« 月組「春の雪」を再度観て。 | トップページ | 宙組べるばら全ツ稽古場 »

2014年8月26日 (火)

NHKメモリーズ宝塚「二都物語」を観て。

今回のNHKメモリーズ宝塚は、チャールズ・ディケン原作・大地真央さん・黒木瞳さん・剣幸さん等の出演による、1985年月組の「二都物語」でした。





以前にもこの作品をスカステで一度観て居ますが、先ずあの女らしい大地さんが男役を違和感なく演じられて居る事に驚きですね!歌も上手くて~優しさが漲るカートンさんが素的でしたヽ(^o^)丿



それにしてもプロローグや、結婚式での黒木さんはお綺麗で、ほんとにチャーミングでしたね~!


この土地の領主であるエヴェレモントの馬車に、子供が跳ね飛ばされ、弟や姉までが殺されたと恨みを持つテレーズ等、民衆の多くの憎しみの的になっている様で、テレーズは「何時か見ていろ!」とばかりに機会を狙っていた。



チャールズ・ダーネイは最初の裁判では、軍事機密事項をフランスに漏らした問題で裁判に掛けられますが、マネット医師(ルーシーの父)や、書類を渡した人がカートンさんにも似て居た事から人間違いの疑いもあると言う事で釈放され~






その時の裁判の様子から、カートン(大地真央)は愛するルーシー(黒木瞳)が、チャールズ(剣幸)の為に涙を流した事に嫉妬し、酒場でやけ酒を飲み~テーブルの上にのって♪サンキュ・ベルマッチ!と唄いながら気勢を上げるシーンは、あの大地さんが~ととても同一人物とは思えないほど圧巻でしたヽ(^o^)丿


酔っぱらいながら夜だと言うのにルーシーさんの家を訪ね、愛の告白をするわけですが、そのシーンも台詞の一言一言が、酔っ払いらしく~リアルで見ものです!






「今の自分には何もできないけど、貴方の為ならまたあなたの大切な人の為なら僕は喜んで命を捧げますよ!」と告白。



ルーシーとチャールズ(剣幸)は愛し合い結婚…驚く事にルーシーの父(ルーシー・マネット)は、チャールズがエヴェレモント一族である事を全て知って居ながら結婚を承諾したんですね~。





しかしエヴェレモンド一族は皆殺しにするという民衆の声は一段と激しくなり、ルーシーと父親はテルソン銀行へと逃げ込むのでしたが、再び裁判に掛けられるチャールズ…





そして革命裁判所ではテレーズの持っていた最後の直訴状…それは何とあの馬車で引き殺された事件を目撃して居たルーシー・マネットが捕らわれの身と成り、バスティーユの獄中で書いた、エベレモンドに対する直訴状だったのです(゚ロ゚;)ガーン




チャールズはその直訴状によって、24時間以内に死刑が決まって~




この時にカートンは彼を助けようと決意したのでしょうね!そして綿密に計画し、実行して行く過程が、何度も観ているのにドキドキします。



舞台はフランス革命を背景に、ロンドンとパリを股に掛け、弁護士シドニーカートンは愛するルーシーマネットの為に、あの星空の下で約束した「あなたの為に~又貴方が大切な人の為にならなんでもします」と言った言葉を護り~
彼女の愛するチャールス・ダーネイを助け~死刑が決まったルーシーの夫と身を入れ替わり、自分は死刑台に消えて行きますが、愛する人の為に自分が決めた事を実行できる喜びからか、最後はとても爽やかなお顔で幕と成りました。



大地さんの自然な演技!美しいマスク!黒木さんの可憐さ!剣さんの品の良さ!





今も尚宝塚のOGとして、ミュージカル界・多方面で大活躍されている人たちにより~愛とは~命もなんのそのと言う~高貴な愛!愛の深さを知った素晴らしい舞台でした!

« 月組「春の雪」を再度観て。 | トップページ | 宙組べるばら全ツ稽古場 »

宝塚舞台・その2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKメモリーズ宝塚「二都物語」を観て。:

« 月組「春の雪」を再度観て。 | トップページ | 宙組べるばら全ツ稽古場 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

  • Cimg0556
無料ブログはココログ