« チケット会員先行販売のお知らせが届いた。 | トップページ | 「風の次郎吉」の出演者が決定 »

2014年9月12日 (金)

雪組「銀の狼」を久しぶりに観て(全文訂正)

昨日は観劇で疲れ、今日は久しぶりのお天気で家事に疲れ~2時ごろ手が空いたのでテレビを点けたら、雪組の「銀の狼」を放送中で、眠くてくたくただったが観入ってしまいました。

「銀の狼」って調べると2005年の作品で一度観ていたが、ほとんど覚えて居なく、時々思い出す程度だったが、正塚先生の舞台ってほんとにいつもすごい男の世界ですね~!



この舞台は、こむちゃん(朝海ひかる)主演・2番手が水さん・3番手が音月さんの時代でしたが~



シルバ(朝海ひかる)は、半死の状態で気を失って居る所をレイ(水夏希)に助けられたが記憶喪失で~見えない敵を探し、レイに言われるまま人を殺し、その髪がシルバーだった事から世間では“銀の狼”と呼ばれ恐れられ、警察に追われて居た。



シルバこむちゃんと、レイ水さんのやり取りが正に正塚ワールドで、低音の喋りとその男っぽさは、兎に角男の世界で二人ともカッコ良過ぎ!



歌も上手いが、ダンスは二人とも宝塚屈指の人だけあり上手いヽ(^o^)丿
ミレイユを演じたま~ちゃん(舞風りら)もダンスが上手い人で、私はま~ちゃんのダンスも大好きでしたヽ(^o^)丿



音月さんはこの時は3番手ながら、この舞台では恐ろしい程の悪役で~バロー(未来優希)を大統領の身替わりに仕立て、国を意のままに動かそうとする国務大臣のジャンルイを演じて居て、一人で悪役を頑張って男の世界を生きて居ました。





ミレイユ(舞風りら)は、夫が何をやって居るのか知らされないまま居たが、大統領候補だった父を殺され、冷たい仕打ちを受けていて~そんなミレイユをシルバは誘拐し、結果的に助けることになる。




この舞台が何時もと違う所は、ストーリーは最初は分かって居ないが、ある時シルバはいつも自分の夢に出て来る女に出会い、不思議に思って誘拐し~その女ミレイユから少し筒聞きだした事で、自分の過去が外科医であった事・妻や娘を殺された事などの記憶を取り戻し~最後はミレイユの夫である国務大臣(音月桂)を殺し、復讐を果たします。



しかし驚く事にシルバを助けたレイは殺し屋で、シルバに戦う様言いますが、シルバは自分を助けてくれたレイとは戦いたくなく、もみ合っている時、ミレイユはシルバを助けたくて~レイをピストルで撃ってしまい、レイはシルバの腕に抱かれて死んで行きます。




最後にシルバはミレイユを護り、生きて行く決意するラストが良かったです!




この舞台は、凰稀かなめさんの卒業特集で放送された様で、そのかなめさんはトランティニアンと言う下っ端刑事の役で、銀の狼を追い掛けて居ましたが、いつもしつこく纏わり付いて来る記者(愛曜子)に、銀の狼が国務大臣に消された外科医一家である事を知らされた時から、もう事件を追わず、シルバを応援する気持ちに変わっていくと言う、良い役して居ましたね~!



凰稀さんは、この時は研究科6年?でもリアルで良い演技して居て素的でした!


以前に観た時は、ほとんど凰稀さんまでは観れて居なくて~、でも今回は色々なビジュアルで登場されて居た若かりし頃の素的な凰稀さんが沢山観れて最高でしたヽ(^o^)丿




未来さんの大統領の身替わり役のアホ役が光ってました!



今観れば、こむちゃん・水さん・音月さん・凰稀さんとトップさん4人が揃った豪華な舞台だったな~と言う想いで観れて、見応えがありましたヽ(^o^)丿



ストーリーはこちら


配役はこちら

« チケット会員先行販売のお知らせが届いた。 | トップページ | 「風の次郎吉」の出演者が決定 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪組「銀の狼」を久しぶりに観て(全文訂正):

« チケット会員先行販売のお知らせが届いた。 | トップページ | 「風の次郎吉」の出演者が決定 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ