« 雪組「若き日の~」全ツ初日の様子 | トップページ | 月組「エリザベート」ACT2 »

2013年8月30日 (金)

久しぶりに月組「エリザベート」を観て。

今日久しぶりに2005年の月組「エリザベートを観ました…兎に角3時間半もかかる舞台なので、取りあえず、ACT1だけ観たのですが…

 

この公演は、忘れようにも忘れられない舞台で、私のファン絶頂期、それもずっと男役をやってきた麻子さんがタイトルロールのエリザベートをやると言うので、それはそれはファンとしても期待と不安とが入り混じった複雑な気持ちで観ましたが、最初の頃は驚きとドキドキ感で観た舞台でした!

 

扉が開いて瀬奈シシィが現れた時、想像もして居なかった可愛さにびっくりで、歌もいままでの瀬奈さんの歌と比べるとセリフの様な歌もきちんと腹から声が出て居て、数段上手くなって居て驚きましたね~!ご本人もすごい努力されたんだろうけど、歌唱指導の楊先生も大変だったんだろうな~と思ったりしたものです。




低音の初風さんが意外と高い声が出て居たり、彩輝さんが以外と低音だったりして居て…




この舞台でびっくりしたのは、やっぱりあの♪私だけに~でした!


男役の麻子さんがあんなに高いソプラノが出るとは思っても居なくて、それはそれは素晴らしかった!唄い終わるとものすごい拍手で~何度、感極まった事か!




ウィーンのカフェのアンサンブルも良かったし、ミルクの場面の大合唱もミュージカルの醍醐味が味わえて大好きです!

 

 

 

シシィの部屋の前で♪扉を開けて~と唄うフランツに対して、どちらかを選んで~お母様か!私か!のシーンは芯の強さを覗かせて、男役の良い面が出て居ますね。



鏡の間から扉が開いて出て来た時の麻子さんの綺麗だった事!~唯私の人生は私のもの~と唄い終わった後の拍手がすごかった!



本当にこの舞台のエリザベートには、当時の私の心を鷲掴みされ、思い出に残って居ますが、今思うと懐かしさでいっぱいです!

ACT2へ続きます↓

月組「エリザベート」ACT2

 

 

 

 

 

 

« 雪組「若き日の~」全ツ初日の様子 | トップページ | 月組「エリザベート」ACT2 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに月組「エリザベート」を観て。:

« 雪組「若き日の~」全ツ初日の様子 | トップページ | 月組「エリザベート」ACT2 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ