« 「ヴォイツェク」のチケットが届いた。 | トップページ | 宙組「風と共に去りぬ」初日の映像を観ました。 »

2013年9月26日 (木)

2度目の「ルパン」観てきまし。

昨日2度目の「ルパン」観てきました…お芝居を観終わって先ず感じた事は、真咲さんもナウオンで仰って居た事ですが、ルパンの台詞の多さに驚きました!

お芝居では急にセリフが歌に変り、歌によりストーリーが説明されたりしましたが、良く使われる手法ではあると思いますが、今回のは特に歌と言うほどでも無かったり~で難しかった様です。

主題歌が良い曲で、憂いを秘めて唄う真咲さんが素的だったり、北翔さんが銀橋で唄う歌が感情が籠って素的でした!


真咲さんのルパンは黒いマントのビジュアルも素的でしたが、兎に角知恵と推理で事件を解決して行く姿や、カールへの想いを抑え、只管、彼女を守る事に専念し、最後まで笑顔を見せず推理した敵と闘う姿が男らしく素的で、正に正塚ワールドどっぷりの世界でした!

結局実の親が違って居た~とか、実はカーラの本当の親は、レルヌ大公では無く英国国王近親のハリントン卿で、そのハリントン卿はカーラとオックスフォードの婚約を望んで居たとか~複雑でしたが、その婚約劇も、物語を深く面白くするためのもので、軸は400万ドルの行方事件によって呼び出されたルパンが、自分の推理で全てを解決して行くと言う~物語の様でしたね。

結局ルパンは、事件解決後も、自分が犯罪者だから~とカールへの想いを諦めて居た様で、最後の最後にやっとその不安から解放され、キスも交わさず二人で抱き合い流れて行く二人に最後の恋を感じました!

ショーは、最初から最後まで激しいダンスで、次々と色んなフォーメーションで、今ベテランが出て居たと思ったら、次は若手が中心になったり、誰が何処に居るのか観るのが忙しかったですが、主要メンバーが次々とセンターで使われて、活躍の姿が観れたりで色んな意味で切磋琢磨できて居た様に思います。

ショーでは真咲さんのキラキラと華やかさに惹きつけられ~北翔さんの歌の上手さにも惹きつけられ~、ちゃぴさんの可愛さに惹きつけられたり、リズミカルでエネルギッシュで月組の若さとパワーに唯々圧倒され観入っていました。

自分が好きなシーンは真咲さんが銀色のスパンコールのお衣装で、みんなが赤と黄色のお衣装で踊る第8場で、ほとんど音楽が入らずビートの利いたリズムだけで踊るダンスが素的で、振りも変わって居て素的でしたね~!

ラストに階段上でV字の列に上から降りて来る男役黒燕尾のダンスが素的で、ゾクゾクしながら観入りましたが、真咲さんのため息とも取れる掛け声が素的だったり、男役全員の掛け声に迫力を感じたり~やっぱり男役の黒燕尾のダンスは何処を取っても素的でした!

そしてブルーのお衣装で踊る真咲さんとチャピさんのデュェットも手を繋ぎそうで離れる~とか真咲さんの優しさ、ちゃぴさんの甘える表情が素的でした!

印象に残ったのは、光月るうさんのフィナール親分の貫録・星条海斗さんのガニマールの面白さ!憧花ゆりのさんの貫録!

ショーではカチャさん(凪七瑠海)のダンス・みっちゃん(北翔海莉)の癒し声・そして若手では珠城りょうさん・煌月爽矢さん・宇月颯さん・紫門ゆりあさん・鳳月杏さんらが目立って居ました。

シリアスなお芝居の後には、熱いショーの2本立て!…やっぱり宝塚って良いですね~!

« 「ヴォイツェク」のチケットが届いた。 | トップページ | 宙組「風と共に去りぬ」初日の映像を観ました。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2度目の「ルパン」観てきまし。:

« 「ヴォイツェク」のチケットが届いた。 | トップページ | 宙組「風と共に去りぬ」初日の映像を観ました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ