページ | 「ぴんとこな」4話に出演の山本耕史さん »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

  • Cimg0556
無料ブログはココログ