« 花組「風と共に去りぬ」のDVDを観て。 | トップページ | 「ぴんとこな」の山本耕史さん »

2013年9月12日 (木)

月組「ルパン~」を観て来ました。

昨日「ルパンーARSENE LUPIN-」「Fantastic  Energy」観てきました。

主演の龍真咲さんは、お芝居では笑顔一つ見せず、男っぽさ全開で、カールをとりまく連中も、悪者一味も~台詞はもちろん全てが正塚ワールドの舞台でした!

何者かによって400万ポンド強奪と言う汚名を着せられたルパンが名誉挽回の為に動き出し、予想を着けて新しい雇い主だと言って騙して~すっかり騙される悪党どもが面白い!

しかし強奪事件はそれだけでは終わらず、結局ルパンをおびき出す為の罠だったようで、犯人は、自分がカーラに想いを寄せている事を知っている人間だと睨み、消去法で、その人物がカーラを取り巻く一人のドナルドである事を掴む。



カーラは取り巻きの一人がルパンと言う事は知らずに想いを寄せて居たり、ルパンも又身分は明かせなかったが同様の気持ちで居たり~でも甘い恋はお預けで~



ルパンはカーラに想いを寄せながらも彼女を守ろうと冷たく接し、カーラはそうとは知らず突き放されて切なそうだった!

ルパンは、何の為におびき出されたのか、ある情報からジャンヌダルクの名前聞いたことで推理して居た…代々ルパンの家にある書物には、現在のイギリスの世界戦略にも通じる情報が集められていて、過って諜報省に居たドナルドはそれを欲しかったらしい。



ルパンはそれなら直接言ってくれれば良かったのに~と言っていたが、それでは物語と成らない(*^_^*)

しかしこの物語かなりややこしかった!…と言うのは本当の親と思っていたレルヌ大公が自殺しその遺書には取り巻きの一人がアルセーヌ・ルパンで、カーラに取っては心強い支えに成るだろうと書かれていたが、実はカーラの本当の親は、レルヌ大公では無く英国国王近親のハリントン卿と聞かされる。

そのハリントン卿はオックスフォード公と結婚させようと考えて居て、さらにカーラに対し、オックスフォードの秘書は異常なほどに想いを寄せて居たり~とかなりややこしく、ルパンは誘拐されたカーラを取り戻したり、ガニマールにまで巻き込んで芝居をさせ自分が捕まらない様に~と手が混んで解決させて居た。



カーラは婚約したオックスフォードを嫌っていた事から、婚約解消と成り、ルパンは自らの全てをカーラに打ち明け晴れてハッピーエンドとなったアルセーヌルパンの物語でした。

物語はややこしかったけれど、死んだと思っていたルパンが思わぬ事件から呼び出され、思いもかけない結果が持たされて良い結果の最後となって良かった!良かった!


と言う事で、物語としてはとても一度観るだけでは全てを把握できず、自分は正塚先生の作品は好きな方であるが、今回は面白味に掛けた様な気がする。

ショー「Fantastic  Energy」は最初から最後までエネルギッシュなダンスで圧倒されましたが、今までにないほど振りが速く、リズミカルなダンスで、特に真中で踊るまさおくんのオーラはがすごくて、衣装だけでなく目がキラキラと輝いて居たり、歌もダンスも圧倒した実力で惹きつけて居たみっちゃん(北翔 海莉)の姿が光って居たり~みんなも負けじと切磋琢磨のダンスが観れて楽しかった!

今回が最後の舞台となる越乃さんも若い人に負けずとも劣らないダンスを魅せてくれて嬉しかった!

本当にあっという間に終わってしまった感が強く若い月組らしい舞台で驚きでした!

男役ではまさおくん他、みっちゃん(北翔 海莉)・凪七さん・美弥ちゃん・マギーさん(星条 海斗)・沙央さん・光月るうさん・珠城りょうさん・紫門ゆりあさんらが目立って居ました。

娘役さんではちゃぴさん(愛希 れいか)他、憧花さん・妃鳳こころさん等が目立って居ました。

お一人お一人については又別に書こうと思います。

« 花組「風と共に去りぬ」のDVDを観て。 | トップページ | 「ぴんとこな」の山本耕史さん »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月組「ルパン~」を観て来ました。:

« 花組「風と共に去りぬ」のDVDを観て。 | トップページ | 「ぴんとこな」の山本耕史さん »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

  • Cimg0556
無料ブログはココログ