« スペシャルコンサートの峰さをりさんと南風まいさん | トップページ | ネットでパソコン買っちゃいました~! »

2014年11月16日 (日)

宙組「白夜の誓い~」ナウオンを観ました。

スカイステージで宙組「白夜の誓い~」ナウオン・ステージを観ました。
司会は竹下典子さん。
グスタフⅢ世…凰稀かなめ(映像で、新しいスェーデン王国を創る事を宣言する)
ソフィア…実咲凛音(映像を見ると、国の為に尽くすあの方の姿にいつしか惹かれている私が居るのです)と言ってますよ。
リリホルン…朝夏まなと(♪我ら迎える華やかに~)
アンカーストレム…緒月遠麻(聞き取れなかったです)
ニルス…七海ひろき
宝塚ではスェーデンが舞台になる事は難しいのでは?と問われ…



グスタフⅢ世(凰稀さん)…題材的には余り無い作品だったので、お客様に分かって貰えるか心配はあったそうですが、やりながらすごく難しいそうです。
グスタフさんに絡んでくる人が多く~作品の中で問題が山ほど勃発するそうで、基本的には原田先生からは、トップと言う立場に居るからこそ苦労や、悩みが分かり~グスタフとリンクしてくるので、探って行って欲しいと言われたそうで、しかも作品の流れが急展開なので、そこをどうお伝えするか~と関係性をしっかり見せて行かなくてはいけないし~そこの流れを分かり易くお伝えできるか~が難しく感じるそうです。





ソフィア(実咲さん)…始めの出会いがお互いに強烈で、始めはあ~言う形になってしまうけれど、変わっていくようなので、その変わっていく所を一番大きくお見せしたいそうで、どこでどう思ったのかを追及している段階だそうです。





リリホルン(朝夏さん)…最初はロシア側に弱みを握られて、スパイの様な事をしているそうですが、リリホルンが自分の父親に言われて陛下をお守りしたいという希望と、現実は父や兄の事で自分がその立場に行けないと言う葛藤をより濃く表現するために、セリフには頼らず、自分の表情や目線・表情で、それをいかに表現できるかに挑戦しているそうです。


後に陛下と言う立場は勿論ですが、その人間性に惹かれて、この人の為に尽くしたいと言う迄の流れを自分の中に流して演じたいそうです。
最後に陛下に舞踏会に出席するのをお取り止め下さいと言いに行くシーンがすごく心がゆすぶられるそうで、あそこは悟りの境地ですと~リカさんとも異口同音に話されて居ました。
又まぁくんは、グスタフさんに後光が差して居るそうで、何も考えずにリカさんの心を感じて演じる事が出来ると仰って居ました。
りかさん…後の次期トップと言う事を発表した後と言う事で、伝えていく~のも入っているそうです。
まぁくん…スェーデンの事を仰って居るんですけど、そこにりかさんが宙組を思う気持ちが滲み出て居てダイレクトに伝わってくるそうで目がウルウルして居ると言われて居ました。

アンカーストレム(緒月さん)…最後の最後にほんとに難しい役が来た~と思うそうで、グスタフと幼馴染の役をさせて貰ってグスタフと同じ所を求めて居ながらも考え方の違いで少しづつ思いがずれて行って、最終的には~の話しになって~段階的にすごく難しくて、あの状態に持って行くまでの創り上げがお稽古場から悩んでいたので~と仰って居ましたが、




凰稀さん…自分達が同期でここまでやって来れた事を例に挙げながら、話して居ましたが、切り替えが現実と非現実の部分を合体されて居る役だから、すごく難しいだろうな~と思うとか。



緒月さんは、意外と色んな役を頂いてて、今まではす~と入って行けたそうですが、ここは最後の最後にちょっと~と思って入る所が合って~と言い難そうでした。でも最後に大きな山場を頂いて、山を登って居る感じて難しいと感じながらやってるそうです。




(私的に感じたのは、結局ぐっちゃん・ヅックンの仲で、しかも最後なのに気持ちが離れて行く~?の役が受け入れ難かった~と言うのが本音なのではないかな~と思いました。)

ニルス(七海ひろきさん)…皆様貴族の煌びやかな中で、一人の農夫で、今のスェーデンの現状をお客様や、グスタフさんに伝える役なので、自分の役所の重要性を受け止めながらやってるそうで、執務室に行き、グスタフさんにぶつかっていくのですが、大きな心で受け止めて下さるので、のりこんで行ったのに話を聞いてくれるんだ~と、軍人として育て上げて見せると言仰って頂いて、開戦の場面で王様~と賭けていく所が、飾らない王様に対する思いで~頑張ろうと思いながら走っているそうです。

それぞれの立場でみんな王様への愛があるのですね!と竹下さんに言われて、皆さん異口同音に「その通りです!」と答えて居られました(*^_^*)

汝鳥さんに付いて…



凰稀さん…全部納得させられると言うか、ちょっとした事で私達を導いて下さって居て~


実咲さんは…絡むのは初めてだそうで、観て下さる眼差しが大きくて暖かくて~ゆうチャンさんはすごいな~と感じながらソフィアとグスタフさんを導いて仲を取り持って下さる優しさを感じながら何も考えずにお芝居させて頂いて居るそうです。




スッシーさんに付いて…凰稀さんは、悪いわ~!ほんとに悪いわ!と呟いて居ましたが、戴冠式ひょうひょうと色々言われるそうで、何これ~こいつめ~と思うとか。
クランツのやってた事を暴いた時はうんうんと思うけど~、まぁくんは陛下~よくぞ~と思うそうで、




お母様に付いて…
お母様とは余り絡んで居ないそうで、前国王が頼りなかったので、全部グスタフに来て居たそうで、それにいかに答えられるか~期待度が高いらしい。



イザベルに対する愛と言うのは最終的にはどう言う愛の形になって居ますか?と聞かれて~
凰稀さん…心の支えであり~皇太子として色々勉強して行く中で、一番大切なものを教えてくれた恩人の様な恋の様な~掛け替えのない存在だった人だそうです。


(青春時代は誰もがもつ憧れと言うか恋にも似た人だったのでしょうけど、それが皇太子と言う立場で色々教えて貰った事で強い存在だったのでしょうね!)



それぞれのワンシーンが観れましたが、



今回はお衣装が大変豪華だそうで、


七海さんは…ポスターのイメージにぴったりで、本当に夢の世界だそうで、全部ゴールドで品が良いそうですよ!(確かにポスター観ただけで豪華ですよね!)

凰稀さんは…この作品では貴族社会の品格を重要に感じて居て、喋り方も~一番大切なことだから~と仰って居ました。



色んな方に共感できる部分もあると思うし~観方によっては、今の宙組を感じる方も居るかもしれないし、人それぞれでは有るでしょうが、気軽に観て頂きたいと仰って居ました。


凰稀さん最後に良い役をされていて~観る側としても嬉しいし~それぞれの立場で愛されて居ると言うのが、今の宙組にも通じて楽しく観れるのではと思いました。

一応お芝居に付いてのみアップしました。


まだまだ始まってばかりで、東京の公演は来年ですが、楽しみですね~!でもその反面卒業がどんどん近くなって行くのが寂しいですね。



凰稀さんはみりおんちゃんの言う事にはうんうんとうなずいてはいらっしゃいましたが、余りニコニコ感は無く、逆にまぁくんと話をする時は、すごく楽しそうで~今後を応援する言葉も掛けられたり~やっぱり次期トップと言う事からまぁくんとはオフでも色々話しをされて居るのかな~と思いながら観て居ました。

緒月さんは役の関係からか、ちょっと寂しそうに感じました。




公式は こちら

« スペシャルコンサートの峰さをりさんと南風まいさん | トップページ | ネットでパソコン買っちゃいました~! »

スカイステージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宙組「白夜の誓い~」ナウオンを観ました。:

« スペシャルコンサートの峰さをりさんと南風まいさん | トップページ | ネットでパソコン買っちゃいました~! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ