« ヤンさん(安寿ミラ)と蘭寿とむさんのあんな話こんな話から。 | トップページ | 2010年の星組「激情」を観ました。 »

2014年9月21日 (日)

今日BS・TBS「伯爵令嬢」開幕スペシャルを観ました。

今日BS・TBS「伯爵令嬢」開幕スペシャル 宝塚歌劇 華麗なる夢の世界を観ました。


「伯爵令嬢」のストーリーや、おもな出演・役柄に付いて詳しく聞けましたが、こんなにネタバレでいいのかな~と言う印象でした。


ほとんどネタバレですので、ご自分が観劇するまでは知りたくないと仰る方は、ご注意ください。



ストーリーは…19世紀末のフランス、アラン(早霧せいな)とコリンヌ(咲妃みゆ)が繰り広げる恋物語
…侯爵家の御曹司でパリ社交界のプリンスで若くして新聞社の経営者のアラン。




早霧さんは、100万部を発行する新聞社を経営し、あらゆる不正と闘う正義感あふれる男を演じるそうです。


そんなアランが西フランスを訪れた時、出会ったのがコリンヌ。コリンヌは孤児院育ちだが、愛らしく屈託のない笑顔に惹かれ、アランは強引にプロポーズ。しかしコリンヌには想いを寄せる相手が居る事を知る。



ある日コリンヌに驚きの知らせが届く。何とコリンヌは伯爵家の令嬢だと言うのです。
急いで伯爵家のあるパリに向かうコリンヌ。



しかし、そこで運命のいたずらに遭ってしまいます…
彼女を乗せた船が海難事故に遭って~コリンヌはそのショックで記憶喪失に~知らせを聞いて病院へ駆けつけたアランは、コリンヌに好きな人がいたと言う事実を隠して自分は婚約者だと名乗り出ます。



愛するコリンヌを手に入れる為、事実を隠したアラン、しかしそれが心の課せとなって行きます。




早霧さんは、アランの人物像をどうとらえているか…普通のヒーローとは違うダーク・ヒーローで、男性としてすごく強引な所と、一途な所と~唯カッコいい男性では無く、すごく人間らしく、情に厚く、情にもろい所が彼の魅力ではないかと仰って居ましたが。


コリンヌが想いを寄せて居た相手は、盲目の青年でリシャール(彩凪翔)…コリンヌとの将来を夢見てパリで目の手術を受けたリシャールを待って居たのは兄の様にしたって居たアランとコリンヌが婚約をしたと言う残酷な知らせでした。


心の葛藤に苦しむリシャールを演じる彩凪さんは、愛情が憎しみに変わる繊細なお芝居が出来たらと、意欲を燃やして居ました。



この3人に大きな波乱を巻き起こす謎の男が居て、アランへの復讐心を燃やし、コリンヌに近づきます。



物語のキーパーソンとも言われるフランソワーズを演じるのは夢乃聖夏さん…アランに復讐を企む表の顔と裏の顔がある悪役で
ダイレクトに伝えられたら~とこちらも意欲を燃やして居ました。


ちぎちゃんは色んなキャラクタ-と関わると思うが、どんなキャラクターと関わっても一途な愛と新聞への熱い想いは絶対に揺らぐ事はないと思うので、真の部分をきっちりもって向き合いたいと仰って居ました。



ちぎちゃんとみゆちゃんの仲良しぶりを観てきましたが、みゆちゃんはほんとにお人形さん見たいだし、ちぎちゃんは美系だし~このコンビはすごくお似合いですね~!



演出の生田大和さんがこの舞台に託した想いは…新しい組の船出を祝う公演を作りたい事。
アランと言う役が今回の早霧が置かれて居るシチュェーションに相応しい事。
アランは19世紀生きて行こうとして居る。ガッツとパワー新しい価値観・新しい時代を開いて行くアラン像を、新しい雪組、新トップスターと重ねて作って行きたいとコメントされて居ました。


楽曲は太田健さん…19世紀のフランスをどう表現するか?…昔のシャンソンの様な雰囲気を出しつつアメリカミュージカルな感じも取り入れたい。
フランスの印象を出す為にアコーディオンを入れて色濃く出したいと仰って居ました。




振り付けは御織ゆみ乃さん。宝塚が得意とするパリレビューのシーンをふんだんに出したいそうです。


最後にちぎちゃんの言葉は…今まで沢山の方々が支えて下さって、沢山の先輩方が、
宝塚の伝統を受け継いで続いて来たと思うんで、そこに今居る現役生達が甘んじることなくこの時代の流れを感じて新しい事に挑戦する事を恐れず進んで行く事がより多くの方々に宝塚を知って頂き、受け継がれて来た事を大切にしながら~かと言ってそこに甘んじない事が一番重要なんじゃないかと仰って居ました。


今は38人の出演者が一同に会し、熱い稽古を繰り広げられて居ました。


夢とロマンとときめきと宝塚の魅力がふんだんに詰まった眩いばかりの期待の新作にどうぞご期待下さい!とのことです。


宝塚ファンはもちろん、そうでない人もこの番組を観たら、きっと一度は観たくなってしまうのでは?と思うほど、華やかでロマン溢れる舞台を詳しく説明された番組で、さすが100周年だけあり、力の入れ方が違うと思いましたが、興味深く観れましたし楽しかったです!


長い記事を最後まで読んで頂き、有難うございました。


私も生田先生の作品は好きだし~一度は観に行きたいので、チケットを取りました。楽しみにしています!


主な配役はこちら

« ヤンさん(安寿ミラ)と蘭寿とむさんのあんな話こんな話から。 | トップページ | 2010年の星組「激情」を観ました。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日BS・TBS「伯爵令嬢」開幕スペシャルを観ました。:

« ヤンさん(安寿ミラ)と蘭寿とむさんのあんな話こんな話から。 | トップページ | 2010年の星組「激情」を観ました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ