« 雪組「GOLD SPARK!」サヨナラショー付きを観ました。 | トップページ | NHK・BSのメモリーズは早くも雪組のべるばらでした。 »

2014年1月 3日 (金)

「影武者 徳川家康」を観て、

皆さんはお正月はどんなドラマをご覧になりましたか?本当に観たい番組が沢山あって困りましたね!


沢山のドラマがひしめいている中、私は2日の夜の5時間ドラマ新春ワイド時代劇「影武者・徳川家康」を観ました…正直言って山本耕史君が出演する番組なので、5時間と言う長時間を録画して観る事にしました。

山本さんの役は徳川秀忠…影武者である家康に対抗し、柳生宗矩を使っての野望がすごかった!




しかし良いお顔してても目的を果たすまでは、非情なまでの冷酷さ!悪役なれど大納言としての品格はさすが!どんな扮装も良くお似合いでしたよ!


関ヶ原の戦いで、家康が倒れた後、徳川家康の影武者にされてしまった世良田二郎三郎は、何度もこれ以上続けるのは無理だと言いながらも、周囲や家康の妃たちからも人柄を買われ、特にお梶の方からは人望が熱く最後まで協力を受けて、影武者としての人生を全うされた様子が描かれて居ましたが…



驚いたのは最初は突然家康様に仕立て上げられ、どぎまぎしていた影武者が、左近を軍師に迎え、次々と難局を乗り越え、誰もが自由に安心して暮らせる世を作ろうと言う大志を抱き~生への執着と共に、弱い立場の人を助けたい気持ちが感じられて~西田敏行さんにぴったりの影武者ぶりで非情な戦国時代を描きながらも暖かさが感じられるドラマで見応えがありました。

第一部は影武者・家康の人柄を表すのに結構時間が費やされて居た様で、その反面一部の秀忠は、徳川家康の影武者に対抗する役の割には出番が少ない様に感じてしまいました。

2部は戦いのシーンが多く目をそむけたかった!

山本さんの演技はナチュラルに憎々しさを表現していて驚きました!最後は娘の千姫の言葉にも耳を貸さず一人で悪役を背負って居た。

千姫と秀頼は引き離され~戦国の世のつらいシーンであった。

征夷大将軍の地位に着かれてからも邪魔者は生かしておけぬ~の情報を知った影武者!

まさか最後に影武者に鉄砲で責められるとは!約束しても護らない秀忠は柳生宗矩にまで怒鳴られて~それでも懲りずに頼宣や頼伏をいつか~生かしてはおけぬと思って居る枕元に、今度は風魔の頭領が現れて~悪役でもこれだけ多くの俳優陣が出演する中での重要な役であるから嬉しい!

名優たちに交じって~良い役ばかりでなく、悪役もここまで演じられる山本さん!又1つ新しい引き出しを増やして、時代劇での魅力をたっぷり魅せてくれて大大満足でした!ヽ(^o^)丿

« 雪組「GOLD SPARK!」サヨナラショー付きを観ました。 | トップページ | NHK・BSのメモリーズは早くも雪組のべるばらでした。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「影武者 徳川家康」を観て、:

« 雪組「GOLD SPARK!」サヨナラショー付きを観ました。 | トップページ | NHK・BSのメモリーズは早くも雪組のべるばらでした。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ