« 月組「ロミオとジュリエット」新人公演のロミオは。 | トップページ | NHKのドラマ「小林一三」を観ました。 »

2015年9月 6日 (日)

雪組「星逢一夜」観てきました。

雪組「星逢一夜」を観てきました…一言で言うと良かったですよ~ヽ(^o^)丿
上田久美子先生の大劇場お披露目公演だそうですが、名作の評判通り脚本も演出も心細やかな表現が女性らしく~且つスピーディで、日本の郷愁を感じさせながら日本的な心情で~3者3様の想いが熱く描かれていて~





しかも史実にとらわれないフィクションで、
登場人物も徳川吉宗を除けばほぼ架空の人物とか~それらがまるで宛書されたようにぴったりの適役で~演じる者が皆役に生きて居て、素晴らしい舞台でした!



ほたるの里らしく、蛍の光が綺麗なオープニングで~日本情緒を感じさせてくれて~セットも簡素ながら櫓がとても良く出来て居て、





子供達も強い者と弱い者を描きながら、ちょび康は泣きながら泉と紀之介の心を代弁して居たり~とても上手い演出手法で、先生の力量を感じますね!


ナウオンで話されていましたが、子供時代から同じ人が演じられるので感情が籠り、観る側にも分かり易かったです。




ストーリーは究極の3角関係でしたが、


天野晴興[紀之介]を演じた早霧せいなさん
星に惹かれ泉に惹かれながらも、幕府の老中となってからは感情を心に閉じ込めて生き~一揆ではお役目とはいえ幼友達を討つと言う~心とは真逆な人生を歩んだ紀之介の末路がそれが定めとは言え哀れでしたね~!




友を想う心は優しく~でも激しくて~老中としては生真面目さを感じました!

そしてほたる村には何のお咎めも無しと言う事が、せめてもの源太や泉に対して残した心だったのかと思うと上田先生良いストーリーを書くな~と思いました。




晴興が最後に言う「私が愛したのはお前だけだ」の言葉を貰えただけで、泉は子供たちを育て、稲も育てて行けるんだろうな~と思いました。




泉を演じた
咲妃 みゆさんも、又20年間も心に想い乍ら、時代の波に流され源太と所帯を持ってからも一揆では心ならずも愛する人に撃たれて~恨み辛みが重なれども~
最後の台詞の「泉はあんたを何で殺せん!あなたは敵じゃ!仇じゃ!源太のお父の~みんなの~」と悶える泉が哀れで~女心を感じて涙を誘われました!



子供時代の強い面と大人になってからの弱い面をリアルに表現して居て芝居が上手いですね~!


源太を演じた望海風斗さん…心の優しい人でおおらかさと強さを感じましたね~!



「紀之介…お前が泉を好きなら泉はお前にやる。そんな姫さんなんか要らんと将軍様に言うて~」の台詞の所でグッ!ときましたね~!何と人の良い奴だ!と。



それがだいもん君にぴったりで~
でも最後は村の為に一人で全責任を負って~棒で叩かれても叩かれても~「死ぬまで戦うのか」の言葉通りになってしまって~男らしかった!



徳川吉宗を演じた英真なおきさん…ほんとに言葉の一言一言が力強く貫録でしたね~!




この人の存在があればこそ舞台が引き締まり~
晴興は吉宗に天文学に秀でている事が認められたことが嬉しく~ぐいぐい老中として心とは真逆に責任を果たしていったのかな~と思いました。それが定めだったとも知らずに~



源太の母の梨花ますみさんは一揆経験者として源太に意見していて…歳は重ねてもしっかり者を感じました。

幕府老中の奏乃 はるとさんは上位の立場で大きく存在感を感じました。





貴姫を演じた大湖せしるさんは、立ち居振る舞いは凛として姫らしく、晴興に対しても上から目線の物言いだったが、後半は晴興の愛情も感じられず寂しそうでした!






鈴虫善右衛門の香綾 しずるさんは、吉宗の前での説明が声が小さくて~唯一笑える
場面でした。でも夜鷹たちがたむろする中で恨みを買われていじわるされる場面は可愛そうだった!ショーは、センターから少し離れた位置で踊られていましたが、元気にエキサイトされる姿が観れて良かったです!





子供達の氷太の鳳翔 大さんのいじめっ子は大きくて何処に居ても目立っていたが、いじめっ子らしさを感じた。お芝居は上手いがダンスは上手いとは言えない!







晴興の母、美和を演じた早花 まこさんは、三日月藩藩主の側室らしく凛とした立振る舞いが印象に残りました。






氷太を演じた蓮城 まことさんは、余り良くは観て居なかったが、女の子(多分星乃あんりちゃん)といちゃいちゃして居ましたね!(*^-^*)






常に晴興の傍で猪飼秋定を演じた彩凪 翔さんは気楽な立場のように感じました。







ちょび康の彩風咲奈さんは、泣き虫ながらも言うべきことをきちんという子だったようで、泉の気持ちを代弁したり、いい友達だったようですが、でも一揆では犠牲になってみんなの涙を誘っていました。






老中の細川を演じた月城かなとさんは、なにかと言うと晴興に食って掛かり~怖そうな存在でしたね。でもすごい活躍されて歌も上手いし、急激に伸びを感じますね!






ショーは、雪組の皆さんが入れ代わり立ち代わり切磋琢磨されてのショーで、色んな場面がありすぎて良く覚えて居ませんが、パリの場面などは落ち着いて良かったですね~!




そして後半はやはり大階段からの男役白燕尾のダンスは良かったですね!そしてちぎちゃんと咲妃みゆちゃんのデュェットも素敵でしたね~!






これでもか!と言う位、雪組の人たちのパワーとエネルギーに溢れたダンスを沢山魅せてもらいましたが、甘いマスクでダンスの上手い咲ちゃんに惹かれ目で追っていました。(*^-^*)


お席は6列のセンターだったのでオペラを持たずに観ましたが、お芝居の表情を観

るにはやっぱりオペラがあった方が良かったかな~と思いました。



やっぱり日本物お芝居って、いろんな面で心を打たれて、すばらしいお芝居でした!ヽ(^o^)丿


又また長ながくなってしまいましたが、最後まで読んで下さり有難うございましたm(__)m

 

もう一度観る予定です。

 

« 月組「ロミオとジュリエット」新人公演のロミオは。 | トップページ | NHKのドラマ「小林一三」を観ました。 »

宝塚舞台」カテゴリの記事

コメント

名無しさんへ…せっかく沢山書いて頂きましたのに
お名前が分からなくて~キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ

星逢を観て来られたのですね。
仰る通り脚本・演出・演技と3拍子揃うとこんなに素晴らしい作品になると言う
見本のような気がしますが~感激の様子が伝わってきます。
素晴らしい日本物の舞台を雪組さんがさらに見応えある作品に仕上げて居て~
雪組さんが得意の沢山の絆を感じる舞台ですね!
「るろうに剣心 ~」は小池先生ですし~さらに楽しみですね!
まだまだ先ですが楽しみに待ちましょうね!
沢山のコメント有難うございますm(__)m
後でお名前を頂けると嬉しいです。
では又(@^^)/~~~

「星逢一夜」_脚本、演出、演技三拍子揃い、満足して劇場を後にできる作品でした。
プロローグの蛍の村は美しく、自然と作品に入っていきます。子供時代もかわいらしく、のびのび、自然の中で暮らすまっすぐな子供たちを演じてます。何の違和感もなく、すばらしい演技!
大人になってからは、期待以上!
すっかりお芝居にはまってしまい、涙がでそうな場面もありました。

「ルパン3世」「星逢一夜」、ちぎちゃん率いる星組順調に滑り出している気がします。「るろうに剣心」もするようなので、期待ふくらみます。

dkさんこんにちわ。
星逢やっと観て参りました…感想を待って居て下さったなんて嬉しいわ!
dkさんたらご謙遜過ぎますよ~!
私もdkさんからの感想は楽しみにして居るんですよ!
dkさんより情報を頂いていた通りほんとに素晴らしい作品で~
先ずあのほたる村のプロローグからして美しく~心持って行かれますね!
特に日本物だと子供時代の可愛さも、ちぎちゃん等は、大人になってからの老中としての
凛々しさも感じながら~身分の違いやそれぞれの役目で戦う事になって~の
脚本も演出も素晴らしく~3者3様の想いが切なくて~涙を誘われる作品でした!
ショーは大勢が右往左往し~ている間に終わってしまいましたが、
その中でも咲ちゃんは、上背もあり甘いマスクで心惹きつけられますね!
そうです正にdkさんと同じ思いです(*^-^*)
雪組さん余り観て居なかった所為か、月城さんも急に出てきた感じでした!
これからも応援して行きたいと思います。
いつでもお待ちしていますので、良かったらまた来てね!
では又ね~(@^^)/~~~

やっと東京で星逢はじまって、いのさんご観劇されたのですね。
私もとても感動した舞台でしたので、いのさんの感想を心待ちにしてました。
やっぱり 思いは一緒です。(私は文章力がないから・・)
そして 咲ちゃんにも注目されてて、ここも思いが一緒。
月城かなと君 のびてきましたね。

もう一度ご覧になるとか 楽しみですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪組「星逢一夜」観てきました。:

« 月組「ロミオとジュリエット」新人公演のロミオは。 | トップページ | NHKのドラマ「小林一三」を観ました。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

  • Cimg0556
無料ブログはココログ