« 松本清張スペシャル『時間の習俗』を観ました | トップページ | 月組「春のをどり」に特出した宙組トップコンビ »

2014年4月16日 (水)

花組「ラストタイクーン」2度目観てきました。

花組「ラストタイクーン」2度目観てきました。



フィッツジェラルド氏が残した未完の作品を、愛に重きを置いて描かれて~脚本はもちろん、作詞は蘭寿さんの宝塚人生を物語り~素晴らしい作品でしたヽ(^o^)丿



今日は2度目の観劇でしたが、前から4列と言う良いお席で、オペラも使わずに観れて臨場感たっぷりに感じながらの2時間半は正に至福の時間!

陶酔して観たお芝居では、モンロー(蘭寿とむ)のラストを思わせるシーンが散りばめられて~、ラストの回顧のシーンでは蘭寿さんのラストを感じ胸にグッと来ました!

観終わった瞬間「あ~良いお芝居だったな~!」と思いました!

何より蘭寿さんは、良い映画を創りたいと言う~夢に向かって一途な心をリアルに演じられて完璧でした!


スマートさ・ルックスの申し分ない蘭寿さんだから、何を着られても大人の男の魅力!が感じられて~カッコいいモンローで、さすが~!でした!

お芝居では監督としての栄光と挫折をしっかりと感じさせてくれたり~、やっと見つけた女優だったのに、自動車事故で~呆気なく逝ってしまって…


映画創りではみんなには恨まれたり~色々あったけど、最後はモンローの良さが分かって貰えて、これからと言う時だったのに~キャサリンとの恋も色々あり、やっと二人の気持ちが一つに成れたのに~今度はモンローが呆気なく逝ってしまって…モンローの人生は最後の台詞でも感じる様に悔いでいっぱいだったようですね。

そんな悔いを残したモンローとは逆に蘭寿さんは、この素晴らしい舞台を完璧に演じ切られて、悔いを残さず新しい人生へと出発できる事でしょう!

先生の脚本も素晴らしく、主演のお二人のお芝居も素晴らしかったから、ここまで良い作品になったのでしょう!

ショーの「TAKARAZUKA∞夢眩」は、お芝居から一転して華やかで賑やかなショーに成りましたね。



見所は沢山ありましたが、衣装は場面場面で何度も着替えられて目まぐるしいほどの豪華さで、兎に角一人一人の出番が多く、それぞれがエネルギッシュで、♪禁じられた遊び~など聞きなれた曲を使われて、素的でしたね~!




蘭寿さんを見送る様な場面が何回かあり、男役さんがピンクの燕尾服で、女役さんが真っ白いドレスで、銀橋の蘭寿さんに手を差し伸べるシーンは、花組下級生と蘭寿さんの横顔からの満面の笑顔で皆への愛と絆とラストが感じられて、素的なシーンでしたね~!



個人的には後半のクラシックな感じから大階段の黒燕尾・蘭蘭コンビによりデュェットなど好きなシーンでしたが、
間近で観た蘭寿さんは、スーツの着こなしが完璧で本当に素的でしたね~!



その他、明日海さん・望海さん・そして華形さん・若手では芹香さん・瀬戸かずやさん・鳳真由さん・月央さん・みんなキラキラと輝いて居て~

柚香光さん水美舞斗さん・優波慧さん等若い人達が、ここまで活躍されていたとは、今日初めて気が付きました。

女役さんでは蘭乃さん・桜咲彩花さん・仙名彩世さん・桜一花さんらが活躍されて居た様です。

パット・プレディの娘の桜咲さんの着て居られたえんじのお衣装は、すこし色が地味なのではないかと思いました。

いや~びっくりしたのは目の前すぐのお席で観た蘭ちゃんの細さ!良くあの今にも折れそうな身体で、あのエネルギーはどこから?と思いました。

蘭ちゃんは毎日蘭寿さんに寄りそえて幸せだろうな~(*^_^*)

お芝居も素晴らしかったけれど、ショーも華やかに見せ場が沢山あって素的なラスト公演でした!

« 松本清張スペシャル『時間の習俗』を観ました | トップページ | 月組「春のをどり」に特出した宙組トップコンビ »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花組「ラストタイクーン」2度目観てきました。:

« 松本清張スペシャル『時間の習俗』を観ました | トップページ | 月組「春のをどり」に特出した宙組トップコンビ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

  • Cimg0556
無料ブログはココログ