« 「そんじょそこら商店街」を観て。 | トップページ | 蘭寿さん大劇場ラストデーより »

2014年3月16日 (日)

NHKの「アスリートの魂」“最高”に挑み続けて~を観て。

2010年バンクーバーオリンピックで銅メダルを獲得した高橋大輔さんが、さらにその後ソチオリンピックに挑戦するまでの記録です。

ナレーションは大好きな山本耕史さん…最初から最後迄を、ずっと山本さんの声に癒されながら、まるで映像の大輔君の心を映しているかのようなトーンで聞く事が出来、気持ちがそのままに伝わって来て~彼の自然なナレーションが嬉しかったですヽ(^o^)丿

山本さんいい仕事してるな~と思いました。

日本のフィギア界を牽引してきた高橋大輔さん、以前は4回転ジャンプを得意として居た高橋選手だったが、6年前右膝のじんたいを断裂して大けがを負い、半年に及ぶリハビリの後も、諦めずフォームを変えたりして挑んで来られたそうですが、さらにソチオリンピックの直前に再び同じ場所を負傷し、焦りの中でソチに臨んだ高橋大輔さんだったそうです。



高橋さんは多くの人の助けを借りてフィギアに挑んで来られたそうですが、その中でも母の様な存在の長光コーチには中学2年から指導を受け~食事面でも経済面でもお世話になったとか~

長光コーチは、「ソチは最後のオリンピックになるので、充実感を持って終わってくれれば~」と仰って居ましたが…



最悪の状態で、膝に溜まった水を抜いて臨んだ本番では、最初の4回転は失敗したけれど、その後のジャンプは全て成功させ、

最後のフリーのステップは、世界一と言われてからさらに上を目指し、両手を上に掲げこれまで支えてくれた人たちに想いを馳せて~最後は困難だった自らの道を表し~終わった時、会場は歓声と爆裂な拍手に包まれ~大輔君の笑顔が観れました。





最後は良い笑顔で長光コーチと抱き合い、感動のラストでした!やっと演技でお返しで来たと言う歓びを感じた事でしょう!

結果は6位でメダルは取れなかったけれどステップは最高の評価だったそうです。

高橋君はどんな困難に直面しても諦めなかった!


多くの人に支えられ高見をめざしたスケート人生で幸せだったと笑顔で語られて居ました。

本当に熱く、どこまでも忍耐強いアスリートの魂を感じましたヽ(^o^)丿

« 「そんじょそこら商店街」を観て。 | トップページ | 蘭寿さん大劇場ラストデーより »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKの「アスリートの魂」“最高”に挑み続けて~を観て。:

« 「そんじょそこら商店街」を観て。 | トップページ | 蘭寿さん大劇場ラストデーより »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ