« 宝塚クロニクル・雪組は | トップページ | 宝塚クロニクル・宙組は »

2014年5月10日 (土)

宝塚クロニクル・星組は

番組は万里 柚美さんと美稀 千種さんが紹介・進行されていました。

 

 

2013年の星組は東京「宝塚ジャポニズム」と「めぐり会いは再び」「エトワール・タカラズカ」からで、その後ちえちゃんの雪組特出等。

 

私は「めぐり会いは~」の舞台は、余り好きではないので観ては居なくて~でもNHK・BSでの放送があり~

NHK・BSの放送「宝塚ジャポニズム」他

 

 

中日公演では台湾公演の前哨戦でもある「宝塚ジャポニズム ~序破急~」「怪盗楚留香外伝-花盗人」「エトワール・タカラズカ」の3本立てで、

 

 

これと同じ演目で台湾へ行かれたんですね…私は「怪盗楚留香~」ってどんな作品なんだろうと興味があり、DVDを購入しましたが、台湾の人達にも人気のある物語の様で、なるほど素的な作品でした。





ちえちゃんはこの興行の代表でもあった様で、挨拶も中国語?でされたり、すっかり台湾の人達を魅了し~大喝采をあび台湾公演を成功させて~劇団にも大変な貢献されて、さすがトップ・オブ・ザトップの貫録を感じさせてくれました!

 

「怪盗楚留香~」ではちえちゃんの相手役を礼真琴さんが女役でされて居てでびっくりしました。

 

台湾の成功もあり、その活躍で、年度賞で団体賞を頂いて居ましたが、柚希さんは「少しでも台湾と日本を結ぶ懸け橋となってくれたら~」とご挨拶されて居て貫録ですね~!

 

 

星組・台湾公演のDVDを観て。

 

 

4月には柚希さんと凰稀さんが特出され、5月には「ロミオとジュリエット」の再演ですから大変だったと思いますよ!6月には役替わりもあり、東京公演へと続いた訳ですが、柚希さんもねねちゃんも「ロミオとジュリエット」の再演の難しさを感じられたようです!

星組ロミジュリの舞台に圧倒されました!





右サイドの一番上にあるサイト内検索で ロミオとジュリエット を検索すると沢山の記事が出て来ますので試して見て下さい。 

 

100周年記念行事もあり、9月には国際フォーラムで「REONⅡ」でしたね。10月の終わりには博多座で「REONⅡ」を公演し、振り返ればすごいタフで驚きです!

私は「REONⅡ」はテレビで観ましたが、ファンの皆さんも熱い!

 

又一方では真風涼帆さん主演で「日のあたる方(ほう)へ~」もあったようですが、最近私は青年館には行かなくなったので、スカステで放送される範囲しか観て居ず…

11月にはお正月公演の「ナポレオン」のご挨拶がありお稽古へと入られた様で、若いからこれだけの過密な舞台をこなせるんだろうな~と驚きですが、柚希さんは苦手だったご挨拶も板に着いて~着実に実力・人気共トップ・オブ・ザトップの地位を確立されて偉いですね~!

そして着々と紅さんも2番手としての実力・貫録を付けられ、十輝 いりすさんや壱城 あずささんも好きですが礼真琴さんや真風さんがしっかりと育って居て、星組さんも心強いですね!

女役さんに着いては夢咲ねねちゃん以外は、音花ゆりさんや音波みのりさんの活躍は感じますが、

振り返ると、まだ若いちえちゃんがハードなスケジュールを責任感と努力と忍耐でこなされる中で、着々と舞台人として貫録を付けられて行く様子や、下級生達がどんどん育って行く様子を感じて面白かったです!

 

 

« 宝塚クロニクル・雪組は | トップページ | 宝塚クロニクル・宙組は »

スカイステージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚クロニクル・星組は:

« 宝塚クロニクル・雪組は | トップページ | 宝塚クロニクル・宙組は »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

  • Cimg0556
無料ブログはココログ