« 「河野談話」検証について | トップページ | 「夜のせんせい」の大澤雄大君 »

2014年3月 2日 (日)

月組バウ「月雲の皇子」を観て

上田久美子先生作・演出のバウ・デビュー公演で、月組「月雲の皇子」-衣通姫伝説より-を観て…木梨軽皇子と衣通姫との哀しい愛!



衣通姫との禁じられた恋がきっかけで流刑となり、皇位継承のライバルだった兄弟皇子達が覇権を争う事となり、一時は憎しみ合う二人でしたが、最後は優しい兄が弟との覇権争いに敗れ~弟の腕に抱かれて息を引き取る時、幼い頃の兄弟愛を感じて、切なく涙を誘われました!

 

優しく美男の木梨軽皇子役の珠城 りょうさんは皇子姿が良く似合って~流刑されてからも優しい人柄からか人望厚く、大和の国へリベンジで人を集め~優しく誠実さを感じる役が珠城さんの人柄と重なってすごく素的でした!



国を護るに相応しい勇猛な弟、穴穂皇子役の鳳月 杏さんも豪快で上手かったですね~!


美しく静かで~内心は木梨軽皇子を愛しながらも、長い間、我慢強く電信の鷹を使って密通し、熱く燃える心を秘めていた衣通姫!耐え忍ぶ静かな愛を感じました!

 

 

正直3人とも何時の間にこんなに美しく逞しい生徒さんに成長したのかと~驚きで~国の覇権を掛けた戦いも真剣そのもので、珠城さんは木梨軽皇子が食料も無く、体力も落ちている様子を見せながらも、みんなの迫力と男らしいダンスが魅力に満ち溢れて素的でした!

 

 

珠城さんの最後のご挨拶も、思いがけなく夏美ようさんとご一緒出来た事、稽古場の雰囲気が良かったそうで、お客さんの暖かい拍手が嬉しかった事など、本当に嬉しそうに感謝のお気持ちが伺えました!そして又この作品を思い出して頂けたらと~最後は万歳を三唱し幕を閉じました。

主演の3人の演技が素晴らしく、とてもバウ作品とは思えない舞台で感心しました!

上田先生の演出もデビュー作品とは思えないほどで、カッコいいビジュアルが飛鳥時代をを思わせ~哀しい愛!兄弟愛!を描いた作品が素晴らしかったですヽ(^o^)丿

 

 

« 「河野談話」検証について | トップページ | 「夜のせんせい」の大澤雄大君 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月組バウ「月雲の皇子」を観て:

« 「河野談話」検証について | トップページ | 「夜のせんせい」の大澤雄大君 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ