« 月組・べるばら第2幕のお気に入りシーンは… | トップページ | 月組大劇場・花組トップコンビ特出のニュースより »

2014年3月30日 (日)

WOWOW・宝塚プルミェール」より

宝塚プルミェール」より…月組龍真咲さんと美弥るりかさんのトークより。

3本立てを聞かれて…真咲さんずっと出てるそうですが、初めて吸収できずに居る状況とか、3本とも新鮮で斬新な創りで拍子木の合図で照明が入るちょんぱで始まる「宝塚をどり」は、宝塚ならではの豪華絢爛な舞台!だそうです…大空祐飛さんのナレーションで今回が最後だそうです。



伝統の中にも革新的なシーンが織り込まれた日本物レビューだそうですが、100の文字の輪の中で踊る日本物のレビューが豪華ですね~!


見所の一つは龍真咲が舞う百十の王、獅子の場面…まさきさんは、着物も慣れて居ないし、鬘も付けてて、3重苦4重苦どころじゃないそうで、映像が流れて居ましたが、フィナーレは総勢116名で踊るスミレのボレロ!



二人ともあの人数でスミレのボレロを踊る事に付いて、初舞台生と月組生が一体となって春らしくて、自分も出ているけど、すごく感動するそうです!

ミュージカル「明日への指針」は20世紀初頭・センチューリー号の船上で起こる、ロマンス・事件・果ては幽霊騒動まで様々な出来事が織りなす物語。




「明日への指針」について、まさおくんは阪急電車で梅田から宝塚に着くわずかの間に、終わらせなければならないと言う石田先生のご苦労を聞いて居るそうで~大変そうです。

美弥ちゃんは35分の間にまさきさんとちゃぴさんの恋愛ストーリーも進みつつ、違う事件も解決しつつ、短い時間の中で話しが同時進行して行くそうで、でも最後は全てそれが決着が付するとか、二人とも通信士でもう一つの顔もあるとか。


通信士ルーカスを演じる美弥るりかさんはある事件を解決するキーパーソンの一人だそうです。



過去の出来事を胸に秘めた主人公ジャイクを演じる龍真咲さんは、ジャイクに付いて…表の顔と裏の顔とその中間にある顔と色々見せる役だそうで、短いストーリーの中にも宝塚的要素が含まれているそうで、肩にコートを掛けるシーンとか、男役さん的なポイントが沢山入って居ると美弥さんは仰って~大人と青年の表情が観れるとか、真咲さんは美弥ちゃんをイメージしてやってるんだそうです(*^_^*)

美弥ちゃん嬉しそうに大笑いして居ました。



「僕は最低の人間だ!」と言うまさきさんの台詞がありますが、この謎めいた台詞の意味は番組のラストに答えが隠されて居ると大空さんのナレーションで聞けました。

龍真咲(ジェイク)…一等航海士
愛希れいか(レイラ)…乗客で真珠商ドナルドの妻
憧花ゆりの(ドーラ社長)…映画会社の社長
星条海斗(セルゲィ監督)…ドーラの夫
琴音和葉(コレット)…乗客
沙央くらま(サイモン)…俳優
凪奈瑠海(ナイジェル)…通信士でジェイクの友人

「TAKARAZUKA花詩集100!!」は…いや~プロローグから大きなお花を両肩に付けてすごいお衣装ですね~!

初舞台生100期生のラインダンス・美弥ちゃん女役でまさきさんと踊るのね。

美弥ちゃんの女はナチュラルと真咲さんに言われて居ました。

この時の衣装もすごく斬新で~と思ったらフランスのデザイナーさんによるものだったのですね。

100周年ならではの話題満載のショーだそうで、まさきさんはこのショーに付いて…やっと順番が分かった程度だそうで、後半が盛りだくさん過ぎて分からなくなるようです。


今回のラインダンスでまさきさんは初めてレオタード姿に成るそうで、それは抵抗が合ったそうですが、美弥ちゃんはジェフ先生が褒めて居られたとか。


ゆうひちゃんは「龍真咲が脚線美を披露する100人ロケットは特別過ぎて、まさおの姿はお見せできませんので、是非劇場で!」とナレーションして居ました。

この公演の目玉のトップスターの特別出演について…まそくんは5人でラインをしてて結束が固いとか、式典採点もあるし、今日はこんな事がありましたとか~明日の振り付けは名に何が必要ですとか、すごい面白いですよ~とまさおくん!

例えば私が挫けそうになったら、ちゃんと穴を埋めてくれる言葉を何気なく解り会えてると所とかが暖かく感じるそうで、宝塚は一つなんだな~と仰って居ました。



まゆさんもえりたんさんも舞台に立てるのがこれで最後なんだなと思う反面、その最後にご一緒させて頂けるのが貴重な事だと仰って、この想いを華やかな舞台に載せてお楽しみ頂けたら~と仰って居ました。

ジェンヌに聞いてプルミェール…女役を演じたからこそ分かる男役の魅力は?

反動がすごくあるそうで、女役の立場に居た事で男矢にこう居て欲しいと言う理想が大きくなる。戻った時に自分がそう居たいと思うし、娘役さんにもこう居て欲しいと思えるし~
どちらも出来る事は、とても魅力的だと思うし、それが出来る人は少ないけど月組には多いし、どんどんやっていけばいいと思うと。

その他、朝起きて二人が入れ替わって居たらどうする?では、こんなに顔が小さかったっけ?とかこんなに目が大きかったっけ?とか美弥ちゃんはまさお君の私生活が謎なのでお家に行って覗いてみたいとか、まさお君は最近「部屋の乱れは心の乱れ」と感じるとかお掃除してるらしいです。

この後まそおくんの舞台挨拶が聞けましたが、まさおくんが挨拶で涙を流され居てびっくりしましたね~!


きっと客席の皆さんもまさおさんらしくないとびっくりされたのでは?と思いました。

そして最近時々感じるのですが、まさおくんってちょっと早口すぎじゃないですか?

« 月組・べるばら第2幕のお気に入りシーンは… | トップページ | 月組大劇場・花組トップコンビ特出のニュースより »

WOWOW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WOWOW・宝塚プルミェール」より:

« 月組・べるばら第2幕のお気に入りシーンは… | トップページ | 月組大劇場・花組トップコンビ特出のニュースより »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

  • Cimg0556
無料ブログはココログ