« 宝塚組と嵐との対決は | トップページ | 『半沢直樹』続編は10月から! »

2014年2月28日 (金)

メモリーズ宝塚より「黒い瞳」を観て

NHKのメモリーズ宝塚より、月組「黒い瞳」を観ました…ロシアの文豪プーシキン原作「大尉の娘」より18世紀の帝政ロシア時代に実際に起きたプガチョフの反乱を背景に描かれた作品で、曲もダンスもロシアの雰囲気たっぷりに感じる柴田先生脚本演出の舞台!

 

 

 

地方貴族・陸軍少尉のニコライ(真琴つばさ)とコザックの娘マーシャ(風花舞)の身分と民族を超えた純粋な恋に涙を誘われます!

 

さらに皇帝の地位を狙うプガチョフとも、助けられたり、助けたりの男の友情を感じる不思議な縁で~そりの場面は、お互いの気持ちをぶつけながら~良い場面でした!

 

雪のシーンやコザックの踊りなどもロシヤらしい曲とダンスがすばらしい!

 

ニコライの真琴つばささんは、青年将校らしい誠実さ、マーシャに対する優しさを感じて素晴らしかった!

 

 

 

マーシャの風花舞さんは清純さ・ニコライを信頼し、愛する気持ちが伝わって来てジーンと来ました!また素晴らしいダンスもたっぷり魅せて貰えて良かった!

 

豪快なプガチョフを演じた紫吹さんも男の中の男を演じて素晴らしかった!

 

 

 

エカテリーナ2世の千鉱れいかさんは若いのに高貴な印象で貫録でした!

 

 

 

以前雪組さんで観た時の感想も書いて居ますので、良かったら見てね…こちら

 

昨夜は嵐とのゲームでマミさん・リカさん・あひちゃんが出演されて居ましたが、この舞台にも出演されてて随分と懐かしい舞台でした。

 

卒業されたきりやん・たにちゃん・ゆうひさんらも出演されてて懐かしかったです(*^_^*)

« 宝塚組と嵐との対決は | トップページ | 『半沢直樹』続編は10月から! »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント


七色の ライトを浴びて トップさん


ナイヤガラ 軽々背負い、トップさん


組替は 心も成長 友も増え

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メモリーズ宝塚より「黒い瞳」を観て:

« 宝塚組と嵐との対決は | トップページ | 『半沢直樹』続編は10月から! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ