« 「伯爵令嬢」初日の様子を観て。 | トップページ | 観れば観るほど素晴らしい星組「ロミオとジュリエット」ヽ(^o^)丿 »

2014年10月16日 (木)

雪組「伯爵令嬢」を観てきました

雪組「伯爵令嬢」を観てきました…これからご観劇される方にはネタバレとなりますので、どうぞご了承の上、ご覧ください。


19世紀の華やかなりしパリを背景に、バックには海の映像や雪が降るパリの映像を流し~セットもお衣装も豪華で~曲はどれも生田大和先生の丹精篭められた歌詞が素晴らしくて~曲調も素的でお芝居を一層魅力ある舞台に仕上げて居ました。




伯爵令嬢を巡って起こる様々な出来事を描いて波乱に満ちた舞台でしたが、強くコリンヌ(咲妃みゆ)を愛しながらも多くの登場人物によって
二人の中は阻まれて~最後までハラハラ~スリル満点の展開で~でもやっぱり最後は素的な結婚式が待って居ると言う素晴らしい舞台でしたヽ(^o^)丿



侯爵家の跡取りで今や自ら新聞社を設立しフランスの若き新聞王とまで言われて居るアラン
(早霧せいな)偶然孤児院で出会ったコリンヌ(咲妃みゆ)が好きで好きで~愛さずには居られない存在に~、


しかし
アラン(早霧せいな)の強い愛を阻む人物が多くて…その一人フランソワ(夢乃聖夏)は、父の敵として常にアランの命を狙って居たり~~コリンヌは盲目のリシャール青年(彩凪翔)が好きだったり~

ストーリーは…孤児院が経営難でコリンヌ(咲妃みゆ)達が居られなくなるとか~

そんな時にコリンヌがロンサール家の令嬢である事が判明し、
アランとコリンヌはパリへ向かうが、タンカーと衝突事故に遭い~船内でスリの女(有沙瞳)を助けたばっかりに逆に海へ落とされ~助かったものの記憶を失って居たり~
偶然病院を周ってコリンヌを見つけたアランは、彼女が記憶を失って居る事を良い事に~自分のフィアンセだと嘘をつき~コリンヌが昔の記憶を失って居る間は、カメラで写真を取りたいからと習ったりして、アランを愛してていたようだが、



記憶が戻ってしまったコリンヌは、アランに対して不信感を抱き、彼の家を出てしまう。
その間にスリの女(有沙瞳)は、伯爵当主の妻マドレーヌ(美穂圭子)にすりよって~すっかり伯爵令嬢に成り済まし令嬢気取りで居るアンナでしたが~
しかし本当の娘ではないと見破った伯爵当主(鳳翔大)と争って、挙句の果てに伯爵家の当主を殺し~妻マドレーヌ(美穂圭子)にも見破られて~



今度は伯爵家の妻マドレーヌまで殺し、最早、伯爵令嬢の顔を知る者が居ないかと思いきや、

使用人たちはコリンヌを見てマドレーヌ奥様の若い頃にそっくりと感じたことで、
アンナは牢へ入れられますが、いつの間にか牢を破って出て来て(えっ?とびっくりでしたが~)さらにしつこくコリンヌに付き纏い~



宇宙船に乗り込み殺そうとするが、アランとフラソワも乗って居て~宇宙船は爆発し、海へ放り出され~
アランとフラソワの剣による激しい戦いが始まり~(*^_^*)(太刀廻りがカッコ良くて素的でした!)
悪役フランソワが悪役アンナに刺されて~アンナは連行され~


コリンヌを好きだったリシャール(彩凪翔)も様々な経緯の末、昔助けて貰った恩返しにアランと仲直りし~
彩凪さん良い役されて居ましたね~!


ここでやっとアランは枯れた薔薇一輪でコリンヌにプロポーズするという~
最後は真っ白なウェディングドレスに身を包んだコリンヌ(咲妃みゆ)と白い燕尾で現れたアラン(早霧せいな)の二人の結婚式で目出度し!目出度し!の舞台でした。



フィナーレもあり、男役4人のダンス・男役さんも入って女役さんとのカンカン、そして男役総勢による黒燕尾のダンス・さらにちぎちゃん・みゆちゃんによる熱い熱いデュェットダンスと盛り沢山のフィナーレが付いて居て素晴らしかったですヽ(^o^)丿
主演の早霧せいなさん…新コンビのお披露目の舞台でしたが、コリンヌへの愛が少々強引ではあるが熱くて~ダンスもお芝居も自信に満ち溢れて居て素晴らしかった!
コリンヌを演じた咲妃みゆさん…本当にお人形のように可愛くて~健気で優しいコリンヌがぴったりでしたね!
ナウオンを観ていると舞台でお芝居をする時のみゆさんがとても同一人物とは思えないほど元気が良くて驚きます!
舞台人に成る為に生れてきた様な方ですね!歌も上手くて文句なしでした!
フランソワの夢乃聖夏さん…悪役に徹して、何とかアランの命を奪おうと必死の様子が伝わってきました。歌もダンスも上手く~今回の長いパーマのビジュアルが素的でした!ともみんのダンスが大好きだからこれからも気にして観て居ます。
リシャールの彩凪翔さん…コリンヌを手放したくない気持ちが伝わってきました。でも最後はアランへ加勢してとても良い役をされて居ました…正直言って今まで余り彩凪翔さんと言う方を好きではなかったが、上背もあり、今回のビジュアルも素的でしたので、ちょっと見直すきっかけになったような気がします。
執事のじいやを演じた真那春人さん…今回はお笑い担当の様で、何度か笑わせて貰いましたが、地味な役を上手くこなされて居ました。
モリス役の蓮城まことさん…悪役でしたが、良かったですよ!フィナーレのダンスは素的でした!
アンナを演じた有沙瞳さんは、ほとんど存じ上げない方でしたが、悪に徹して何とかコリンヌを殺そうと言う執念が伝わってきて上手かったですよ!
兎に角このお芝居で強く感じた事は、この複雑なストーリーを良くここまで華やかに~しかもスリルに満ち溢れた作品に纏められたな~と、生田大和先生の力量に唯々感心しましたが、同時に演出家としても様々な新しい趣向で意欲的に舞台を創られて居て驚きでしたヽ(^o^)丿生田先生のこれからの舞台が楽しみです!


長い感想を最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m



« 「伯爵令嬢」初日の様子を観て。 | トップページ | 観れば観るほど素晴らしい星組「ロミオとジュリエット」ヽ(^o^)丿 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪組「伯爵令嬢」を観てきました:

« 「伯爵令嬢」初日の様子を観て。 | トップページ | 観れば観るほど素晴らしい星組「ロミオとジュリエット」ヽ(^o^)丿 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ