« 宙組「王家に捧ぐ歌」の新人公演の様子より | トップページ | バウ「武蔵野の露ときゆとも」を少しだけ観て。 »

2015年7月 1日 (水)

壮さん主演の『心中・恋の大和路』を観ました。

少し前に録画しておいた『心中・恋の大和路』を観ました…この舞台は、再演が繰り返し行われて来た作品なので、もう何度も観て居るし、ストーリーも分かっているだけに見ようか?どうしようか?躊躇する気持ちもありましたが、やはり壮さん主演と言う事で興味深くて~見ることにしました。


たった1人の廓の女を助けたい一心で、我が身も友も親も何もかもを失い、八方塞で追われる身となり寄り添いながら冥土へと旅立つ忠兵衛(壮一帆)と梅川(愛加あゆ)二人の姿が、余りにも哀れで、手代・与平(月城 かなと)の唄う歌が一層悲しみを強く感じさせて~





又、後半父・孫右衛門の梅川に対する台詞からは、
親としての悔しさや辛さを痛いほどに感じて~納得しながら見入る自分が居ました。





忠兵衛に会って欲しいと懇願する梅川に、他人にあってもしようがないと言いながらも、最後に「どんなに落ちぶれてもええ!逃れて生き延びて欲しい!生きて居て欲しい!」の言葉を聞くとやっぱり親だな~と思いました。



最後に忠兵衛を追いかけて来た丹波屋が、何とか生き延びて~の気持ちから煎り豆と路銀を渡し「これをかじって寒さに負けるな!」と言う言葉を聞いて、忠兵衛は初めて真の友を感じるのですね~!








さらに「どんな片隅からでもええ、生きていると言う便りをくれよ!」この言葉からも何とか生き延びて~の気持ちを感じますね!

しかし何としても大和路を逃れさせ生き延びて欲しいと願う丹波屋と番頭たちは、この場で捕まえようとする宿衆の藤屋達と出くわしてしまって…




追ってきた宿衆たちに刀を突きつけられても、八右衛門は二人を庇って逃がそうと刀を遮って「~あなた方が捕えなくても~この大雪が自然に裁いてくれる!二人を引き裂いて恨みを残すより、この大和路の雪の中に静かに閉じ込めてやってくれないか!お仲間たち!長い悲しみを残すより、一時の温もりを与えてやってくれないか!」…♪この世にただ一つ~の曲を唄いだすこの場面は、正に名場面ですヽ(^o^)丿
このシーンまっつさんの見せ所で~ほんとに涙が溢れます!まっつさん(未涼 亜希)良い役していましたわ。


忠兵衛の壮さんと、梅川の愛加あゆさんの息がぴったりで、お互いに対する一途な気持ちが伝わってきましたが、忠兵衛が
丹波屋に頼み込む場面では、ここできっぱり断れば良かったのに~とか、





かもん太夫(大湖せしる)が別れ際に梅川に「お互いのこの先を見据えて~あきらめることは出来ないの?」と親切に言ってくれたのに、
自分たちの先を見据えても尚我慢できなかったの?と…突っ込んで観たり~する自分が居ました。

忠兵衛・壮さんの見どころとしては、1幕の終わりに他人から預かったお金の封印を切り小判をばらまく辺りは見せ所でしたね~!




さらに2幕の300両を持って堂島へ行こうか?梅川の受け代にしようか?と悩み唄う横堀川の場面は、心の葛藤を感じさせられ心を打たれます。




忠兵衛の壮さん…最初の頃、女郎屋へ通っている頃の壮さんは明るい若旦那が~ぴったりで地で行ってる感じでしたが、後半の忠兵衛は男の意地を見せて~
梅川への愛も一途で、どのシーンも日本の男としての着物姿もカッコ良く~魅力を感じさせてくれました。





梅川の愛加さんは、何処までも健気で~色っぽさを感じさせながらも、哀しげで~忠兵衛が放っておけない気持ちになるのも無理はないな~と思えましたが…



忠兵衛の父親・
孫右衛門(汝鳥伶)は、ほんとに父親になりきりセリフの一言一言が悲しかったです!




丹波屋八右衛門(未涼亜希)は、友達として最初忠兵衛に対して甘かったことを反省しながらも最後まで、忠兵衛を想い~友達としての優しさを感じました。


番頭の帆風さんも月城かなとさんも役になりきって上手かったですね~!特に月城さんは歌も上手くてびっくりしましたヽ(^o^)丿




かもん太夫の大湖せしるさん
も、梅川に対する優しさも感じさせて~重い花魁のお衣裳を着て色っぽく頑張って居ました。

ご隠居さんの五峰亜希さんは少し貫録が足りない気がしました。
宿衆の藤屋(古手買)香綾 しずるさんは、宿衆のまとめ役としても貫録があって、

後半の古手買役も上手かったですね~!何をさせても上手い人だから、いつも注目して観ています。

確かに愛だけを考えれば美しく純粋で、一途かも知れないが、我慢せず心のままに生きると言う事は、行きつく先がこうなるんだ!と言う事をまざまざと見せつけられたようにも感じました。




この舞台を観て、商売に対する責任感の大切さ!や、何事に対しても我慢強さがないと、こんなことも起こるのかな~と言う事を改めて感じました。


又また長くなってしまいましたが、最後まで読んで頂き有難うございましたm(__)m

« 宙組「王家に捧ぐ歌」の新人公演の様子より | トップページ | バウ「武蔵野の露ときゆとも」を少しだけ観て。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 壮さん主演の『心中・恋の大和路』を観ました。:

« 宙組「王家に捧ぐ歌」の新人公演の様子より | トップページ | バウ「武蔵野の露ときゆとも」を少しだけ観て。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ