« 花組「エリザベート」稽古場の様子は | トップページ | ちえちゃんのご挨拶を聞いて »

2014年8月20日 (水)

花組「エリザベート」稽古場情報より

スカイレポートより


花組大劇場公演「エリザベート-愛と死の論舞-」の稽古場情報を聞きました…レポーターは夕霧らいさんと梅咲衣舞さん。

トークはマデレーヌ役の水美舞斗さんとマダムヴォルフ役の大河凛さん。

2幕の食堂の官能的な場面に登場のお二人にお話を伺って居ました…大河凛さんは先生にも色気を出せ!と言われているとか、でも難しくて~と、聞いてる皆さんは綺麗ですよね~!とか歌に酔いしれて居ると言われて居ました。



水美さんはフランツを魅了する役ですが、全身で色気を表現して行きたいですが、女役は初めてだし、聞き手のお二人からはガストンと言われて居るそうで、力持ちだし足も速いし~と言われて居ましたよ!



リフトは自分からさせて頂くとか~でも娘役さんの寄り添い方や誘い方が、男役が娘役を誘うのとは全然違うので、実演して見せて居ましたが、男役風になってしまうんだそうで、そこが難しいと。




トート様はどうですかと聞かれて…綺麗過ぎて~ご本人は、どこか秘めてるモノが強いトートじゃないかとおっしゃっているそうですが、トート様の分身の黒天使たちは、発散型の人が多くて出しはすごくあるけど、ひく事を知らないので、それをどうやって克服してみりおトート様に近づくか~をお稽古しているそうです。




大河さんは男役としても出ているそうで、最後は男役で決めるそうで、お化粧も変えるそうで、8年間居て初めてのお化粧替えだそうです。


大河さんは退団公演ですが、毎日楽しくて充実して居るので、まだ実感は無く、卒業する事も忘れているそうです。



ルキーニさんにブチッ!とする時は女の方から攻めて行ってるとか、「スカートから見える御御足も好きよ~!」と梅咲さんに言われて…二人とも毎日マッサージして~見どころだそうです。



黒天使もさせて頂くので、今回の黒天使は一人づつの個性が強いと小池先生に仰って頂いて居るので、それを大切に、でも閣下の分身である感情表現を表す踊りの時は、如何に踊りで表現するかを大切に~唄わず、喋らず、踊りで表現するのは内面の葛藤は~身体を使ってカッコいいと言われて居ました。




フィナーレはみりおさんを中心に軍服の変わり燕尾だそうで、カッコいいですよね~と。
最後は男役で降りてくるそうで~良かったね!と。




マイティ(水美舞斗)も、もちろん男役で降りるそうですよ!


マデレーネがフランツに寄り添う所は、ほんとに上手だねと言われて居ましたが、マイティはみちこさん(北翔海莉)が優しくて、いつも合わせて下さるので~みちこさんのフランツは優しさが滲み出ているとマイティ。





水美さんは一回一回を大切に又進化して行けるようにと意気込みを語って居らっしゃいました。

がりんちゃんは、やっぱり一回一回精進して千秋楽には、色気駄々漏れで頑張りたいと仰って居ました。




第一回目のトークはみりおちゃん(明日海りお)と組長のさをりさん(高翔みずき)のお二人のトークはこちら

« 花組「エリザベート」稽古場の様子は | トップページ | ちえちゃんのご挨拶を聞いて »

スカイステージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花組「エリザベート」稽古場情報より:

« 花組「エリザベート」稽古場の様子は | トップページ | ちえちゃんのご挨拶を聞いて »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

  • Cimg0556
無料ブログはココログ