« 今日はタカスペの申し込みだったのか。 | トップページ | 米倉利紀さんと彩凪翔さんのスペシャル・トーク »

2014年10月24日 (金)

雪組の「パルムの僧院」の稽古場風景を観て

稽古場風景を観て…スタンダールの作品より、19世紀初頭のイタリアの小公国パルムを舞台に享楽的な美青年の恋と破滅を描いた波乱万丈の愛憎劇とありますが。


彩風さん演じるファブリスと許されざる恋の相手ファブリスの叔母(大湖せしる)~そんな中で心から愛するクレリア・コンティ(星乃あんり)との恋!



彩風さんは、幸福の追求に生命を賭ける享楽的で行動的な美青年だそうですが…大湖さんの大胆な誘いに誘導されていく感じですね!

星乃あんりさん…ファブリスが投獄されてからの恋の相手の様ですが、その恋も悲劇に終わる様で~健気な星乃さんの様子が観れました。


一樹千尋さん…物静かな物言いをしつつも怖そうで、さすが貫禄ですね!

香稜さん伯爵紳士の様ですが、稽古場情報の時、みんなにカッコいいと言われて居た。

解説はこちら


あ~この舞台観たかったな~と思ったが残念ながらバウでは観れない。


しかしお稽古を観ていると、このストーリー何処かで観て居るけど~と思いながら観ていたら、丁度ニュースで海外の作品に付いて詳しく説明が聞けて…あの「情熱のバルセロナ」と同じ作品だったのかと知りました。


それにしても日生では「伯爵令嬢」の公演、そしてバウも同時期の舞台ですが、一樹さんの特出・そして奏乃はるとさんや香稜しずるさん、大湖さん(熟女)等、人材が結構揃って居るし、新進野口幸作先生による脚本だし重厚なお芝居に成るんだろうな~と思いました。

「情熱のバルセロナ」には以前、水さんも出て居ましたよね!

スタンダールの作品と言えば「赤と黒」があり、今日も星組の舞台の放送がありました。


映画も観ているので、一応以前観た舞台の感想を載せておきます。

« 今日はタカスペの申し込みだったのか。 | トップページ | 米倉利紀さんと彩凪翔さんのスペシャル・トーク »

スカイステージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪組の「パルムの僧院」の稽古場風景を観て:

« 今日はタカスペの申し込みだったのか。 | トップページ | 米倉利紀さんと彩凪翔さんのスペシャル・トーク »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ