« 映画「日本のいちばん長い日」で本木雅弘が7年ぶりの映画出演 | トップページ | 「スカイ・ステージ・トークのゲストは美弥るりかさん »

2015年8月10日 (月)

TBSのドラマ「ナポレオンの村」を観ました。

TBSのドラマ「ナポレオンの村」を第3話まで観ました。




村人の半数が65歳以上で、やがては廃村が予想されるこの村で、一人の熱血役人が優しさと誠実さで次々と村興しを図り~村人たちの協力を得て、成功へと導いていくと言う、サクセスストーリーでこれが実際に合った話と言うから余計に興味深く面白い!





唐沢寿明さん良い役されますね~!でも誰に対しても優しくて~暖かそうで、市長にはどんな時も口答えせず~我慢強くて~とてもお似合いの役で、良かったですよ!



イケメンの山本耕史さんはコンサルタント役がぴったりで、頭がよさそうなイメージでしたが、この所舞台が無くて~歌が聞けずに少し寂しい思いをしています。是非是非~舞台が観てみたいです!


第一話は優秀な女性の見張り役までつけられて、神楽祭実行計画が動き出しますが、和紙を使ったランタンが濡れてしまって~一時はどうなるのかとハラハラしながらも、村人たちの協力を得たり~紙すき職人の親子を仲直りさせたり~しながら祭りを成功させていくと言う~母と息子の愛を感じる感動の場面があり、良かったです!




第二話は、村で一番のお米が売れ残っているとか~そのお米を売るために、幼なじみの経営コンサルタントの戸川真人(山本耕史)に協力を求めたり~この村に移住してきた家族をみんなで優しく迎えサポートしようと言う事になったり~でも移住者一家の娘は、礼儀知らずで、口が悪くて~そんな娘の態度に反感を持つ村人が多く~、サポートなどできず~苦労する浅井…




しかしどんなことが有ろうといつも笑顔で移住者に接したり、山で行方不明になった娘を探したり~病気で入院する母親の為に美味しいお米を使っておかゆを作ってやれるよう村人達を説得して~釜土を作る粘土から全てお膳立てをして、移住者の為に尽くし~ここまでやるか~?と思いましたが、




移住者の娘も村人の優しさを感じて“ありがとう”の言葉が言えるようになり、村人も仲直りして移住者を全面協力していくと言うお話で、浅井の「移住者を歓迎できなければこの村は終わりだ!」の言葉が功を奏して、




この限界集落が立ち直る為には絶対必要なきっかけを作ったような気がしましたが、この考えは一番重要な事だったのでは~と感じた回でしたね。



それに最後にバチカンから電話がかかり皆をびっくりさせたり~時々ナポレオンの言葉を引き出していくところも良いですね~!





第3話は、あの美しい滝つぼにレストラン?ってびっくりしましたが、それをやってのける浅井栄治(唐沢寿明)がすごいですね~!




毎日この村に人が集まるようにと考えた滝つぼレストランの話では、亡くなった妻の夢だったレストランをやって見ないかと、東山勝己(梅沢富美男)に話を持ち掛け~コンサルタントの戸川の協力を得て実行して行きますが、とんとん拍子に行っていたはずのレストランが土壇場で、お米が届かないとか~慌てますよね~!観て居てハラハラしましたよ!





しかも市長の知り合いが病気だから?には、ぎょっ!としたり~何でそこまで市長が意地悪するの?と思いましたが、お米ではなくパスタに切り替える考えにほっとしたり~すっかりレストラン成功の為にと願う自分が居て~(*^-^*) 可笑しかった!




今後どう展開していくのか、村人に協力してもらいながら浅井の活躍と幼馴染の戸川真人(山本耕史)と連携して、町おこしを成功させていくのでしょうけど、人々が暖かくて優しくて~そんなドラマが毎回楽しみですね!


日曜劇場「ナポレオンの村」公式サイトはこちら

« 映画「日本のいちばん長い日」で本木雅弘が7年ぶりの映画出演 | トップページ | 「スカイ・ステージ・トークのゲストは美弥るりかさん »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TBSのドラマ「ナポレオンの村」を観ました。:

« 映画「日本のいちばん長い日」で本木雅弘が7年ぶりの映画出演 | トップページ | 「スカイ・ステージ・トークのゲストは美弥るりかさん »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

  • Cimg0556
無料ブログはココログ