« WOWOWトークより凰稀かなめ×緒月遠麻×朝夏まなと | トップページ | 天海祐希さんのレット・バトラーを観て。 »

2014年5月27日 (火)

真飛聖さんが出演するドラマ「トクソウ」を観て。

真飛聖さんが出演するドラマ「トクソウ」を観て…一般人が知り得ない特捜の裏側をリアルに描いた社会派サスペンス・ドラマの様ですが、まとぶん(真飛聖)が出演しているし~と言う事で観て見ました。

 

 

特捜検事の鬼塚を三浦友和さんが演じて居ましたが~正直びっくりでした!

ゼネコン汚職事件を追う鬼塚は、検事長と言う権力の最高座に居ながら、正義感の欠片も無く、何が何でもシナリオ通りにそこで現金の受け渡しがあった事を証明したいらしく、大物政治家逮捕に向けて、強引に捜査を推し進めようとする姿が腹立たしくて~これが特捜検事の姿かと、情けない気持ちで観入りました。


 

 

特捜部検事の織田徳哉(吉岡秀隆)は、鬼塚の班に属し、強引な捜査と軍隊の様な特捜部の威圧感に戸惑いながらも県知事の贈収賄事件を捜査して行くが、





鬼塚に認められなければ夢であった特捜検事から外されると言う不安もあり鬼塚に異議を唱える事は難しかった様ですね~!

 

 

それでも織田は自分が真実を捉えたいと言う誠実感が感じられて、上司との間で悩み苦しむ姿が辛そうで~役を生きてるな~と感じました。

 

  

 

織田は、自分が取り調べをした限りでは、そこでは現金の授受の袋を見ていない」と言う被疑者の言葉に嘘は無いと確信していて~

大人しそうな織田だったが、最終的には鬼塚に「無実の人間を罰するなど私には出来ません!」と鬼塚に従わない言葉を良く言ったな~と思いました!

 

 

それは自分が特捜と言う立場から外される事を覚悟しての言葉だった訳ですから、これこそ正義感に燃える検事の姿ではないかと応援したい気持ちだった(*^_^*)

 

織田が外され、別の捜査官が担当すると、直ぐに強引に落とした。その事を知った織田はすっかり気を落とし、「僕はやっぱり検事には向かないのか~」と言う言葉に「僕はそうは思わない!」と声を掛けてくれた担当事務官の言葉は観る者として嬉しかったし…不器用だが織田の真っ直ぐな姿勢に共鳴して行くようで、ちょっとした明りを感じました!

 

 

一方まとぶん演じるやり手の毎朝新聞の司法記者は、鬼塚と対立する相手から大日本建設の人事の動きを詳細に書いた書類を受け取り、自分なりに推察し、調べて行くのだが、身体を求められそうになり何とか逃れて~後で鬼塚に一人の名前を出して質問していたが、何か重要な秘密の様だった。

 

 

今後二人が事件とどう関わって行くのかが見物ですが、ハラハラドキドキしながら、きっとこの鬼塚と対立し、正義感に燃える織田が観れるのかと楽しみにしています。




まとぶんの演技は自然で良かったですよ!後を付けられてる時、恐怖を感じて織田に電話をして助けを求める声は、本当に悲壮感が感じられてどうなるのかと~思いました。

家族の居る織田だが、何かあると頼りにされて~二人の関係がどうなるのか?それも楽しみですね~!

 

 

« WOWOWトークより凰稀かなめ×緒月遠麻×朝夏まなと | トップページ | 天海祐希さんのレット・バトラーを観て。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真飛聖さんが出演するドラマ「トクソウ」を観て。:

« WOWOWトークより凰稀かなめ×緒月遠麻×朝夏まなと | トップページ | 天海祐希さんのレット・バトラーを観て。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ